ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

2019年1月 7日 (月)

日々坦々

-室温16℃ 朝の準備(暖房・ネット立ち上げ・湯沸し)する。新聞を取りにでる。部屋に戻り知覧茶飲む。喉・耳にかけて痛みを感じていたが元に戻ったようである。今日は「七草粥」だが、正月三が日に暴飲暴食したわけではない。市井にしきたりとして残っている儀式だからそれに従うだけである。

新聞等雑感 

昭和天皇歌作り 直し重ね-先日も和歌を推敲した話題が出ていたが、側近の「清書」・歌人の助言得て新聞や歌集に発表されるらしい。庶民には考えられないもの凄い努力されていたのだな~頭が下がる。

独、移民拡大へ「分断」防げ-多民社会のタイトルで、ドイツにおける移民対策が記されていたが、堅調な経済や少子高齢化を背景に人手不足に悩んでいるらしい(日本も同じ傾向が見られる)。ドイツ語教育拡充(外国)で国民の分断を防ぐらしい。日本もしっかりした具体的な施策願いたい。おらが国のキャッチフレーズは時代遅れだと思う。地球丸に乗る人類は分かち合って生きるしか存在できないのだから。

嘘つきは、戦争の始まり。-新聞二面にわたって大広告を宝島社が出していた。これには驚いた。原発・ウイルス・温暖化より「嘘」は怖いことだと言う広告だったが納得できた。だが原発反対!

1日-午前中は「晩成の郷」で今年の夢実現に向けて居場所予定しているところをボチボチ整備する。午後は、ネット株を覗いたりネットを見ていたら眠くなり30分程昼寝する。起きてのど飴とチョコの買物にでる。帰宅後風呂に入りゆったりする。タイトルのとおりの日々である。

食事-朝食⇒海苔巻き(もち米入り白米ご飯・縮緬雑魚・白菜漬)ロールキャベツ、味噌汁(豆腐・おから・あげ・葱・わかめ・モヤシ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒七草粥等(梅干・蓮根の天ぷら・鰤の塩焼き)イカとタコの昆布巻き刺身(氷見産)イチゴ(あまおう)ミカン1個、知覧茶。間食⇒黒糖饅頭1個、柿半分、知覧茶。夕食⇒お握り小1個、大根炒め焼き(スライス・食塩・片栗粉)チョコレート5粒、知覧茶、白湯。※昼に「七草粥」を食す。我が家の菜園(猫の額)で採れる野菜が役に立つ。ネーミング通りの草を食べるわけではないがそれでよい。結果的には普段と同じような昼食になったが美味しかった。

2019年1月 6日 (日)

日々坦々

-室温15℃ 朝の準備(暖房・ネット立ち上げ・湯沸し)する。新聞を取りにでて部屋に戻る。3日前から喉・耳にかけて痛みを感じていたが少し良くなった。いつの間にか治ることを願っている。朝の一杯の知覧茶とともに新聞を広げる。

新聞雑感 

社名公表ルール新設-裁量労働制の違法適用とあるが、実効性に懸念があるとも言われている。膨大な企業に対してルール新設しても、調査するスタッフ配置・整備されなければどうにもならないだろう。

家族のかたち一つじゃない-エイジングは、老化・劣化・変化・熟成・成熟する等に使われるらしい。時代の推移の中で、ありとあらゆるものが細分化され複雑になって行く。人間も今まで言われてきたような一般的な男女とか家族から変化し、人間社会は複雑に絡み合いながら、多種多様の形を生み出していく。よく云えば選択肢が広がったと言えるが、それぞれの生き方・生き様を、個々人が理解・協力することには相当なエネルギーを必要とするだろう。

実業家に16億円「不自然」-送金した日産の子会社社員はどんな気持ちで送金しただろう。世の中矛盾だらけだ。送金先はサウジの大金持ちだね。桁が違うよ。庶民から見ると世界中が格差だらけだ。

1日-午前中は「晩成の郷」へ行き小屋作りの予定場所の整地を亀の歩みのようにボチボチ始める。昼に疲れて帰宅する。午後は、相変らずパソコンに押し込んでる資料を整理していたが、眠くなり昼寝する。起きて散歩に出る。帰宅後風呂に入り今日の業務を終了する。

食事-朝食⇒海苔巻き(白米ご飯・縮緬雑魚・白菜漬)煮物(キンピラ・里芋・あげ)なます(大根・橙・昆布)味噌汁(豆腐・おから・あげ・葱・わかめ・かつお菜)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒白米ご飯、キャベツロール3個、サラダ(ハム・胡瓜・山芋・トマト)饅頭(自然薯・黒糖・蓬餅)知覧茶。夕食⇒白湯。※自家製キャベツロール巻きは美味かった。買ってきた手づくり饅頭を沢山食べたが、近場に珍しい店がある。

2019年1月 5日 (土)

日々坦々

-室温14℃ 朝の準備(暖房・ネット立ち上げ・湯沸し)する。新聞を取りにでると小雨が降っていたが暖かい。部屋に戻る。2日前から喉・耳にかけて痛みを感じる。受診の必要性について思案中であるが、80年生存しておれば、今までこういったことは再三経験しており、いつの間にか治っていたので放置中である。朝の一杯の知覧茶とともに新聞を広げる。

新聞雑感 

新元号「4月1日公表」-市井の話題になることなのか、庶民にとって関心があるようには思われない。新年参賀で皇居前に16万人近く集まったと記事に出ていた。中には熱心に天皇家を敬う国民も存在するが、国民の大半は元号そのものに注目する者は少ないのではないか。経済・政治活動するものが目の色を変えているように思われる。いずれにしろ西暦と元号、ややこしい時代が続くことになる。歌舞伎・茶道・華道等々歴史的な伝統文化は、豊かな資産家・篤志家・富裕層の人が繋いでいる。日本の文化・伝統を大切にする人に委ねるように、元号もそれを必要とし大切にする人にお願いしてはどうか、行政システムを構築することや広報活動等々に膨大な予算(税金)を使うことになるので、象徴としての天皇はどう思われるか。国民にとって大切な方ではあるが、世界の大半の国家が西暦になっているように、国家行政・地方行政は西暦だけで良いのではないかと思う。

東証452円安 2万円割れ-それで利ザヤを稼いだり、コバンザメのように投資家に引っ付く株屋が存在する限り株価は上下するのが当然である。分かっているけど稼いでやろうと色気を出すからお釈迦様の掌で踊らされる孫悟空と同じである。下がっても上がるよ。頑張れ!大損こいた傘寿も言っているぜよ。

「シェア生活」家もいらない-「消費をせかす社会」とシェア生活する人言っていたが、仰る通りと諸手を上げて賛同する。まさに現在は経済・金儲けがメインの世界になっており、人間として生き方、知性もなければ理性もない社会の様相になっている。平和・心豊かな生活・質素倹約・触れ合い・戦争反対など人間らしさ、声なき声は押しつぶされ、テレビ・新聞・報道・雑誌等々何処を見渡しても、詐欺擬きの広告・CMの氾濫、経済至上主義の世界になっている。だが、シェア生活を求める人たちが増えてくることは、時代も人も変わっていく予感がする。衣食住車等々がシェアされる時代が来れば経済は減速するだろうが、市井(井戸端会議)の時代になり人間らしい生活の原点(触れ合い・絆・交流)に回帰するのではないか。

1日-午前中は相変らずパソコンに押し込んでる資料をボチボチ整理していた。午後は、先日突然お邪魔して迷惑をかけたAさん宅をお詫びかたがた訪問する。相変わらず元気でしっかりされており、今日が96歳の誕生日との事であった。昔の話になるが亡くなった方の話などされ、記憶力もしっかりされていた。帰途「晩成の郷」に寄る。Kさんが、椎茸栽培用にクヌギの木を伐っていたので、ついでに棕櫚の木を伐って貰う。チェン―ソーだと簡単に伐れる。有難かった。これで土を入れれば立派なマイカー用の駐車場ができる。帰宅して風呂に入りゆったりする。今日は午睡しなかったのでバタンキューだろう。

食事-朝食⇒海苔巻き(16穀米・縮緬雑魚・白菜漬)煮物(キンピラ・里芋・あげ)味噌汁(高野豆腐・おから・あげ・葱・わかめ・キャベツ・かつお菜)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒16穀米ご飯、白菜漬、大根炒め焼き(スライス・食塩・片栗粉)すき焼き(国産和牛・豆腐・春菊・白菜・糸蒟蒻・玉子)なます(蕪大根・昆布・橙しぼり)カシューナッツと丸ボウロ2個、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。※孫の冬休みの宿題で料理作りがあった。リクエストはすき焼きを希望した。年寄りに配慮して薄味であった。優しい孫である。美味しくいただいた。

2019年1月 4日 (金)

日々坦々

-室温13℃ 昨晩は突然大先輩宅にお邪魔してしゃべくり回って興奮したせいか血圧が高めになった。足腰は弱っているようにお見受けしたが、悠々と生きておられる姿を見て、心強く嬉しい気持ちになった。15歳と言う年齢差があるが元気を与えられた。これを機会に再交流を願いたいと思っている。朝の一杯の知覧茶は美味い。新聞を取りにでると晴天寒い。部屋に戻り新聞を広げる。

新聞雑感 

中国探査機 月裏側に着陸-宇宙開発争い激化とある。人類の端くれからすると「関係ないったら関係ない」と言ったところであるが、強国米中はありとあらゆる面で衝突を繰り返している。貿易・宇宙開発等々について一緒に前向きに未来志向で話しあうことは出来ないのか。世界の人類にとって迷惑な話である。

熊本で震度6弱-九州の広範囲で揺れたらしいが、鈍感なせいか感じなかった。こう言ったときは「知らぬが仏」が良い。酷かった地域は家屋崩壊や土砂災害の危険性が高まっているとある。被害が無いにこしたことはないが、現在のところ特に酷い被害もなく良かった。

定年退職後も仕事を続ける-定年後に仕事を続けるのには、生活の維持と生きがいの二通りがあるようである。生きていくために生活費を稼がなければならない高齢者と生活の維持ではなく何もすることがないことが悩みの人もいると言うことである。特に現役時代から趣味も道楽もなかった人は仕事で人生を走り続けるしかないのかも知れない。自分の場合、完全リタイヤして25年振り返ると、慌てて蕎麦打ち道楽の趣味をもち、土地購入、建物を建て同好会を作りやっていたのが6年、他人の面倒が見きれなくなって、その後はブログ、散歩、デジカメ、菜園、用地の購入・整備などして今に至っている。これからも生きて健康であればこれが続くであろう。高齢者の生き様もそれぞれだが、病気等で医療・介護・生活に困る高齢者には、政府がセイフティネットでしっかり守ってやって欲しい。

1日-午前中は、「島はぼくらと 辻村深月著」を読み終わる。高校3年生の巣立ちと島の人たち、I タウンの人たちの織り成す軽いタッチの青春小説、この作家は若い人に人気があるのだろう。読み終わって、家内のリクエストで近場のスーパーに牛乳を買いに行く。午後は、パソコンに入っている書類の整理をする。見える道具と違ってパソコンに入力された不要なごみは見えないのでついつい整理整頓しない。夕方いつもの散歩コースを歩く。少し右腰に痛みがあるがこの程度であれば気にならないのでクリアする。正月休みといったところで歩いたり走ったり犬の散歩する人が多く見られた。今日は温度が少し上がり暖かった。

食事-朝食⇒海苔巻き(河豚の干物・白菜漬)スナップエンドウ・サラダ・黒豆、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒自家製ちらし寿司(蓮根・玉子・鶏肉・牛蒡・人参・椎茸)スープ(モズク・キャベツ・ジュンサイ)ミックスナッツと丸ボウロ、知覧茶。夕食⇒リンゴ、知覧茶、白湯。※今日から朝の雑煮が消えて普通の食事になる。朝は海苔巻きが主流になりそうである。昼のちらし寿司も美味かった。

2019年1月 3日 (木)

日々坦々

-室温13℃ 暖房を切って寝るといつものように下がっていた。建物も素直なものである。今朝の夢は傘寿になっても参与か顧問で働いている夢だった。現役時代はそういった名誉職等与えられる貢献はしていないし考えられない。報酬は月額15万円月に何回か会議にでる程度であった。夢は面白い。朝の一杯の知覧茶は美味い。新聞を取りにでると晴天寒い。部屋に戻り新聞を広げる。

雑感

昭和天皇 心情記す直筆メモ 2.26事件-雪の日に2.26事件が起こったが、当時のメモに記されていたのが見つかったらしい。和歌の推敲(文章を何度も練り直す)に使われたらしい。天皇の深層心理をくみ取るのは市井の人には出来ない。

人間の知能をAIは超える-未来は当然超えるだろう。新聞では、将来の日本は、超高齢社会・人口の減少・経済活動の低下等の中で沈むと言い悲観的発想で、持続可能な日本を支えるのはAIと位置づけているようである。ざっくり言うと、世界の流れは、AI・ロボットをベースに、生産・交通・医学・生活等々すべてを網羅した社会になって行くのではないか。例えば、記事では代替が難しいと言われる医療分野も、安全・完全な医療行為(診断・治療・手術)を担うようになるのではないか。かって労働者がロボットに変わり工場から追い出され、貧困・格差社会に埋没したように、医療も、医師・薬剤師が医療業界から消える時代がひょっとすると来るかも知れない。国家とか、おらが国、おらが民族、おらが宗教、おらが経済とか言ったものを超越した世界構造になるだろう。それしか人間が存在する道は見いだせない予感がする。但し人類は淘汰されるかも知れない。世界の急速な科学的な進化を前にこちとらはオサラバするが。

1日-午前中は、「島はぼくらと 辻村深月著」を引き続き読む。午後は晩成の郷を見たのち近場の公園を散歩する。多めに歩いたのでいい汗かいた。ついでに疎遠と言うか黄泉の国に旅立たれたかもしれない大先輩宅に勇気を持って立ち寄った。娘さん夫婦がおられたので「おられますか」と聞くと「おります」と答えが返って来たので内心ほっとした(生きていますかと聞くわけにはいかない)。今年96歳になるとのこと。次回ゆっくり話しましょうと帰宅したが、相当一方的にしゃべっで反省した。今後の交流が楽しみである。帰宅後風呂に入りゆったりする。今年は春から交流の楽しみが増えた。

食事-朝食⇒雑煮(餅3個・丸天・蒲鉾・かつお菜・小葱)漬物(大根)数の子、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒サンドイッチ(玉子・ハム・キャベツ・マヨネーズ・胡瓜・トマト)大根炒め焼き(スライス・食塩・片栗粉)サラダ(マヨネーズ・胡瓜・人参・マヨネーズ)知覧茶。夕食⇒ミックスナッツ、知覧茶、白湯。※冷凍保存していた藤ノ木食パンのサンドイッチはベリーグッドだった。何と言っても美味しい食パンがベースだから文句のつけようがない。貰い物の大根をスライスして煮て焼いたものであるが、これもグッドいくらでも食べられる。

2019年1月 2日 (水)

日々坦々

-室温21℃ 一晩中暖房が入っていたので起きた時温かった。夢は相変わらずよく見るが、うつらうつら見ている時は克明に覚えており、日頃これだけ具体的詳細に、微に入り細に入りしゃべらないのに夢の中ではしゃべっている。脳からアウトプット・再生できればたいしたもの書きになれるのに思ったりするが、現の状態になると全く忘却の彼方である。南国鹿児島は濃厚なお茶を生む。朝の一杯の知覧茶は美味い。今日は新聞休刊日、ボリュームある新聞広告から解放された。元日の新聞は広告で埋め尽くされた感があり殆んど読まなかった。

タイトル変更-新年から「爺さんの戯言・妄言」のタイトルを「戯言・妄言日記」に変更した。理由は一人の人間としての立場を明確にしただけである。老いも若きも生きている限りは、年齢に拘ることはないと思ったからである。

雑感

しめ縄と車-車の全盛時代は、家庭のステータスでありシンボルであった。年末になると団地のあちこちで洗車・ワックスが始まったもので、ピカピカの車の全面やサイドミラーに丸いしめ縄を飾り付け初詣に行ったものである。今は、これらのしきたりが無くなったが、価値観の変化の中で流行り廃りがある。参拝で駐車場に並ぶ車を見ていると、しめ縄つけた車は皆無で、中には汚れた車が多数見られる。市井も「錦の御旗」は変化するのである。

1日-午前中は、出していない人へ「早々」を入れ年賀状を郵便局へ出しに行く。ついでに散歩する。帰って昔住んでいた団地などを少しドライブする。あちこちに老朽化した空家や売り家も見られ時の移り変わりを感じる。午後は食後少し本「島はぼくらと 辻村深月著」を読んで長い午睡した。起きて風呂に入る。静かな正月2日である。

食事-朝食⇒雑煮(餅3個・豆腐・かつお菜・小葱)漬物(大根)デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒16穀米もち米入りご飯、鯛のムニエル、野菜炒め(牛肉・もやし・パプリカ)キムチ(白菜)ミックスナッツ(クルミ・カシューナッツ・アーモンド)知覧茶。夕食⇒玉子焼きとナッツ、知覧茶、白湯。

2019年1月 1日 (火)

日々坦々

-室温14℃ 新年が始まる。朝の準備をして新聞を取りにでる。寒い朝である。ポストによく入ったな~と思うほど新聞と挟まれた折り込みチラシが入っている。滅多にないので量ってみたら、新聞650g折り込みチラシ450g計1kgだった。毎年のことであるが新聞のボリュームに圧倒される。

雑感

個人の生き方 社会の形左右-AIの予測した2050年、日本の分岐点タイムリミットが7~9年先とある。生き方を地方分散型にシナリオを変え、更に地方分散型持続可能シナリオにより、人口・財政・地域・環境資源・雇用・格差・健康・幸福のバランスのいい未来があるとご宣託である。こちとらは最終目標を見ることは、あり得ないが、AIの予測の方向に日本丸(政界・財界・官界)の舵をしっかりとって貰いたいものである。労働界は労働者・派遣・貧困を守る熱意が伝わってこないので期待できないな~。

1日-午前中は初詣に出かける。寒い朝になったが、子が生まれた時から年に1回参拝する神社であり孫の時代も続いている。昨今三社詣でが流行っているが、我が家は一社詣である。寒さのせいか今年の参拝者は少なく感じた。お賽銭箱に気持ちだけ投げ入れ、感謝とともに健康な1年に願い込めて柏手をうった。昼はデジカメに撮ったおせちを中心に食事をする。お神酒・アルコールは一切に飲まないので食事もはやい。断酒は今年の8月に丸3年になるが、あれだけ飲んでいたのが不思議なぐらい酒に関心がなくなった。午後は年賀状の整理をする。齢を取ったので年賀状を来年から止めますとのご挨拶が何枚か混じっていた。この方たちに年賀状を出すのは遠慮せねばならないか。世間がせまくなるのは好ましくないので、新しい知人の開発に努めるシナリオを描くか。

食事-朝食⇒雑煮(餅3個・紅白蒲鉾・かつお菜)漬物(大根・人参)煮しめ(鶏肉・里芋・蒟蒻・人参)数の子、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)金団(さつま芋・りんご・レーズン)知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、セットおせちいろいろのフルコース、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。

我家のお鏡と花、初詣風景と今日の菜園(春菊に期待)撮る。

Dsc_0002

Dsc_0003

Dsc_0028

Dsc_0024

Dsc_0014

Dsc_0019

2018年12月31日 (月)

日々坦々

朝一番-室温13℃、大晦日、今年も今日で終わりか。「無事是名馬」であまり変化のない1年だったが、「赤塚不二夫」ではないがこれでいいのだ。家族も息災であったし良い年であった。明日から亥の年、いい変化し活躍してみたいものだ。新聞を取りにでると相変らず寒い。部屋に戻り知覧茶飲みながら新聞広げる。

やりたいこと 海渡って実現-特集記事2日目である。沈みゆく船から流出する「頭脳」とある。この記事を読むと世界・人類は一つだ。国民の気持ち、特に若い世代の気持ちをしっかり掌握しきらない、米国の真似する「おらが国」感覚の政治家では沈むかもしれない。国家とか国民を考えるときに、他国がどんな政策を行っているのか、良いところをしっかり物まねすることである。トップや大物政治家は、よく外遊されるが何を学んでこられるのか。原点に戻り政治も物まね大国に立ち返って欲しい。旧態然たるひも付き補助金・交付金等ばら撒き政治をやっていては、選挙に勝っても優秀な人材からは評価されていないし、海外へ羽ばたくのは「あたり前田のクラッカー」である(古い CMだ)。

11団体への献金 違法の恐れ-政治家と企業の癒着の典型である。こんな政治では市井の人にコケにされる。日本が沈んでも仕方がないか。 

「天声人語」-感性の豊かな若い人にとっては良い日だろう。若くはないので直線(通過点⇒冥土の旅の一里塚)であれば先がないとネガティブになるが、来年は、循環(新しくなった気持ち)で思いつきバッタで挑戦するか。

ポリ袋禁止 情熱実った-ケニアの一人の写真家がケニアからプラスチックごみを規制・禁止することに貢献した。世界の常識判断できる国は、プラスチックごみを排除する気運が高まりを見せている。日本政府はプラスチック企業に配慮するのか。プラゴミの廃棄量は世界第2位、勿論トランプ大統領の米国第1位、つまらんことは米国の真似をする。

1日-午前中は、「晩成の郷」の様子を見に行くが著変なし。近場のダム見て帰宅する。午後は、1年振りの?洗車、風は冷たく身体が冷えてしまった。ついでに、いつもの散歩コースを鴨やルアー釣りする人を見ながら歩く。歩くと暖かくなり、腰が少し痛いものの気分上々で帰宅する。風呂に入りゆったりする。これもついでに今年最後の野菜への水遣りをしておいた。ピーマン・大根・蕪・玉葱・パセリ・春菊等元気に育っており細やかに食卓を賑わしてくれるので有難い。

食事/朝食⇒海苔巻き(もち米入り白米・縮緬雑魚・大根葉漬)漬物(大根・人参)煮しめ(おせち)味噌汁(豆腐・あげ・わかめ・葱・カツオ菜)デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒もち米入りご飯、煮しめ(おせち)エビフライ5尾、天ぷら(春菊・キャベツ・ブロッコリー)栗金団、知覧茶。夕食⇒年越しそば(蒲鉾)知覧茶、白湯。※食欲だけは相変わらず旺盛である。

家内手づくり中心の食事をしているが、子どもたちは食事の好みが違うので「おせち」を買ったらしい。重箱に詰めたのをデジカメに撮る。それと来年駐車場と菜園を整備しようと思っている場所を撮る(どう変化するか楽しみである)。その場所は、蕗が芽を出しているので「捕らぬ狸の皮算用」ではないが、蕗の薹の天ぷらを食した後に整備する予定である。

Dsc_0004

Dsc_0005

Dsc_0016_2

Dsc_0020

2018年12月30日 (日)

日々坦々

朝一番-室温14℃、起きて健康チェック後準備(PC立ち上げ・暖房・湯沸等)する。新聞を取りにでると寒い。部屋に急いで戻って知覧茶飲みながら新聞広げる。

人が島が村が 老いる消える-「この国はどこへ向かうのか」の特集記事である。こんな記事を見ていると日本はお先真っ暗と感じさせられる。だが、バカボンではないが「これでいいのだ」、世界人類の寿命を伸ばす方策を優先するべきである。戦争・核兵器・原発等危険な道具をもてあそぶ、市井からずれた指導者の存在こそ危険・暗い事実である。これらを克服できれば、復活は必ず出来ると思う楽観主義者である。

不正不合格者 6年間で178人-東京医大の試験は、寄付者優遇か。「医は仁術」を養成するのでなく「医は算盤」を養成するところだろう。東京医大に限ったことでもないかも知れないが。 

「さらば酒気帯び人生」-76歳で酒を止めて5か月の人が投稿していた。断酒3年目に入ったが、飲みたくなかったら飲まん方が良いよ。ストレス解消になるとか、気分が良くなるとか呑み助は言うが、酒の失敗は尽きない。もうやめたもうやめたどれだけ言ったか忘れたが、体験的には「百害あって一利なし」だよ。続けることを期待する。

惜別-2018年も沢山な有名人が亡くなった。年齢を見ているとアバウトだが80歳以上が過半数を占めているようである。「金子兜太氏」98歳は俳人であるが、鹿児島県桜島で歌碑を見た時、戦争の残酷・悲惨さを歌ったものだったようで強い印象に残った。主観でであるが、政治家・学者・作家は長生き傾向が見られるが、芸能人・スポーツ選手は寿命が短いと思われた。生まれてくれば死は平等にある。何れ我が身か。

1日-午前中は、「むかしも今も 山本周五郎著」を読み続け、午後に読み終わる。山本周五郎先生の小説は、店・貧しい人達・助け合い・善人、読めば読むほど引きずり込まれる。市井の暮らしの中に、日本人が忘れてしまったものが見える。それで午睡しなかったが、夕方になったので散歩コースをアレンジして歩く。腰が痛くなるので、途中で何度かストレッチをしながら歩いた。帰宅後風呂に入り腰を温める。椅子に座ると腰が痛くなる。デスクに向いすぎているせいかな。今日は早めに横になろう。

食事/朝食⇒海苔巻き(もち米入り白米・縮緬雑魚・大根葉漬・キャベツ漬・キムチ)味噌汁(豆腐・あげ・わかめ・葱・柚子胡椒・ブロッコリー・カツオ菜)デザート(林檎・柿・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒もち米入りご飯、鰤の照焼、厚焼き玉子、煮しめ(蓮根・里芋・鶏肉・牛蒡・人参)漬物(大根・白菜)栗金団、知覧茶。夕食⇒白湯。※我家も正月料理がボチボチ出てきた。時代の変化は、しきたり・儀式を無視するようになった。新聞折込チラシを見ると三が日もスーパーは開店している。

2018年12月29日 (土)

日々坦々

朝一番-室温14℃、うつらうつら夢みていたら日頃より起きるのが遅くなった。それでも6時である。暖房も入りお湯が沸いていたので、ネット立ち上げ、お茶を飲み新聞取りに出る。部屋に戻り新聞広げる。

新聞等雑感

新元号 改元1カ月前公表-我国第一主義でなく、世界の人類にとって、西暦が分かりやすく普遍化しているので望ましいと思っている。ネットで()書きで元号入れるのはややこしい。西暦派のわっちにとっては「木枯し紋次郎」でござんす。1カ月前であろうとなかろうと興味はござんせん。

勤労統計 信頼性に疑義-現役時代「鉛筆を舐める」あるいは「机の角を叩いて調整する」と言うブラックジョークがあったが、役所の得意な分野である。その延長上に「文書改ざん」があるのだろう。彼らは「統計」にしろ「白書」にしろ自分たちに都合の悪いことは報告しないのは当然である。国民に不満を持たせないのが彼らの務めだからである。

TPP30日 発効 恩恵と懸念-何事をするにしても、メリットとデメリットは表裏であり国民として受容しなければならない。このことが、世界の国家・民族の壁を超えて、人類として理解しあう共通認識に立つ第一歩と思う。TPP(環太平洋経済連携協定)会議・協議の中で問題点を議論しながら世界は一つの道へと進むことを願う。世界の貿易が、どの国もが納得できる平等・公平な交易になることを望む。

1日-午前中は、「東京タワー リリー・フランキー著」を読み続け佳境に入った。途中で「晩成の郷」へ行きマイカー用駐車場の整備する。近くに住むFさんが、大根・里芋・白菜をくれる。正月用の野菜になるので有難い。午後も「東京タワー リリー・フランキー著」を読む。最終的に進行性の胃がんで「オカン」が亡くなる。母と子の強い絆、何か少しタイムスリップした感じであったが、家族と親族、友人・知人等人間関係が濃密だったのだな~。途中で、正月用の買物アッシーする。スーパーの客も店も慌ただしい歳末風景であったが、我関せず車中で本を読んでいた。夕方、孫が無事に上海から帰国する。長旅で疲れたのだろう。「感動報告」もなく自室で早々に寝てしまった。寒い1日になったが、午前中「晩成の郷」の木を切ったり整地したりしたので散歩をパスする。午睡しなかったので早寝するだろう。

食事/朝食⇒海苔巻き(もち米入り白米・縮緬雑魚・大根葉漬・白菜漬)味噌汁(昨日の鍋残り)デザート(林檎・バナナ・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒焼き飯(牛肉・玉葱・玉子・椎茸)なます(大根・人参・昆布)吸物(モズク・ねぎ)栗金団(栗・さつま芋)ナッツ類(アーモンド・カシューナッツ)漬物(大根葉・キムチ・キャベツ)ナッツ(アーモンド・カシューナッツ)知覧茶。夕食⇒ぜんざいと餅2個、知覧茶、白湯。※正月用の自家製栗金団早速食べたが、市販と違って上品な薄味で沢山食べた。美味かったな~