ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

2018年5月16日 (水)

受診あれこれ②

朝一番-朝の務めを果たし新聞を取りにでる。曇っている。菜園に回り野菜の様子をみて部屋に戻り新聞を広げる。

農政局職員、入札情報を漏洩-規律が弛んでいるのは、上が上なら下も下かと言いたいが、国家・地方合わせて数百万人はいるであろう公務員が、すべて国民に対する奉仕者であり得ない。メディア報道を賑わすように、今も昔もいろんな公務員の不祥事は後を断たない。今回の場合は、同じ釜の飯を食った上司の天下りに配慮したのかな。トップの特別職の公務員が、お手本を示すのだから仕方がないか。国民はどうすりゃいいんだ。

女児 殺害関与説明 新潟容疑者「証拠隠滅で遺棄」-人間もいろいろは当然ではあるが、大人が無抵抗な小学生を殺すなどは論外である。いろいろ弁明しているようだが、証拠隠滅の行為は許されない。

ガザで消えた8カ月の命-ガザでデモに参加した母が抱いていた赤ちゃんが亡くなった。トランプ大統領の政治は即興劇のようであるが、一方的に大使館を移し混乱を引き起こしている。中間選挙のために世界中に混乱をまき散らすとは。アメリカンファーストでなくトランプファーストか。

予定-読書、午睡、散歩の定番。

受診あれこれ②-最近「検診病 松本光正著」の文庫本を斜め読みした。副タイトルが「検診病に負けるな!」である。検診と言えば、何故かデータが30歳の頃からある。当時は手帳に記録していたのであろうが、パソコンを利用する時代に入力して保存したので残っている。保存データを見ると、この50年近くの間に、検査結果で見た最も悪い数値は、・体重78kg・血圧180/110・コレステロール251・中性脂肪297・GPT71・GOT47・ɤGPT69だった。これが最悪の数値であるが、この世とおさらばすることはなかった。受診の際などで延べ60回以上検診・医療検査を受けたが、検診・検査という受験勉強のお陰で自己をコントロール出来たし、この数値以外はほぼ正常値であった。現疾病以外でも投薬をされることもなかった。現在は、主治医から高血圧症と心房細動と診断され止むを得ず投薬を受けているが、今も介護保険の世話にならず健康寿命を維持している。検診病に負けて病気のなるのは、この世に未練を持ち過ぎ、一喜一憂しすぎるせいかな。人の命は頑張っても100年、この歳になるとケセラセラである。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮・キムチ)、煮付(甘鯛)、床漬(胡瓜)、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・モヤシ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、沖縄モズク、吸物(甘鯛・葱)<刺身(蛸)、肉じゃが(牛肉・ジャガイモ・玉葱・スナップエンドウ・パプリカ)、キムチ、床漬(胡瓜)、バナナ1本、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。※地元産の蛸刺し美味かったな。

1日-午前中はいつものコースの散歩を多めに歩いて終わる。散歩中も、花粉症でくしゃみ、涙目、目の痒み、鼻水が続いている。我慢しているがちょっと辛いな。午後は「晩成の郷」の楠剪定ビフォアーを撮りに行く。帰宅後、玉葱を収穫しデジカメに撮る。立派にできたようである。干して保存を予定している。夏日の温度になったのでエアコンを入れたが快適である。花粉症に少しは効果があるといいが。

楠のビフォアーと収穫した玉葱

Dsc_0001

Dsc_0002

Dsc_0026

Dsc_0032

2018年5月15日 (火)

受診あれこれ①

朝一番-朝の準備をして新聞を取りにでる。晴れている。菜園をチラリと見て部屋に戻り新聞を広げる。

近所の23歳男逮捕-無抵抗な児童が、突然通り魔的な異常な男に殺された今回の事件、思い起こすと怒りと腹立たしさで胸が煮えくり変える気持ちである。辛かっただろうな。ご冥福をお祈り申し上げます。警察の懸命の捜査活動で早期に逮捕され、二次三次の犯罪防止に繋がりよかった。周辺の住民、小さな子を持つ家族も一安心である。こんな事件は起こって欲しくない。

米大使館 エルサレム移転 抗議デモ銃撃 52人死亡-トランプ大統領が、米大使館を一方的にエルサレムに移転する行為が、混乱・騒動の原因である。アメリカンファーストも、自分の中間選挙への思惑らしいが酷いことをする。我国が、他国と共にテルアビブに大使館を置いていることは、ともすれば、米国追随傾向からすれば立派な姿勢である。これは、我が国のテロ防止に繋がる一面があるのではないか。

加計側と面会「問題ない」 首相、柳瀬氏を擁護-指示した証拠はあがっていないが、トップのご意向は間違いないだろう。ヒラメ官僚が、忖度・斟酌して、お友達の加計学園獣医学部が無事に船出したのだから、当然トップは「愛いやつ」で擁護するだろう。森友・加計問題は、文書改ざん、税の使途について国民の不信感を増幅したことは否めない。だが、内政、外交等で山積する問題が、埋没、愚かにされては、国民は枝や葉っぱを見せられ騒いでいるだけになる。

沖縄 きょう復帰46年-沖縄県は、国土面積の0.6%なのに、日本国内の米軍専用施設が7割占めているそうである。復帰46年、この間米軍関連のトラブル、被害は数知れずあっている。政府は、なぜ沖縄に対する対策が悪いのか理解が出来ない。沖縄県民と同じ目線で行政が出来ないのか。米軍基地の国内分散が必要なら、同じ国民として受忍する覚悟はある。

予定-買物、読書、午睡、散歩の定番。

受診あれこれ①-傘寿が近い今迄の人生の中で手術は2回した。一回目は、30代太り気味だったので、ぜい肉落としのために、若さに任せて急激な屈伸運動していたら左腰に瘤が出来た。心配になって当時の厚生年金病院へ受診したら、担当医も若かったが、あれこれ検査の結果、悪性か良性の腫瘍か判断がつかいないので切除しましょうと言いだした。医学的な知識はないので医者の意見に素直に従い手術したが、摘出後組織の検査をして良性と判定されたが傷跡は残った。若かったのでショックは受けなかったが、この歳になって思うことは、若い医師が、臨床経験を積むためにオペしたような気もする。

二回目は、40代の後半、勤務中に生汗と腹痛で職場放棄をせざるを得ない状況になり、1回目の手術をした担当医は、立派な外科・胃腸科医院を開業されていたが、昔の誼でここで診察を受けた。虫垂炎(盲腸)と診断され、数日後、応援の年金病院の医師と二人で摘出してくれた。肥えていたので、盲腸が背中の方に回っていて見つけ出すのに苦労したらしい。ないないと腹の中を相当かき回され、お陰で麻酔が切れて唸りだしたら、看護婦(今は看護師)が、手を握って励ましてくれたので嬉しくて痛みが和らいだことが鮮明な記憶で残っている。優しそうな看護婦さんだったな~。それでも酷い手術だったので2週間ほど入院した。だから、親から頂いた大切な身体に2か所も傷をつけてしまった。これから先は、老化現象であちこち傷んでくるだろうが、基幹病院での検査漬けや手術はせず、痛みを薬で緩和して自然死を全うしたいと思っている。認知症にならなければ。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮)、キムチ、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・エリンギ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、刺身(カワハギと胆)、煮付(甘鯛)、サラダ(ウインナーソーセージ・キャベツ・スナップエンドウ・青じそ・玉ねぎドレッシング)、床漬(胡瓜)、バナナ1本、知覧茶。夕食⇒ぜんざい(餅2個)、知覧茶、白湯 ※鮮魚専門店のカワハギの胆和えは美味かったな~

1日-朝から気温が上昇したが、買物の後、いつもの散歩に出るもしっかり汗をかいた。暑い。午後は本を読んでいたが睡魔が襲い午睡する。花粉症真っ盛りで気分はあまりよくないが、眠るとクシャミ・鼻水・涙目・目の痒みはなくなる。よく寝たが起きて行動を始めると再び不快症状が発生する。速くこいこい自然治癒である。晴れて暑い1日だったが、野菜への水を差し上げ終わる。

2018年5月14日 (月)

日々坦々

朝一番-朝の準備をして新聞を取りにでる。快晴である。菜園に石灰(商品乾燥剤)をまいて部屋に戻り新聞を広げる。

睡眠不足は乗車禁止 トラック・バス 来月義務化-昨今、企業も労働組合も人間の取り扱いが粗末になっている。人類社会は、人があって成り立っているのは当然至極のことであるが、同じ人類が、営利のために多くの人に過酷な労働を強いている。本来、雇用する側と雇用される側には、労使関係のルールがあったが、時代の推移の中で、国内企業が世界企業化と金儲けがすべての時代になり、逆に労働組合が埋没して、正常な労使関係は吹っ飛んでしまった。国土交通省という行政機関が、立場上介入した感があるが、悪いことではない。企業も人のために存在するのだから、事故防止に万難を排すべきであり、労働組合も労働者を守る使命をしっかり持つべきである。

パリで刃物襲撃テロ IS系が犯行声明・インドネシアで自爆テロ-パリで刃物、インドネシアで自爆、差別・格差・貧困・宗教などが入り交じった世界は、テロが無くならない。日本では今のところ幸いなことにテロは起こっていないようであるが、政治・外交のあり方によっては、波及する可能性はないとも言えない。テロが頻発する国に対して追随する外交ではなく、主体性を持ったバランスの取れた外交を行うべきだろう。

トランプ氏の来日要請-米朝会談の情報を一刻でも早く知りたいのだろうが、拉致問題で良い情報が得られるといいね。北朝鮮は、米国追随の我国のトップに不快感を持っているようだが。

予定-アッシー、読書、午睡、散歩と云ったところか。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮)、キムチ、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・エリンギ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、すき焼き(牛肉・糸蒟蒻・玉子・葱・白菜・豆腐)、床漬(胡瓜)、キムチ、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯 ※すき焼きは。娘の「母の日プレゼント(蔵王牛)」のご相伴にあづかった。牛の飼育に手間暇かけているのかな?贅沢させてもらった。

1日-朝から気温が上昇したが、アッシーの後、いつもの散歩に出る。しっかり汗をかいた。午後は野暮用で「晩成の郷」へ行く。丁度、造園業者が伐採した樹々を処分していたので、「晩成の郷」のそばの楠の大木剪定というか伐採をお願いしておいた。帰宅後風呂に入るも午睡をしなかったので、寝るのが早くなるだろう。暑い1日だった。

今朝のジャガイモの花とトマトを撮る。写真技術が向上しない。

Dsc_0001

Dsc_0010

2018年5月13日 (日)

日々坦々

朝一番-朝の準備して新聞を取りにでる。小雨が降っているが、今日は大雨になるらしい。菜園をサラッと見て部屋に戻り新聞を広げる。

改元後も「平成」一部使用-経済活動が一国だけすむ時代は、とっくの昔に終焉している。政府が検討する元号と西暦を併せ持って高齢化した国民、世界に羽ばたく企業に負担を強いるのは時代遅れではないかい。改元後も一部使用ということは、新元号を今後も役所・企業に使用すると言うことだろうが、国家、企業のすべての文書等は西暦に統一して、文化、芸能、過去に拘る人に新旧元号を自由に使って貰えばよいのではないかい。

原発比率30年に「20~22%」-政府の方針と違って、原発そのものを否定しているので、コメントのしようがないが、災害列島日本で、原発に固守する優秀な頭脳には付いて行けない。裏があるかな?

米の無人飛行機 壱岐で試験飛行-ガーディアン(守護者)のネーミングで、海洋調査や船舶識別をやっており、民生用使用となっているが、ミサイル搭載可能らしい。軍事用のネーミングは、「プレデター(捕食者)」らしいが、アーノルド・シュワルツェネッガーの映画でそんなタイトルの映画があった。未知の世界から来た生物に、人間が捕食される不気味な映画だった記憶がある。誰かさんではないが、メモも覚書もないので、記憶は当てにはならないが。

予定-読書、午睡、散歩と云ったところか。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・キムチ)、白菜漬、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・エリンギ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、アラのムニエルとブロッコリー、佃煮(人参葉・エリンギ・人参)、韮の玉子とじ、キムチ、白菜漬、駄菓子類、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒ぜんざい、知覧茶、白湯 ※相変わらず糖分のとり過ぎか。

1日-朝から、雨が本格的になる中、いつものコースを散歩した後、机の下に置く移動式のケースを買いにニトリへ行く。発展途上国で低賃金で作らせて大儲けしているうえ、価格の末端が税込みにやたら9と云う数字並ぶのが気に入らない。スタッフは、在庫の確認をスマホで対象商品を撮って何日に入りますである。トヨタ方式の模倣だかどうだか知らないが、たいした商品でもないのに在庫ぐらいできないのかと言いたい(スタッフに直接言った訳ではなく腹の中でぼやいただけである)。数日後に商品を取りに行き、老いた脳を使って組み立てをすることになる。60分ぐらいかかるとのご宣託であったが、年寄りだから倍はかかるだろう。金はないけど暇はある。組み立て不成功の時は、買った物がパーになるのか。スタッフに確認しておけばよかった。組み立て賃は1000円と言ったがこれに外税か、3Qカットと一緒だね。午後は、時代物の単行本を読んでいたが、グダグダ書かれているストリーに眠けがさしてダウンする。起きれば夕方である。雨も上がったようである。今日もこれにて一件落着と言ったところか。

今朝、家内が収穫した玉葱と韮を撮る。猫の額の菜園なので、少ししかとれないが家族で食べるのには十分で重宝している。

Dsc_0004

Dsc_0006

2018年5月12日 (土)

家内の受診

朝一番-朝の準備して新聞を取りにでる。菜園を見て部屋に戻り新聞を広げる。

マンション修繕費 目安公表-トラブル防止らしいが、今迄の人生でマンション住まいの経験がないので関心が無い。国土交通省が行ったらしいが、国や自治体の公共事業の見積もりは甘いと思っているので、目安も業者寄りにならないかと心配はしている。

愛媛知事、柳瀬氏の名刺公開「職員が面会し交換」-内閣に人事と言う首根っこを押さえられた官僚の体たらく振りを見せられる。だが、一般国民の不信・不評は、権力の中枢に生き残るためにはやむを得ないか。

財務相に森友交渉記録「廃棄した」一転国会提出へ-昨年の国会での佐川さんの堂々と白を切る答弁と今回の整合性、如何に官僚が駄目になったかは柳瀬氏と同類かな。大学も首根っこを抑えている政治家(内閣)と違って、両氏とも我が国トップの大学、東大卒の優秀な官僚と思われるが。

※今回借りてきた本「官僚がバカになったから日本は没落したのか 原山擁平著」があった。パラパラ捲ると、以前借りて読んだ6年ほど前に発行された本である。年寄りの頭は、官僚のように本音と建前で記憶にないとは言わないので、読んだ記憶はかすかに残っているが、内容は全く記憶にない。本を捲ってみると、最後に「頭の良い人達が、極めて馬鹿なことをしている」と記されていた。なるほど、この言葉に当てはまる官僚は今でも多々いるようである。

朝日川柳-「真相をバーベキューの煙に巻き」は圧巻だね。別荘でどんな協議があったのか想像させられるな。

予定-家内受診アッシーと買物、読書、午睡、散歩、風呂と云ったところか。

家内の受診-クリニックの駐車場が若干不便なので、3週間ぶりの受診アッシーをする。何処のクリニックもスタッフを抱え、新型検査機器の償却、人件費等で医療経営で苦労しているのだろう。10年以上病状が固定、実態的に症状に変化はないと思われるのに、親切にも2週間に1回の診察をきっちりしてくれるうえに、死ぬまで服用するように指示されているそうである。今回は、連休だったのと学会出席で1週間しぶしぶ延ばしてくれたらしい。診察内容は、似たり寄ったりで、血圧測定は看護師が行い、問診1分~2分で終わるそうである。受付た患者が、家内の前に24人いたらしいが、家内が車に戻って来たのは40分も経っていなかった(この間ワンパターンの読書)。1人の患者の問診等で1時間もかかれば金にはならないだろうが、2分弱で投薬含めて1000円前後、計算して1時間20万円以上になるか(その内高齢者は1割負担)。1年間の粗収入は大きな額になるな。関係ないか。家内は、更なる投薬追加原因を作らないために、昨日夜から絶食して血液検査に臨み終わった(反医師会の医者による検査事前に食べなければ数値が下がるを信じて)。我慢していた大好物のシュクリームを所望されたので、郊外の大型店舗のテナント店に買いに行った。お陰で昼食時間も早くなったし、久しぶりに家内の食欲の凄さを見せて貰った。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚)、昨日塩焼き残り、白菜漬少々、沢庵、味噌汁(豆腐・あげ・葱・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯(投薬用)。間食⇒おはぎ1個、柏餅1個、知覧茶。昼食⇒焼き飯(牛肉・玉葱・玉子・人参・ほうれん草)、コーンクリームシチュー(ハウス食品製品+サンチェ・ミニトマト)、キムチ、知覧茶。間食⇒柏餅1個、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。※手作りの店の和菓子を午前も午後も間食で食す。最近甘いものをよく食べる。

1日-温度も上がり暑い1日であった。予定通りの行動を無事に終了する。散歩から帰宅して、大きく育てよと野菜に水を差し上げる。陽が沈んだ。借りてきた本でも読むか。

2018年5月11日 (金)

花粉症真っ只中

朝一番-朝の準備して新聞を取りにでる。青空である。菜園を見て部屋に戻り新聞を広げる。

米朝会談 来月12日-どういった方向での北朝鮮の非核化が進むか知らないが、北朝鮮も表明しており非核化は良い兆しと見る。だが、世界には核保有国はこの国だけではない。他の核保有国の非核化もこの延長上にあることを努々忘れてはならない。

柳瀬氏 加計側と3回面接-想像していた通り、連休中の打ち合わせの通りの模範回答をしたようである。若い頃、地方公務員の下っ端であったが、事前に上司に対人折衝経過を報告しなかったので、厳重注意を受けたことがあったな。優秀なヒラメ官僚が、上司(トップ)の意向を踏まえず行動することはないし、途中経過を報告しないこともあり得ない。トップの別荘まで出向く仲ではないかい。

花粉症真っ只中-ヒノキ花粉かも知れないが、朝から目が痒い、鼻水、くしゃみの最盛期と言ったところである。昨年、一昨年のデータを見ると、3月頃に杉、4月頃にヒノキに代わり、今が真っ只中であるが、6月中旬前後に終焉を迎えるパターンになっている。マッチポンプの政府医療行政(※)に協力して、医療機関にはなるべく受診せず、35日に1回の老人病(老化現象)受診だけである。かかりつけ医から「変わったことはないですか」と問診を受けても、「特にないですね」と小声でぶつぶつ応えて、35日分の投薬と血液検査ですませている。花粉症の話でもするなら、大袈裟ではあるが、高齢者医療の大幅増につながることは必至である。我慢・我慢で自然治癒を待っている。

今の医療行政に一般国民の立場に立つ医師の著書によれば、病名が付いて、投薬漬・検査漬になっているが、本人の持つ免疫力・自然治癒力での回復事例が多いと仰っている。この先生も若い頃は基幹病院で、臨床経験を積まれたらしいが、本人が老いて医療行為の問題点を提起されているようである。

※製薬・薬局・検査・検査機器業界・医師会に手厚い配慮をしながら、高齢者に医療費節減と保険料負担増を押し付けること。

朝日川柳-今日も見て「然り」同感の拍手である。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚)、白菜漬、沢庵、味噌汁(昨日の鍋物残り+味噌・高野豆腐)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯(投薬用)。昼食⇒ご飯、刺身(コウイカ)、塩焼き(アラ・コウイカのゲソ)、サラダ(ハム・胡瓜・山芋短冊切り・キャベツ・パセリ・フルーツトマト・黒酢和え)、キムチ、おはぎ2個、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。※コウイカの刺身は、コリコリ、モチモチの絶品だった。魚屋の手作りおはぎも美味かった。

予定-買物・読書・散歩。

1日-午前中は、いつものコースを散歩の後、買物に行き待機時間は車内で本を読んでいた。午後は、いつもの午睡と読書。久しぶりに「晩成の郷」へ行くも雑草が元気に伸びているぐらいで、取り上げることもない。帰宅後本を読んでいるが、このまま今日も終わる。昨日より温度が上がっている。週末にかけて夏日を迎えそうである。

2018年5月10日 (木)

図書館

朝一番-朝の準備をして新聞を取りにでる。晴れているがひんやりする。日中の気温は昨日より少し上がるとの予報である。菜園の様子を少し見るも変化なしである。部屋に戻り新聞を広げる。

北朝鮮、米国人3人解放-北朝鮮も、強面の米国には配慮しているようである。米大統領が何処までやる気があるのか未知数なので、中国に二度も事前協議に行くなど北朝鮮も苦慮しているのだろう。

「核開発データ破棄を」「技術者海外に移住」-これも米国の北朝鮮に対する強硬な事前交渉における要求であろう。核開発は、北朝鮮だけがやっているわけではないし、核兵器を保有する他国も、これから開発しようとする国家も虎視眈々、開発・保有、更なる強力な核開発を求めているのではないか。核廃絶と言う視点からは、北朝鮮に限ったことではない。核を保有するすべての国家が、人類にとって負の遺産である核兵器の廃棄に努める必要があるのでは。

日中韓、非核化道筋示せず-首脳会談の共同宣言が、朝鮮半島の非核化で連携することは一致したが、中国・韓国対日本では温度差があったようである。韓国・北朝鮮首脳会談で正恩氏も核放棄を言っており、真意は別として、一歩前に進んだとみて良いのではないか。日本は、北朝鮮に更なる圧力と言い、具体的な非核化の道筋に至らなかったらしい。わが国のトップは、米国に追随する傾向があるので、先走りせず米朝首脳会談の結果を待って方針を明確にしてはと思うが。

朝日川柳-ここに掲載されている川柳を毎日見ながら、こんなに上手く表現出来ないが、社会・世相・政治・官僚等について「然もあらん」である。似た人が沢山おられるのは心強い。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮)、白菜漬、味噌汁(高野豆腐・麩・あげ・葱・わかめ・モヤシ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、小城羊羹1切れ、温泉饅頭小1個、知覧茶、白湯(投薬用)。昼食⇒ご飯、鍋(鶏手羽元・蒟蒻・葱・大根・黒酢)、韮の玉子とじ、サラダ(ブロッコリー・モヤシ・胡瓜・ミニトマト・黒酢)、白菜漬、小城羊羹1切れ、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒家内の手作りぜんざいと小餅2個、知覧茶、白湯。※最近玉葱の葱を食しているがシャキシャキして食べ応えがある。断酒して甘いものをよく食べるようになった。

予定-図書館・読書・散歩。

1日-午前中は、2週間ぶりの図書館行きであるが、再度借りなおさなければならない。10冊借りていたが、借りてきた「松本清張全集」を殆んど読んでいない。毎日が日曜日の積りが、連休のせいで少し野暮用が入ったせいかもしれない。「無宿人別帳」だけは読んだが、綺麗事の江戸時代を題材にした小説が多い中で、これは底辺に生きる市井の人にスポットが当たっており、封建時代の凄まじさを感じた。午後は借りてきた時代小説の文庫本を読んでいたが、眠くなり午睡する。起きて引き続き読む。松本清張の時代小説のような重厚さがない。夕方はいつものコースを散歩する。散歩も相変わらずワンパターンである。

2018年5月 9日 (水)

医療=医療費

朝一番-朝の準備をして新聞を取りにでる。曇っているが予報では晴れる見込みである。気温は低めのようである。猫の額の菜園に回り、後で植えたスナップエンドウの状況を見るも花芽がついていない。牛糞を入れ過ぎたせいかな。これも土に埋め戻すしかないか。部屋に戻り新聞を広げる。

米、イラン核合意離脱へ-原油価格が上がりガソリン代に影響を与えそうである。トランプ大統領も三代目世界中をかき回すな。我国にも三代目が国内をかき回しているが、規模が小さいか。

武田、シャイアー買収合意-世界の医薬品メーカーの売り上げの多さに驚くが、薬九層倍の世界とはよく言ったものだ。儲けているのは、メーカーと医者だけかな。ひょっとすると政府が絡んでいるのではないか。

小2殺害され線路に-こう言った事件は心が痛む。辛いな~。同じ人間でありながら、小さな子供にこんなことができる異常な人間が存在することを。

正恩氏訪中 習氏と再会談-米との会談前の二度目の会談、北朝鮮の本気度が伺われる。米との会談結果、非核化の道筋がどうなるのか注目されるところである。後ろ盾がついているので、一筋縄ではいかないかも知れない。

医療=医療費-昨年掛かった医療費を保存データから拾い出してみて分かったことは、高齢者医療保険料年間203,170円支払い、医療費本人支払い15,760円(内訳・診療費9,460円・薬剤費6,300円)であった。1割しか負担していないので、保険組合等の医療機関に対する支払いは、141,840円になり、医療費が、支払った保険料より45,570円少なかったことになる。従って2017年は国民皆保険の相互扶助精神で医療行政に貢献したことになるな。診療・投薬内容ついては、素人だから問題提起は遠慮するが、診察・投薬の実質時間は3分ぐらいかな。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮・高菜漬)、ロール巻き(昨日残り物)、床漬(胡瓜)、味噌汁(高野豆腐・麩・あげ・葱・わかめ)、デザート(バナナ・メロン・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、温泉饅頭小一個、知覧茶、白湯(投薬用)。昼食⇒ご飯、ステーキ、野菜炒め(キャベツ・マグロ缶和え・葱・人参)、ジャガイモバター炒め、目玉焼き、丸ボウロ1個、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒バナナ小1本、知覧茶、白湯。※和牛のモモ肉のステーキは小さめだったが美味かったな。

予定-散歩と読書。

1日-午前は散歩と断続的な読書で終わる。午後は髪が伸びたので3Qカット(1,080円)へ行く。これでもカットに10分はかかる。客が少なく行ったらすぐにしてくれた。医療の診察と同じであっという間に終わった。帰宅後は理容師のご指示に従い風呂で洗髪すっきりする。午後は陽が照りだし青空が見えだしたが、風もあり少しひんやりとした1日だった。

玉葱はぼちぼち収穫時期かな。トマトも枝が伸びてきた。

Dsc_0004_2

Dsc_0007

2018年5月 8日 (火)

日々坦々

朝一番-朝の準備をして、新聞を取りにでると曇っている。菜園へ回る。家内が植えていた10本ほどの人参は全滅だった。大きく青々と広がった葉っぱは佃煮、サラダなどで食したが、人参は薹がたって殆んど食用にはならなかった。肥料として再利用できるので、菜園に埋め戻しリサイクルする予定である。部屋に戻り新聞を広げる。

李首相「日中を正常軌道に」-経済至上主義で、一般国民の力を削ぐような施策を続けるトップの姿勢では、我国の劣化は如何ともし難い。核の傘の下に依存して、米国に媚を売っているが、今度は、隣国の巨大独裁国家が接近してきた。主義の違いははっきりしているように見えるが、歴史はインターバルが長いので反動の歴史もある。ひょっとすると、中国に媚を売りながら一般国民の人権・自由を抑圧するようなことがないことを願いたい。それにしても、共産主義国家前の清国時代は、列国に食い荒らされて、主要都市では治外法権、阿片蔓延など混乱と退廃の国家であったが、内乱、戦争(日本が中国に侵略敗北)、国家統一を経て強国になった。経済界は歓迎しているが、財力豊かな中国から経済侵略などされる予感がするが。

柳瀬氏 10日にも招致-連休の間にトップと柳瀬氏は十分に口裏合わせがすんだことだろうから、佐川氏と同じように野党の口撃を避ける答弁をするかな。多勢の与党とバラバラの野党では勝ち目がないか。

国民民主党 結成-野党の新党結成は野合だな。巨大与党に対抗するには「憲法擁護」ぐらいの、しっかりした対抗軸を持たねば国民も選択に迷うのではないか(国民の過半数は憲法改正に反対している)。野合するに際して曖昧模糊に妥協しながら合体、多数党に移行しようとする姿勢は益々国民からそっぽを向かれ、選挙があれば更なる少数党に転落して行くことになるのではないか。新聞の解説を読んでも、水と油のこの合体政党がどのような方向に進もうとしているのかさっぱり分からない。

財政再建目標5年先送り-経済成長が望めないので、社会保障費を削ろうと言うことか。ターゲットは高齢者だな。年金を削り、医療費負担を増やし黒字化すると言う発想か。国民の暮らしは益々やせ細り、経済成長どころか悪循環が進み更に税収も低下することになるのではないか。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮・高菜漬)、床漬(胡瓜)、味噌汁(豆腐・麩・あげ・葱・わかめ)、デザート(林檎・メロン・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯(投薬用)である。朝食のスタイルは、旅行などでの外食以外20年近く変わらないな。昼食⇒ご飯、キャベツのロール巻き(キャベツ・合い挽きミンチ・大蒜・玉葱・ケチャップ類)、サラダ(ジャガイモ・胡瓜・ミニトマト・青じそ・黒酢・サトウキビの砂糖)、バナナ、ビスケット、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒ぜんざい(小餅2個)、知覧茶、白湯。※キャベツは、米屋さんからサービスで頂いたが、家内手作りのロールキャベツは美味かった。

予定-買物アッシーと読書。

1日-午前は買物アッシーと断続的な読書で終わる。午後は本を読んでいたが、少し午睡する。外は相変わらずぐずついた空模様である。ハムレットの心境だったが、いつものコースを散歩することに決め、雨の中を歩いた。こんな天気に歩く人は脳~天気だろう。出会う人もなく水嵩の増した川べりを歩いた。人だけでなく鳥たちもみなかった。変なものでノルマを果たしたような気持ちになりホッとして帰宅する。昨日も今日もすっきりしない天気だった。

2018年5月 7日 (月)

医療=受診と投薬

朝一番-朝の準備をして、新聞休刊日であるが外に出ると雨が降っていた。今日も予報によればぐずついた空模様らしい。連休も終わり、現役は、今日から出社・出勤ご苦労さんです。

医療=受診と投薬-若い頃から50代始めまでは、投薬・治療も一過性で済んできたが、日々投薬を受けるようになったのは、50代半ばに往診して貰って高血圧症と診断されて以降である(この時主治医に恩義を感じた)。それから現在まで、眼科、歯科、皮膚科、整形外科などに受診しても継続性はなく、中断もしくは治癒してきたが、内科だけは、縁が切れずに25年近くになる。1日に服用する薬は、高血圧症は、1995年からコニール4mg、2014年からメインテート0.625mgが追加になった(投薬好きの主治医)。心房細動は、2007年からワーファリンを服用、最近は2.5mg前後投与を受けている(心電図や24時間ホルターで診断し、心房細動と判定した時の主治医の嬉しそうな顔が目に浮かぶ)。処方された時は、それぞれの薬の投薬が始まるたびに、ネット情報で副作用が克明に説明がされているので、情報に基づいて、かかりつけ医に無駄な抵抗を試みた。「転院の紹介状書きましょうか」と度々脅され、総合病院での検査漬けも嫌なので屈服した。内心副作用に怯えながらも、老いて角も取れ従順な患者になり現在に至った。最近は、三途否傘寿も間近なので規則正しく服用している。25年近くの内科受診で、現在のかかりつけ医を含めて6名の医師にかかったことになるが、今の先生が一番相性がいいようである。診察を受けるときに血圧が上がるのではと言う不安がないからである。投薬量を増やそう増やそう、検査をしようしようとしていた先生は、診察を受けるだけで血圧が上がり、〇〇さん高いですよのキャッチフレーズを度々聞かされた。それでも我慢して1年5ヶ月受診を続けたが、こりゃ駄目だと患者である吾輩が匙を投げ、「清水の舞台から飛び下り」転院したのが良かった。自助努力(初診時より体重13kg減少・断酒2年目)もあり、35日に1回の受診と投薬は続いているものの、ほぼ120/80前後で立派な血圧である。自宅での血圧計の数値より、主治医の測定値の方が低く出る傾向が嬉しい。だが、三途の川を渡るまで薬とは縁が切れないだろう。

今日の予定-アッシー、散歩とパソコン文書などに保存している文書等の整理か。

食事-朝食⇒海苔巻き(人参葉の佃煮)、煮付(鰯と生姜)、床漬(胡瓜)、キムチ、高菜漬、味噌汁(豆腐・麩・あげ・葱・わかめ)、デザート(リンゴ・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、エビチリ(海老・葱・チリソース)、サラダ(胡瓜・ミニトマト・キャベツ・鶏肉・玉ねぎドレッシング)、ぜんざい(小餅2個)、知覧茶。夕食⇒ぜんざい、知覧茶、白湯。※3日連続大ぶりの脂ののった鰯を食したが美味かった。昼は久しぶりに自家製ぜんざいを食す。

1日-午前中は、家内の健康教室送迎アッシーと散歩で終わる。午後は、PC保存文書整理、午睡、風呂でなど日が暮れる。予報のとおりで降ったり止んだりすっきりしない天気であった。