ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

乗り物 Feed

2015年2月15日 (日)

飛行機

飛行機は、30歳前後に1度乗ったきりで、高度恐怖症ではないが、それ以降乗ったことがない。ガラパコス諸島の生物ではないが、これではまるで生きた化石と言われそうである(私の家族は、度々飛行機に乗っている)。人生たった一度のフライトは、今は亡き両親からの勧めで、昭和45年大阪万博の帰りに、関西から九州への1時間30分程度YS-11(国産プロペラ旅客機)に乗った記憶がある。家内も初めてであり、瀬戸内海の上空からの眺めは驚きと嬉しさで一杯だったようである。あれから40年以上になるが、専ら鉄道と車しか乗らない。目線に合っているのか、空飛ぶ乗り物より地上の乗り物が好きである。乗り物には事故が付き物ではあるが、一事故における死亡の確率は、空中事故が高いとの妄信と、鉄の塊(最近は化学繊維も多用されているらしい)が空を飛ぶことが理解できないことにある(同じような妄信を持つ人も、わが国には少なくとも数十人?はいると勝手に確信しており勝手に心強く思っている)。したがって、海外旅行は、船旅でお隣の国に2度ほど行ったきりである。船も「舟板1枚海の底で」、海も苦手ではあるが、若い頃は泳げる、浮くと言う自信を持っていたので平気であった。今は、老化現象のお蔭で転覆すれば溺死する自信しかない。

この世にこの後何年生存するか、偶然の積み重ねと成行きしだいではあるが、生きている限りアンチ飛行機が続く予感がする。

今日は久しぶりに「晩成の郷」の様子を見に行く。悠悠庵の人達が来ていたらしい。車が何台か止まっていた。Hさんに会ったが、夫婦で芋?を植えに来ていたようである。今から、春の野菜等を植える時期になるが元気に育つと良いですね。Fさんに頼んでいる菜園は、だんだん広がっているようで楽しみです。菜園と駐車場の風景を撮る。(広がる菜園・耕す菜園・周辺・渡り鳥ツグミ「シロハラ?」)

Dscf3354Dscf3356

Dscf3363

Dscf3359

 

 

2015年2月 6日 (金)

納車

新車購入を決断して1か月近く経ったが、今日納車となった。弁舌爽やかな営業課長が花束を抱えて我が家にやって来た。一通りマニュアルの説明をしてくれたが、さすがに立て板に水、素晴らしい説明であった(進化した車の取扱を老いた脳力?では一度聞いただけではマスター出来ないことを理解した)。今後、使用書を読みながら問題点、疑問点の解消に努めたい(恐らく睡魔が襲って来るだろう?)。この車はハイブリットなので、1回の給油で1,000㎞近く走るらしい。若い頃なら長距離ドライブをしたので有難味があったが、今は買物程度でその辺をウロウロするぐらいなので、満タンサービスのガソリンの賞味期限が切れるのではないかと危惧している(年を取ると取り越し苦労をするものである)。いずれにしろ、O課長さん。ご無理を聞いて頂きありがとうございました。これからも車に関する物心両面のご支援、ご指導よろしくお願いします。

ちょっと派手なカラーになったが、今風の高齢者が派手なシャツを着るようなもの(私は年相応のものしか着ていないが)。

Dscf3317Dscf3311

2015年1月10日 (土)

いつかはクラウン

1980年代?のテレビコマーシャルで「いつかはクラウン」と言うのがあった(今のクラウンのコマーシャルはわからんわからん)。現役時代の私もいつかはクラウンに憧れ、一度でもクラウンを持つ身になりたいと思ったものである(今の若い人達は馬鹿じゃないのとなる)。そして、今そのクラウンと決別の時が来たようである。あの頃CMに憧れ、現在までに3台のクラウンを乗り換えたが、退職等により生活環境を縮小して来たので、今の生活に適した、しかも家族で共用できる車に切り替えようと決断した。車検も近づいており、久しぶりに以前購入したH販売店に車検見積に行った。ところが、懐かしいセールスマンや技術社員に会い、営業課長になった技術社員は、弁舌さわやかに説明するので(これはまさに振込詐欺氏の世界に飛び込んだようなものである?)、覚悟して、えい!ままよと清水の舞台から飛び降りた。詐欺師と違うところは「車という物」は必ず提供されるし、車は時代と共に進化しており、振込詐欺氏のように紙切れ(紙幣)を取って頬かむりしないので安心である。下取り価格で歯ぎしりさせられたセールマンは、営業努力の結果だろうか副店長になっていた(当時客である私に悔し涙を流させたからこそ会社から高く評価されたのであろう)。話しながら検討したが、懐かしい気持ちが強く、自分の気持ちが銭金の世界から離れていた。生きて行く上では危険ではあるが、老いて来ると、昔出合った人を安心して信頼する傾向があるようである。帰宅後、新車を購入すると言ったら、家族からの反対もなくスッキリ決まった(自分の金銭感覚が信頼されているのか、抵抗しても無駄と思われたのか不明である)。

なお、私は、Tと言う自動車メーカーからビタ1銭CM料を頂いていないことを明記しておきます。

新車納車日(2006年2月)に販売店で撮ったとのと2年前の写真、車も老化したかな~

Cimg0207

Cimg1638