ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2018年12月 6日 (木)

日々坦々

朝一番-室温19℃、朝の準備が終わり新聞を取りにでる。曇り空であり今にも雨が降りそうな空である。

新聞等雑感

医師の長時間労働 容認も-厚労省案は、人間の働き方にいろいろ介入し過ぎである。人の自由に生きる権利を阻害するようなことを机上で検討しているが、現場の実態等を踏まえて人間らしい生き方が出来る医師の養成に努めるべきである。医師等専門職が過労死する時代になったな。

トルコに原発輸出断念へ-原発を売るのは、武器を売る商人(大国の指導者)と一緒で死の商人のやることだ。採算が合わないで断念したらしいが、原発輸出を断念したことは結果的には良かった。台湾の列車脱線事故ではないが、輸出した原発で事故が起これば日本の技術失墜になるよ。

改憲4項目提示を断念-渋谷でハローウィンで元気出す日本の若者、懐古主義の政治家が改憲改憲と騒いでも関心がないだろう。日本は何年か遅れで米国の流行を追ってきたが、現憲法のお陰で徴兵制度ないまま現在に至っていることは大変有難いことだと思う。これから日本は、若い世代に依存することなるが、懐古主義の政治家の期待に応えてくれるかな。いずれにしろ、今回改憲4項目提示を断念したことは良かった。

与党、きょう採決へ-外国人労働者受け入れ拡大は必要だろうが、受け入れる外国人労働者の処遇改善をきっちり整備すべきである。隣国韓国でも受け入れているらしいが、賃金・医療・住居等が自国民と同じ待遇になっているらしい。日本では、失踪・自殺者がニュースになるが恥ずかしくないかい。

かんころ餅-昨日貰った「かんころ餅」を知覧茶を飲みながら2切れ食す。包装紙に長崎県五島列島のふるさとの味と印刷されている。あっさりした素朴な味が口の中に広がった。さつま芋、砂糖、もち米だけで、保存料等添加物は入っていないようである。これなら1本ぐらい食べられるが、太る予感がするので未然防止で我慢した。子供の頃は、終戦時で食べるものに事欠いていたので、このようなおやつが出ると最高だっただろう。時代が変わり贅沢になったものである。結果的には夜も食べて完食した。

食事-朝食⇒かんころ餅2切れ、16穀米ご飯海苔巻き(縮緬雑・魚明太子)、キムチ、大根葉漬、味噌汁(豆腐・あげ・韮・わかめ・かつお菜)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒16穀米ご飯、煮付(オキダイ)、オイル焼き(大根千切り・片栗粉・ベーコン・ブロッコリー)、煮物(蓮根・人参・里芋・牛肉・蒟蒻)、かんころ餅厚切り2枚、知覧茶。間食⇒かんころ餅完食、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。

1日-午前中は、関東大震災を絡めて歌舞伎の世界とミステリーの「壺中の回廊 松井今朝子著」を読み終わる。図書館へ返却へ行き10冊借りてくる。午後は、他愛ない連載時代小説「付き添い屋六平太 金子成人著)を読み始める。60分程午睡する。雨が降りそうな空模様だったが傘持参で久しぶりに散歩する。いつものコースばかりでは味気ない気がしたので、日頃から歩かないところを歩く。結果的には相当多めに歩いた。家に帰りつく少し前に小雨が降り出したが濡れずにすんだ。