ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

日記 Feed

2018年1月 2日 (火)

日々坦々

室温15℃ 今日は新聞休刊日、パソコンを立ち上げネット情報を見る。相変わらず毎年正月は餅を喉に詰めて死亡する人が出ているな。どういった状況下でそういった事故が起こるのか、後学のために知りたいものであるが個々の事例報道はない。年寄りは嚥下能力が低下しているので他人ごとではないが。

朝食後は、いつもの川沿いの遊歩道を散歩する。快晴に近く風もないので暖かく感じた。鴨が10羽前後の群れを作ってあちこちで潜ったり浮いたりしていたが、散歩する人が立ち止まって見ると川の反対側へ移動する。反対側からも見ている人がいると川の真ん中へ移動する。野生の鴨は用心深い。

暇人は、時間もたっぷりあり所在無く、脇田温泉の大門松・宗像大社・宮地嶽神社を見に行くことにした。大門松は10年以上前に年賀状の材料にしていたが、最近のローカルニュースで報道されていたので見に行った。人影もまばらな中でカメラに撮り、宗像大社に回ったが、大社に向かう大渋滞の列(富岡八幡宮事件等関係ないな)を見て、その後行く予定の宮地嶽神社(光の道で全国的に有名になったらしい)も同じだろうと判断して早々に退却・帰宅する。疲れが出ていつもの午睡、風呂で1日を終わる。

今日の大門松の写真と周辺の自然を撮る。ついでに、USBから引き出した2004年の大門松の写真(右下段⇒イベント中)を並べてみる。

Dsc_0003_2

Dsc_0012_2

Dsc_0007

Cimg0634

2018年1月 1日 (月)

日々坦々

室温15℃ 2018年も明けたな。いつもの通りほぼ同時刻に起きて新聞を取りにでる。昨日と今日で生活のあり方が変わるわけでもないし、一念発起するわけでもない。日々坦々である。それにしても今朝の新聞の量は凄かったな。特集ページごとに分冊され、広告チラシも、初売りのスーパー、デパート、車、家、家具、衣料品、靴、スポーツ用品等々、生半可な量ではなかったが、新聞も広告も高齢者には、これはと思うような興味をそそるようなものはなかった。若い時は物欲・食欲もあり、スポーツ等に興味もあったが、今はこれも「猫に小判」である。新聞一面を見てもふ~ん程度である。

サクセスとは違う、ハッピーの道があった「平成とは‥幸福論から」-歌手?の矢沢永吉が取り上げられていたが、記事の内容、この歌手について吾輩の範疇にないのでこれはスルー。

仮想通貨長者を調査 国税、投資家の税逃れ対策-これも興味も関心もなく、理解する気持ちがないしこれで金儲けができるとはと言った感じでこれもスルー。

今日は元旦なので、娘の生まれた時から続く神社への初詣に行く。富岡八幡宮事件で神社とか神様の信頼も落ちたと思うが、相変らず日本では「神も仏もあるものか」の国民が年に1回初詣に行きお賽銭と御神籤で禊がすんだが大半だろう。この歳になると、別に拝んだところで御利益を期待するわけでないし、その効果はあり得ないことを承知しているので「牛にひかれて善光寺参り」ではないが(牛が家内とは口が裂けても言えない)滞りなく儀式をすます。冷たい風が吹いて丘の上の神社は寒かったが、恒例の老いた猿と毎年お見えになる猿回しが、毎年1回見る芸をやっていた。動物の好きな家内は猿に1,000円札をやったと喜んでいたが、こちとらは寒くて早々に車に逃げ込んだ。これにて今年の神社参りは一件落着である。午後は頂いた年賀状の仕分けをして(お知り合いが黄泉の国へ旅立たれるので年々年賀状も減って来るな⇒いつか我が身ではあるが)、こっちが失礼したのに相手から頂いた年賀状のお礼返信を郵便局へ出しに行き、ついでに腹ごなしで、寒い中いつもの川沿いを歩いて来た。娘家族も無事に京都からご帰還になり、土産の仕分けで頭を悩ませていたようである。暗くなったが、これで元旦行事は終了である。

今日の神社と菜園の野菜を撮る。

Dsc_0004

Dsc_0007

Dsc_0033

Dsc_0042

2017年12月31日 (日)

日々坦々

室温17℃ 新聞を取りにでると小雨が降っているが暖かく感じる。部屋に戻り今年最後の新聞一面を見る。

リニア駅工事 集中捜査 地検・公取 4社受注調整か-関わりない「木枯し紋次郎」であるが、将来リニアが走りだし時に談合料が、利用者の運賃に跳ね返らないように、捜査当局の精力的な調査を期待するだけである。国家予算98兆円にも驚くが、リニア工事総事業費が9兆円にもたまげるな。

ゴビ砂漠 核のごみ処分計画 中国、候補地で試験-昔「月の砂漠」と言うとロマンチックな童謡があったな~。ラクダであれ車であれ、砂漠で迷えば、過去も現在も怖いところであることは真実である。中国は、原発運転が270基を超える構想があるらしい。そこからでる「核ごみ」の処分場を作るために何か所かで試験するそうである。砂漠のロマンは消滅するな。放射性物質の墓場になるのか。ゾンビのように「核ごみ」が砂漠の中から出て(漏れて)来るのではないか?

今日は大晦日。朝降っていた雨が上がり曇り空になったので、1年ぶりに本格的なマイカーの洗車等する。若い頃は、雨が降った、風が吹いたので汚れたと洗車していたが、老いてからは殆んどしなくなった。やる気がなくなったわけでなく、老いて無駄なエネルギーを使わなくなったと言うことだろう。それでも2時間程かけて洗車・車内清掃すると久しぶりにきれいな車に変身した。午後は、家周りの清掃と菜園への生ごみの埋め戻しをして、野菜がいつでも植えられるように準備した。終わるのを待っていたかのように家内から買物アッシーの依頼があり、ピカピカの車で買物に直行した。買物の済む間はいつもの他愛無い時代小説を読んでいた。帰宅後風呂に入り上がれば、昨日に続き2度目の年越しそばを食す。手打ちそば(国産そば粉)は美味く感じる。明日から2018年、人生何処まで続くやら。

2017年12月30日 (土)

日々坦々

室温15℃ 新聞を取りにでる。部屋に戻り新聞一面を見る。

ひきこもる47歳 父は86歳 共倒れの不安 平成とは 8050問題-47歳現在単身で生活保護を受けているらしい。こういった事例は多々あるのだろうか。父親は退職金までつぎ込んで面倒見てきたらしいが、これ以上は共倒れになると別世帯になったらしい。親のすねをかじるのは大学卒業までだったと思っていたが、これじゃ親は面倒見切れないよ。他人事とはいえ大変な問題である。わが身にふりかからない保障はないが、成り行きまかせの神頼みと言ったところか。

北朝鮮労働者 ロシアで困窮 毎月上納「金がない」口癖 -他国への出稼ぎ労働者は、稼いだ金を国家によって半ば強制的に徴収されるシステムになっているらしい。逆らえば強制収容所行きになり過酷な現実が待ち構えているということか。戦後の一時期、帰還事業で在日朝鮮人が、華々しく祖国に帰って行ったが、こんな結果になるとは思っていなかっただろう。今の北朝鮮のトップは、国民生活の充実よりも軍事充実・増強に国家財政をつぎ込んでいるからやむを得ないか。

今日も特に変化なし。午前中は、買物アッシー等で終わった。昼は、手打ちそばに、大ぶりの海老の天ぷらを入れて食す。打ちたて・ゆでたて、これは美味かった。今日の蕎麦は、年越し用に「晩成の郷」を引き継いだそば打ち同好会員グループに依頼して打ってもらった分である。早めの年越しそばとなった(吾輩の場合はしきたり・慣習に拘らない)。5人分頼んだが、残りは冷凍保存(鮮度・味に問題ないことは経験済み)したので、明日が年越しそばの本チャンになる。楽しみである。午後は、近場の公園を散歩して後はドライブする。カメラを持参していたが、天気もぐずつき気味で良い被写体に恵まれなかった。風呂から上がると、娘の購入したおせち料理をつまみ食いしてみたが味が濃いい。やはり自家製が味覚にあっているようである。今宵は、娘家族が京都旅行へ出たので静かである。ボチボチ時代小説の中へ入り込むか。

2017年12月29日 (金)

日々坦々

室温13℃ 新聞を取りにでる。部屋に戻り新聞一面を見る。

貴乃花理事の解任提案へ 協会、年初に評議会-貴乃花親方を理事から格下げを決めるらしい。その根拠は外野席から見ると分かりにくい。事実は、モンゴル出身の横綱3名を含むモンゴル勢の力士が、カラオケクラブに結集して、懇親会の席で日馬富士が、貴ノ岩に暴力を振るい傷害事件を起こしたことである。モンゴル語でどんな談合していたのかこれは不明である。これらを十把ひとからげめにしてうやむやで収拾を図る積りだろう。

清水元専務 談合認める リニア工事 大林に続き2件目申告すれば、罰金等が斟酌されるらしいが、払いたくなければ後の2社も申告するだろう。酒類・飲料水等値上げするときも一社が先行して名乗りを上げ、他社が追随する例が散見されるが、事前に談合しているのではないかい。

週3日休館 売り上げ倍増 老舗旅館 ITで改革-老舗旅館・従業員にとっても良いことばかりのようにに見えるが、ITでコントロールされる、女将も従業員もお客も本当に満足できるのかな。

交通事故死最少へ 統計開始以来68年ぶり-1970年の最高死者数1万6765人から2017年12月27日現在3637人と大幅に減少したらしい。道路事情と車の操作機能の向上にあると思う。車を走らせて思うことは、道路が整備され道幅も広く・信号・横断歩道なども以前に比べ良くなり運転がしやすくなったことにある。来年は2500人を目指すそうであるが、高齢者の事故死の割合が高いに水準にあることは他人事ではない。

最近、運転しながら古い歌を口ずさむことが多々ある。調子外れでも下手でも、別に他人に気兼ねすることもないので気楽に唄っている。人間も賞味期限切れが近づくと、最近の歌には関心も興味もなく、昔に戻るのかも知れない。「三つ子の魂」で昔の歌は思い出す。きょうも特に予定なし。証券所の大納会、朝のうちに散歩して、ネット株を見ていたが、円高のせいか期待できない。酒代も煙草代も必要ないが、球転がし(ボウリング)代を時々だしていただいたことには感謝している。午睡して風呂に入り本日も1件落着。

2017年12月28日 (木)

ボウリング納会

室温13℃ 新聞を取りにでる。北国の人から笑われるだろうが今日も寒いな。頂き物の緑茶が終わり知覧茶に変わったが、このお茶は差しがよく聞く。新聞一面を見る。

慰安婦合意に「非公開」部分 韓国側検証「不均衡な合意」日本反論「正当な交渉」-枝葉の問題で議論すれば、どちらも言い分があるだろうから平行線をたどる。戦争という残酷行為は、モラルも道徳もすべて吹き飛び、何でもありきの状態である。これは日本とか韓国のだけの問題でなく、戦争における婦女子に対する無法行為は、歴史が証明しているところである。だからこそ、反戦・平和と婦女子の人権を守る認識・理解こそ重要なことである。過去を蒸し返しあーだこーだとお互いに言っても問題解決にはならない。日本も戦争行為での出来事について謙虚に認め、韓国もグタグタ言わず日韓両国の未来永劫の平和に向けて話し合う姿勢が欲しいものである。

乗客ら11人 異常認識 のぞみ亀裂 停止判断人任せ-別に人任せで良いではないか。上位下達がまかり通る組織体制こそ問題があるのではないか。そこにメスを入れないと2005年の宝塚線の二の舞だよ。

忘れない 南相馬の一歩松-この写真を見ると地震・津波の凄さが完全に消されている。造成・整備された整地に、一本松が強調されているだけに見える。

保活「フリーランス冷遇是正を」-これも厚労省が音頭を取って自治体にフルタイム会社員との格差をつけないように要請したらしい。こう言ったことに対して厚労省が世話をやくことは、時代の流れに沿っており悪いことではないと思う。こういった仕事システムで働く人に対する的確な配慮を望みたい。

きょうは、孫のスペースワールド行きの送迎を予定している。この間に、孫を送った後にボウリング納会・クラブ対抗戦に参加してきた。クラブ代表みたいになったが、別にボウリングの腕がいいから代表になったわけではない。暮れはみなさんあれこれ用事があって参加されなかっただけである。他のクラブの上手な人達が、それぞれのクラブから多数参加に交じって3ゲーム行ったが圧倒された。ハンディを51点も貰っていたが、優勝・入賞・ブービー賞を逃したものの金粉入りのお神酒小瓶を頂いた(実力のアベレージは147点に終わり目標に3点足りなかった)。夕方孫からメールが入り迎えに行く。ついでに、練習を兼ねて暮れかかった風景を何枚か撮る。年末のラッシュタイムに巻き込まれ渋滞し帰宅が遅くなった。薄暗くあまりいい出来ではなかったが2枚添付しておく。

Dsc_0002

Dsc_0009

2017年12月27日 (水)

日々坦々

室温15℃ 新聞を取りにでる。天候はここ数日雲と晴れ間、強い風と時には小雨が降る天気が続き寒い。まさに冬の天気である。知覧茶を飲みながら新聞一面を見る。

営業職に裁量労働制 残業代未払い 野村不動産に是正勧告-労働組合が衰退する中で、企業側(資本家)の攻勢が目立つ。物言わぬ労働組合側(労働)の支援をするのが政府か。資本家側の政権によって許容範囲で企業にブレーキをかけたか。役立たずの労働組合は、民進党ではないが解体して、しっかり資本の側に対抗する労働組合を構築する必要があるな。

護衛艦「いずも」空母化検討 防衛省専守防衛 転換の恐れ-北朝鮮が、核兵器・ミサイルで頑張れば対抗上「目には目を歯には歯を」になるのは止むを得ないか。しかし衝突すれば「未曽有⇒みぞうゆうと読んだ人がいたな」の混乱がアジアで起こり世界に拡大することは必至である。対話に活路を見出す方が無難と思うが。核とミサイルをしっかり握って離さないので、なかなかこれも難しいな。

米軍施設の上空「ドローン規制を」米側要請 政府、法令見直しへ-情報漏れが起こると困るだろうが、今時、その気になれば情報収集など各国やっていることだし隠しようがないのだが。ドローンに爆弾でも積んで落とされたら困るので規制した方が良いかも知れないな。

辺野古 座り込み5000日-報道写真を見るとご苦労様、頭が下がります。埋め立てて飛行場を作るらしいが、自然の美しいサンゴ礁の海をコンクリートの塊で囲い環境破壊する無粋なことである。この自然を作り上げるのにどれほど長い年月が経過したが知らないが、無機質な人工要塞が完成するのにどれぐらい年数がかかるのかな。

きょうも朝からネット情報と読書、午後も同じようなパターンで過ごしていたが、少し運動した方が体のために良いかと思い、ボウリングの練習に出かけた。4ゲーム650円で1ゲーム目139点、2ゲーム目193点(4回もストライクが連続したのには我ながら驚いた)、3ゲーム目110点、4ゲーム目142点でアベレージ146点であった。110点のところが130点取れておれば目標の150点は確保できたとにと悔やまれる。帰途買物をしたので遅くなった。昼寝をしなかったので疲れた。早々にあの世に旅立つか。

2017年12月26日 (火)

日々坦々

室温14℃ 朝の準備をして新聞を取りにでて、寒いので慌てて部屋に戻り新聞一面を広げる。

JR東海幹部から情報 大成常務、3社に伝達 リニア工事談合-国でも自治体でも談合の際は必ず世話役・肝煎りと言うパイプ役が必ず出て来るな。しかし、こう言った国を挙げてのプロジェクト事業に参画できる大手企業は限られてくるので、これもまた悩ましい問題である。

名護の波間 漂う海人の心-名護市辺野古周辺の海で、朝から夜まで「警戒船」言う名の漁船が浮かんでいるらしいが、日当が数万円になるらしい。国民の税金を使って反対する県民の監視をしている。云うことを聞けば「金は出すぞ」と県民の対立を煽っている。辛いな~

「私はリベラル」経済政策変質 安倍首相 政権復帰5年-国力成長と強化と言う旗印に下で、経済至上主義が破綻しないことを願う。いずれにしても、社会的弱者は、生活保護世帯の保護費切り下げに見られるように更に切り捨てられ、強いものが勝ち残る国家を構築することに主眼を置いているのだろう。

きょうも特記事項のない1日だった。午前中はネット情報(経済と株)と散歩(風が強く寒さを感じた)、読書。昼食を挟んで午後もネット情報(経済と株)と読書、午睡し起きれば読書、読書と言えばかっこよく聞こえるが、内容は「鎌倉河岸捕物控 佐伯泰英著」で他愛のない江戸時代の岡っ引き物語である。図書館で借りてくるシリーズものなので、時系列的にシリーズが借りられないこともあり、重複して借りて、この本読んだなと思う時もある。まあ、ストリーは似たりよったり面白いだけが取り柄だから気楽なものである。6時過ぎたか外は真っ暗だな。今日もこれにて1件落着。

2017年12月25日 (月)

ボウリング例会

室温15℃ 朝の準備をして新聞を取りにでる。日中10℃ぐらいで晴れとのことである。朝日新聞一面

水俣病「棄却見込み」漏らす 認定めぐる不服審査会、環境省に裁決前 独立性に疑義-医師・弁護士6名の委員で構成されているらしいが、政府・行政が選定したのではないか、同意は国会(自民党)、環境省(行政官僚)が任命したとなるときな臭い任命である。忖度・斟酌の典型ではないか。1974年から今年6月までに354件裁決 324件に棄却と政府・行政の思召すままに棄却しているように見受けられるが。

中国に制裁 米が確認へ 対北朝鮮 首脳が先月合意-表には出てこないが、北朝鮮の取り扱いをめぐって駆け引きがあっているのだな。日本は入れて貰っているのかな。「木枯し紋次郎」が関心を持つことでもないか。

市井の人、自称高貴高齢者は、特に話題になるような出来事はない。日々坦々と過ごしているが、バカボン流に言えば「これでいいのだ!」。だが、著変なし、日々坦々、無事是名馬ではブログにならないので、金鳥蚊取りのCMの「お前の話はつまらん」ではあるが、生きている証しとして他愛ないがグダグダ綴っている。

朝からネット情報を一通り見てから今年最後のボウリング例会に行く。久しぶりに1ゲーム目で187点のハイスコアが出た。後は坂道を転げ落ちるように148点、118点と終わってみれば、辛うじてアベレージ150点、今年の目標を確保した。フォームを再び以前のスタイルに戻したのが良かったのだろう。眼の方も順調に快方に向かっているのと歩調を合わせてアベレージが上がって来たので、来年は更なる高みを目指して頑張ろうかな。午後は、ネット情報と読書、風呂で終わった。冬至も過ぎたので1日1日陽が長くなるだろうな。今日はまずまずの天気であった。

2017年12月24日 (日)

日々坦々

室温16℃ PC立ち上げ等準備して新聞を取りに出る。朝日新聞一面

対北朝鮮 石油制裁を強化 「核実験・ICBM発射なら更に」 安保理決議-規制を強化する度に、独裁国家の支配者と隷属する国民との貧困格差は広まるであろう。独裁者は金に糸目をつけずミサイル発射と核兵器製造に国費?をつぎ込み、本人は贅沢三昧で太り、国民は抵抗するすべもなく、冬の寒さと飢餓に耐えている北朝鮮の大半の国民生活を思うと、政治・外交とは残酷なものである。そう言えば、戦前の日本も四面楚歌で、破れかぶれで真珠湾攻撃して国民は酷い目に遭ったが、北朝鮮が「窮鼠猫を咬む」をやれば、あの程度では済みそうもないのが悩ましいところである。

資格取得 18歳から可能に 公認会計士・行政書士・司法書士・・・成人年齢引き下げ伴い-民放改正に伴い、政府案(方針)で年齢を引き下げることになったらしい。人間の能力には個人差があるので18歳でも20歳でも良いんじゃないかな。年齢によって門戸が制限されるよりは、優秀な若い人材が出て来ることを評価したいね。

きょうの予定は特にない。午前中は、お飾り等正月用品の買い出しアッシー、帰宅後は散歩をする。昼食は、娘から誕生祝でキャッシュを貰ったので有意義に使わして貰おうと、家内と偶に行く蕎麦屋(芭蕉庵)へ「海老天せいろ」を食べに行くが、日曜は駄目よ!で残念至極であった(事前にホームページを見ておけばよかった)。止むを得ず周辺の蕎麦屋を車でウロウロ探す。今は当時の活気も消えたが、八幡製鉄所本事務所があった一角のシャッター街の傍の蕎麦屋で、海老天蕎麦と皿盛の巻き寿司・稲荷寿司を食する。客は1名閑散としていた(食べ終わっての評価はしない)。近場にあるスペースワールドは、今年で閉園されるがそれなりに若い人達が名残を惜しんで来園していたようである。帰宅するとドライブの疲れが出たのか(高貴高齢者は疲れやすい)、ドタンバタンキューで午睡する。起きれば真っ暗、少し雨が降ったので菜園の大根、ほうれん草、水菜、ブロッコリーには良いお湿りとなった。