ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

Feed

2016年12月23日 (金)

警備員(ガードマン)

戯言の中で「吾輩」と言う言葉を時々使うが、別に威張っているわけでもなく、上から目線でものを言っているわけではない。夏目漱石先生の「吾輩は猫である」からお借りしてきた言葉で、漱石先生のところで飼われていた名もない猫ほど優秀ではない。生涯を通じて、知識欲なく勉学不足の実に平凡な後期高齢者である。ただ、官僚が付けた後期高齢者と言うネーミングには些か拘っており、不満も持っている。年寄りを年齢で括ってしまうのは失礼千万と思っている。だから、吾輩は高貴高齢者と名乗っている(別に高貴とは毛頭思ってはいないが官僚のネーミングへの抵抗に過ぎない)。

昨日は、正月3が日を過ごすために図書館で制限一杯の10冊の本を借りてきた。本を選ぶのはランダムでいい加減であるが、最初にどれを読むかと迷ったが「警備員日記 手塚正己著」を読むことにした。著者は、路上やイベント会場などの交通整理、つまりガードマン2年ほどの体験をモチーフにして書いている。この本を読んで、道路などの工事現場で交通整理をするガードマンについて認識させられ反省然りである。寒い冬、暑い夏それぞれの過酷な環境の中で、工夫(食事・水分補給・トイレ・手袋・雨風・下着・ごみ用ポリ袋など)しながら、長時間立ちっぱなしで働いている姿、人生苦多き事例を読み、経験・体験したものでないと書けないことだな~と思った。我輩は車を運転するが、工事中の片方通行場所などで、旗もしくは誘導灯を持った警備員に丁寧に頭を下げられ停止を求められることがある。単細胞の吾輩はイライラしたり、自分の車迄通してくれればよいのにと不満を持つことが多々あった。だが、この本を読んで警備員に対する認識が変わった。

通り一遍の年賀状を作成し、郵便局へ持って行き投函したが、警備員が寒い中をライトを振りながら交通整理をしてくれていた。言葉で言わなかったが心からご苦労様と頭を下げた。この本に出合って良かった。

2016年4月15日 (金)

読書「足軽目付犯科帳」

4月初めに図書館から借りて来た本は「アウトローの近代史・足軽目付犯科帳・運命の花びら・国って何だろう?・砂糖の歴史・3種類の日本教・戦後の貧民・超高齢者医療の現場から・ニッポン社会入門・パイナップルの歴史」の10冊である。今週中に返却予定であるが、なかなか読み終わらない。本の選定は、相変わらずいい加減で、手あたり次第、直感的に選んでいる。ランダムに選ぶので、少し読んでスルーするのもやむをえないと思っている。すべて読了したわけではないが、発見された新潟県酒田湊の古文書にもとづく足軽目付犯科帳(高橋義夫著)は興味津々で読ませていただいた。時代が如何に変わろうとも人間(犯罪)の業は尽きないことを実感した。体験とデーターにもとづく「超高齢者医療の現場から」も我が身につまされる課題を提供してくれた。「アウトローの近代史」も明治から大正、昭和にかけての暴力による支配と言うか、それと政治、行政との密接な関係を垣間見た。この齢になり、図書館を通じて本とふれあうことになったが、本に対する興味が、益々湧いて来たと言ったところである。

☆ ボウリング

相変わらず「継続は力なり」で続けてはいるがアベレージが伸びない。レベルアップより健康維持の意識が上回り、グループで和気藹々で楽しくやろうと言う心境になっているからだろう(負け惜しみ?)。しかも、最近は、A、Bのボウリング場の例会と練習に行っている。理由は単純で、家内がBボウリング場の会員になったからである。まだ習い初めで技術的には今からであるが、1回目のトーナメントは、雨の入学式(孫)のアクシデントで転倒して参加できず「見てるだけ」になった。Bボウリング場のチームは習い始めの人達ばかりで、その中に1年物の吾輩が参加したので、自慢にはならないが、アベレージ135点でトップであった。今日は、Aボウリング場の表彰式に出かけたが、トータルで我がチームは2位であった。先週1位チームと優勝戦をしてハンディのお蔭で勝ったが、吾輩の勘違いで優勝景品ではなく、通算成績2位の景品で、金券1,600円をゲットした。次回から始まる同好会等で利用できそうである。この日は、飲物と軽食を用意されての懇親会であったが、記念品とユニホームの無料提供もあり、斜陽スポーツと言われているボウリング場の涙ぐましい経営努力に感謝した。オリンピックの競技にはもれたが、ボウリング場が再び脚光を浴びるよう、同好会・練習等に参加することによって支援したい。

2015年10月 2日 (金)

ボウリング23

今朝は、昨日と打って変わって、快晴の秋空になったが定例会へ行く。成績は相変わらず低空飛行である。アベレージ120点、ハイアベレージ129点で、女性グループと同じレーンで対戦したが、女性のMさんがダントツのトップで、我がグループは、男性のMさんが2位、吾輩はど真ん中の成績であったが、女性グループに敗北した。一皮むけるのは何時のことやら。女性グループは午後からもNプロの指導を受けて頑張るそうである。最近は、草食♂、肉食♀と言われているが、老いても同じ傾向にあるのかな~(当然と言われそう)。

読書感と連載小説

「私のマルクス」著者の佐藤優氏は同志社大学神学部卒で外務省分析官であったが、鈴木宗男元衆議院議員関連で逮捕拘留された人である。学生時代も、なかなか波瀾万丈の日々を送ったようである(女性を含めてよく遊び、よく飲み、よく学び、ついでに学生運動もか、洗礼を受けた神学部学生にしてはとても相応しくないような感じを持つが?)。読んでいると、外国の過去の学者等有名人が出て来るし、理論とか学説の世界を語り、学生運動各派のことを綴っているが、凡人には理解不能な箇所が多すぎて睡眠薬の代行を果たしてくれた(そう言えば職場の先輩が、廣松 渉氏の哲学書をくれたことがあったが、これもチンプンカンプンだったな~)。外務省のラスプーチンと比喩されたらしいが、巨根だったのかな~?いずれにしろ、住む世界と普通庶民と違うところは理解した。

朝日新聞が、過去の夏目漱石作品を「三四郎」、「それから」、今は「門」を連載しているが、この程度であれば読み疲れはないが、弱点は、読んだ後は内容をすぐに忘れてしまうことである。 もう一つは、現在の連載小説、沢木耕太郎氏の「春に散る」である(拳闘家の履歴と仲間)。これも読みやすいが、何故、連載小説はくどくどぐたぐた書くのかな~?恐らく結論を早く出すと原稿料が減るからだろう(こう思うのは、馬鹿な考え休むに似たりかな~)。

菜園

少し整理してスッキリした。痛んだジャガイモを処分して、家内がセロリとパセリと大根の種を植えた菜園を撮る。                  

Dscf4474

Dscf4477

2015年6月 6日 (土)

読む

先日借りて来た本の返却日が明日である。借りて来た本は極力読んでしまう覚悟を決めて借りて来るが、毎度毎度、最初読み始めて面白くなかったり、興味が湧かなかったりすると読まないままに返却してしまうことが再三ある。今回借りてきた本は、村井重俊氏(街道をゆくの週刊朝日の担当記者)の「司馬遼太郎番の6年間」、阿川弘之氏(娘はタレントの阿川佐和子)の「汽車に乗って、船に乗って」、林真理子氏の「最初の男はたたき台」、中島義道氏の「人生に生きる価値はない」、車谷長吉氏の「世界一周恐怖航海記」、半藤末利子氏(漱石の孫で作家半藤一利氏の妻)の「漱石の長襦袢」、五木寛氏の「旅のヒント」、宮部みゆき氏「平成お徒歩日記」の計8冊であった。老いて来ると、著者には申し訳ないが、本の選択も読み方もいい加減なものである。久しぶりに借りて来た本の80%を消化した。内容的には、それぞれの作家の生き様が感じられ面白いと言えば面白かった。しかし、老いて鈍磨した脳には、読んだ時は面白いと思ったことが、過ぎてしまうと殆んど記憶に残っていないし、感化を受けることもない。強いて印象に残った本は、中島義道氏の「人生に生きる価値はない」は哲学者で理屈っぽいので理解が難しかったが、人付き合いの悪い生き様、自己主張の強い生き方には共感するところがあった。

先日の飲み会での写真、緑に包まれたボタ山を追加する。

Dscf4116

Dscf4077

Dscf4120

Dscf4094

 

2015年3月15日 (日)

図書紹介

図書館に行くと、高齢者の人生観的な本に目が行く。最近斜め読みした本に、中野孝次氏の「老年の良識」と加藤寿賀氏の「なぜはたらくのか―94歳・女性理容師の遺言(バーバーホマレ)」がある。両氏の本とも考え方には共通点もあり共鳴する部分が多々あるが、戦前・戦後を生きて来た姿勢と言うか行動力は雲泥の差である。人としての精進不足と生き様に恥じる次第である。しかし、両氏と違って、今のところこの世に存在しているので、少しでも努力はしてみようかとは思っている(有言不実行の可能性も多分にあるが)。

中野孝次氏の目次は、捨てる・受け入れる・養生する・出会うからなっている。加藤寿賀氏の目次は、「はたらき」続けて・「戦争」に生きて・日本人が忘れた心・生きる喜び・94歳、最後のお説教とある。興味のある方は読んで見られたらどうでしょうか?特に、加藤寿賀氏は、関東大震災、戦前戦後の混乱・困難な時期を生き抜いた姿が、一国民の目線で記されていたが、強い感動を覚えた。

暖かくなり、彼方此方で花が咲きはじめたので、新聞等で紹介されている白野江植物公園に出かけ、デジカメ写真を撮りました。この公園は、「四季の丘」と言う個人(材木商)の所有地と建物だったのを、市が買い取って整備したらしいです。市のホームページ「白野江植物公園」に詳しく載っています。興味のある方は、ホームページをのぞいて見てください。

Dscf3428Dscf3443

Dscf3452Dscf3457

2015年1月 7日 (水)

哲学とは

年明け早々に図書館に行って、哲学者土屋賢二氏の本を借りて来た。「純粋ツチヤ批判(カントの純粋理性批判をもじってのタイトル?)」の続きである。タイトルは「簡単に断れない」・「妻と罰」・「貧相ですが、何か?」・「幸・不幸の分かれ道」の4冊である。読んでみるとやはり面白いが、パターンが決まって来ると、正月料理の食べ過ぎと同じように食傷気味になるし、氏も書かれているように、内容が面白いとあまり印象に残らないと言っているが、その通りである。最近テレビを見ていると、子どもやタレントもイベントやグルメ番組で、おもしろかった。おいしかった。楽しかった。旨い!美味しい等々の言葉を発するが、2~3秒で何ぼの世界でしゃべるのだからか、その程度の経験しかないのかどうかは知らないが、具体的に詳細に語る人は少ないようである。自分も弁解的であるが、老いたせいで物忘れしやすくなったことや感情・情熱等々の劣化のせいで、読書感は、面白かった!笑った!としか言えない。

哲学とは?であるが、確か学んだような気がするし、哲学と言うその言葉は今でも記憶にあるが、どんなものかは忘却している。面白い本に出合って(哲学者としてお書きになっておられれるだろうから土屋氏からお叱りをうけそうであるが)、少し興味が出てネットで調べて見た。プラトン・ソクラテス・カント・デカルト・パスカル・ダンテ、何か聞いたような歴史上の人物であるが、みなさん有名な哲学者らしい。学生の頃、教養課程でマスプロ(学生が500人程度収容できる教室)で受講したような記憶もあるが、中身は全然忘れた。ただデカルトの格言「われ思う故にわれあり」は重箱(脳)の隅に残っている。しかし、その意味は知らない。調べたら「思考する私の存在こそが真理である」とある。ついでにカントの格言「哲学は学べない 学べるのは哲学することだけである」とある。哲学とはgooの国語辞典では、「1 世界・人生などの根本原理を追及する学問.....後は省略(わからんわからんの世界) 2 各人の経験に基づく人生観や世界観。また、物事を統一的に把握する理念。」ともある。哲学とは、自分の人生そのものとの結論に至った。これからも、自分の経験に基づく、人生観や世界観で、宇宙、地球、日本の片隅に存在する限り、哲学者を見習い疑り深く人生を歩んで行こう。

昨日の「晩成の郷」駐車場周辺 グリンピースも寒さの中で元気に成長している。

Dscf3193Dscf3196

2014年12月30日 (火)

面白い哲学者

最近は気が向けば近場の図書館で本を借りて来る。歳を取ると、小説は途中でストリーや登場人物が分からなくなるので苦手である。その点、エッセイは短文で読み切りが多く読みやすいので、学者、小説家、漫画家等々のエッセイを借りて来る。最近特に面白かったのが、純粋ツチヤ批判「土屋賢二」のエッセイが抱腹絶倒の面白さであった。この学者先生は、東大の文学部を出て官僚になろうと思っていたそうであるが、お茶の水女子大の教授になり哲学の講義をしていたとのことである。哲学などやる人は面白くもない人と思っていたが、生まれたところは、パリ.......離れて9,000キロ東......岡山県玉野市の宇野という港町である。.....とくる。ここからエッセイに引き込まれて一気に読んでしまった。「犬も歩けば棒にあたる」と言う諺があるが、図書館に行けば、ジャンボ宝くじには当たらないけれども、こういった本にあたる。天使の辞典から引用すると「家庭」.....「1か月遊び放題」とか「好きなときにぶらり一人旅」という自由が許されないところ。言論の自由、移動の自由、思想の自由が侵害されており、憲法違反の疑いがある。※この本の表紙と本文中カットの’いしいひさいち’氏(同郷)は「朝日新聞4コマ漫画’ののちゃん’連載中」の漫画作家です。

狭い菜園であるが、食生活に一定の役割を果たしており有難い。今年は大根とジャガイモが有終の美を飾ってくれた。来年に向けて春菊、スナップエンドウ、大葱が残っている。成長を期待してます。収穫後整地した菜園と春菊とスナップエンドウが混じった菜園。

Dscf3152

Dscf3155

散歩で久しぶりにアオサギを見ました。もう一羽遠くに見えましたが、ちょっと分かりにくいですがアカハラではないでしょうか?

Dscf3165

Dscf3158