ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々「BS」 | メイン | 日々坦々「種屋」 »

2018年11月 7日 (水)

日々坦々「BS」

朝一番-室温21℃、朝の準備(ネット立ち上げ、湯沸し、テーブル拭き等)する。新聞取りに出る。知覧茶飲みながら新聞広げる。

新聞雑感 

健康保険 原則「日本居住」に-外国で医療行為を受けると金額が大きくなるからか。外国で暮らす子弟も親も大変だな。仮設・避難所 迫る冬-北海道も寒くなると、仮設・避難所で暮らす人も大変だ。それが原因で寿命を縮めないことを願う。永住許可要件に含めず-あの手この手で外国人労働者を補完労働者にしようと苦労している。不要になれば使い捨てになるので、外国人労働者も二の足踏んでいるのではないか。米中間選挙 投票始まる-上院で共和党が過半数を制し、下院で民主党が過半数を制したようである。議会のねじれに対してトランプ大統領はどうでるか。地震後に猫消えた どこ行った-生物は、猫に限らず敏感なので、地震等の自然災害に対する予知能力が人間より優れているのではないか。

食事-朝食⇒16穀米海苔巻き(縮緬雑魚・生協沢庵)、煮物、味噌汁(豆腐・あげ・韮・わかめ・かつお菜)、デザート(林檎・柿少々・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒16穀米ご飯、手羽元焼4ピース、サラダ(オクラ・キャベツ・ツナ・ビーンズ・玉ねぎドレッシング)、駄菓子類少々、知覧茶。夕食⇒白湯。※お見込み通り朝食に煮物登場、美味しかった。昼食の手羽元も自家製は味が薄めで丁度良い。

1日-午前中は、「絢爛たる醜聞ー岸信介伝― 工藤美代子著」の斜め読みで終わる。地方の富裕層で育った生い立ち、生活を見ると、庶民と考え方の違いが少しわかった。養子先で18歳と14歳の時に結婚、東京帝大で学びながら世帯を持っていたそうである。A級戦犯ではあったが、政界の権力闘争の中で上手く生きてきた人物のようであった。午前中は、BSの工事に入ると連絡があり「晩成の郷」へでかける。猫の額のような狭い土地なので粗方土は剥され公道と平面になっていた。近々通路になる予定である。午後は、午睡後、再度BSの整備状況を見に行く。遅くなったので散歩をパスする。風呂に入りゆったりする。今日もこれで終わる。