ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2018年12月27日 (木)

日々坦々

朝一番-室温17℃、朝の準備して新聞取りにでる。天気予報通り曇り空である。いつものように新聞を広げ知覧茶飲む。

新聞等雑感

IWC脱退表明-来年7月から30年ぶりに商業捕鯨を再開するそうである。誰かさんの引っ付き棒の政府のトップは真似をしたのか(我国第一)。捕鯨は、日本では昔から近海で行われており、江戸時代も日本人の蛋白源であったことは事実である。乱獲の時期には資源保護の観点から当然規制されるべきであるが、増えた鯨を獲らないで海の食物連鎖バランスが崩れれば厄介である。日本が、食物連鎖のバランス枠中で捕鯨を再開することは良いのではないか。子ども頃のように鯨肉を食べてみたい好奇心にかられる。

原子力79施設廃止 1.9兆円-施設廃止(維持費・核物質の処理費は別途数千億)に膨大な税金が使われるか。石炭・水の発電所の廃止にはこんな無駄な金はかからないだろう。経済活動の一環であれば、別の方策で活性化すればよいことであって、一刻も早く原発から撤退すべきである。原発の新設等は金輪際やってはいけないことである。

旧経営陣に求刑禁固5年-検察官役の弁護士が、東電幹部の過失に対して求刑したらしい。国家・社会・会社は。忖度・斟酌・「物言えば唇寒し」だから、白黒つけられるかな。求刑理由は専門的であり素人に難しい。結論がでればそうなんだぐらいだろう。

1日-午前中は、引き続き「ながい坂 山本周五郎著(下巻)」を読む。途中で気に入っている障害者支援の食パンを買いに行く。これが無添加パンで美味い。午後は、相変らず読んでいたが、昼寝もせず読み上げた。現在の人気時代小説作家と違って人生哲学が垣間見え重厚である。登場人物に生き様を語らせるが、含蓄があり感銘を受けた。夕方いつもの散歩に出る。天気も良いし薄着で行ったら風が強く寒かった。帰宅後早々に風呂に入りゆったりする。夜は「柳橋物語 山本周五郎著」を読み始める。

食事/朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・辛子明太子・生協沢庵)煮物(佐賀蓮根・国産豚ミンチ・人参)味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・ブナシメジ)デザート(林檎・柿・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)知覧茶、白湯。昼食⇒食パン3枚、サラダ(キャベツ・トマト・カリフラワー・マヨネーズ)天ぷら(さつま芋・玉葱・ブロッコリー・カリフラワー)沢庵、知覧茶。夕食⇒食パン1枚、柿1個、ミカン1個、知覧茶、白湯。※食パンが美味かったが4枚とは食べ過ぎか。