ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2019年1月 4日 (金)

日々坦々

-室温13℃ 昨晩は突然大先輩宅にお邪魔してしゃべくり回って興奮したせいか血圧が高めになった。足腰は弱っているようにお見受けしたが、悠々と生きておられる姿を見て、心強く嬉しい気持ちになった。15歳と言う年齢差があるが元気を与えられた。これを機会に再交流を願いたいと思っている。朝の一杯の知覧茶は美味い。新聞を取りにでると晴天寒い。部屋に戻り新聞を広げる。

新聞雑感 

中国探査機 月裏側に着陸-宇宙開発争い激化とある。人類の端くれからすると「関係ないったら関係ない」と言ったところであるが、強国米中はありとあらゆる面で衝突を繰り返している。貿易・宇宙開発等々について一緒に前向きに未来志向で話しあうことは出来ないのか。世界の人類にとって迷惑な話である。

熊本で震度6弱-九州の広範囲で揺れたらしいが、鈍感なせいか感じなかった。こう言ったときは「知らぬが仏」が良い。酷かった地域は家屋崩壊や土砂災害の危険性が高まっているとある。被害が無いにこしたことはないが、現在のところ特に酷い被害もなく良かった。

定年退職後も仕事を続ける-定年後に仕事を続けるのには、生活の維持と生きがいの二通りがあるようである。生きていくために生活費を稼がなければならない高齢者と生活の維持ではなく何もすることがないことが悩みの人もいると言うことである。特に現役時代から趣味も道楽もなかった人は仕事で人生を走り続けるしかないのかも知れない。自分の場合、完全リタイヤして25年振り返ると、慌てて蕎麦打ち道楽の趣味をもち、土地購入、建物を建て同好会を作りやっていたのが6年、他人の面倒が見きれなくなって、その後はブログ、散歩、デジカメ、菜園、用地の購入・整備などして今に至っている。これからも生きて健康であればこれが続くであろう。高齢者の生き様もそれぞれだが、病気等で医療・介護・生活に困る高齢者には、政府がセイフティネットでしっかり守ってやって欲しい。

1日-午前中は、「島はぼくらと 辻村深月著」を読み終わる。高校3年生の巣立ちと島の人たち、I タウンの人たちの織り成す軽いタッチの青春小説、この作家は若い人に人気があるのだろう。読み終わって、家内のリクエストで近場のスーパーに牛乳を買いに行く。午後は、パソコンに入っている書類の整理をする。見える道具と違ってパソコンに入力された不要なごみは見えないのでついつい整理整頓しない。夕方いつもの散歩コースを歩く。少し右腰に痛みがあるがこの程度であれば気にならないのでクリアする。正月休みといったところで歩いたり走ったり犬の散歩する人が多く見られた。今日は温度が少し上がり暖かった。

食事-朝食⇒海苔巻き(河豚の干物・白菜漬)スナップエンドウ・サラダ・黒豆、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒自家製ちらし寿司(蓮根・玉子・鶏肉・牛蒡・人参・椎茸)スープ(モズク・キャベツ・ジュンサイ)ミックスナッツと丸ボウロ、知覧茶。夕食⇒リンゴ、知覧茶、白湯。※今日から朝の雑煮が消えて普通の食事になる。朝は海苔巻きが主流になりそうである。昼のちらし寿司も美味かった。