ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々「買物」 »

2018年11月 2日 (金)

日々坦々「電線支柱移設」

朝一番-室温19℃、いつものパターンが終わり新聞を取りに出る。昨晩「誰がために鐘を鳴らす 山本幸久著」を読み終える。ハンドベルについて、作家はうんちくを傾けていたが、調査結果と言えども、これだけよく表現できるものだ。途中で理解不能になり適当に端折って読んだ。ハンドベルは一人でたたくピアノを5人~10人ぐらいで鍵盤をはじくのようなものと言うことがおぼろげながら分かった。そう言えば、退職・送別会で、職場の者が、宴会場の舞台に何人か立って演奏してくれたな~。あの時は涙腺が緩んだ。

新聞雑感 

辺野古 月内にも土砂-政府のやることは、県民の気持ちを踏みにじっている。「度し難い」と言わざるを得ない。「自動運転車」名乗るのやめます-企業も官僚も要領が良いな~ 万が一に備えて逃げ路を作っている。「熟練技能」5業種検討-利口な官僚などが、ややこしいルールを作って国民大衆を煙に巻くと言ったところか。更なる低所得者を生み出すことになるのではないか。

予定-読書・晩成の郷・午睡・散歩ぐらいか。

食事-朝食⇒海苔巻き(昆布漬焼鯖・青紫蘇佃煮)、キムチ、大根なます、味噌汁(厚揚げ・あげ・韮・わかめ・大根葉)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、おでん(牛筋・厚揚げ・玉子・平天・蒟蒻・ちくわ・牛蒡天・大根)、ブロッコリー、高菜漬、蜜柑2個、バナナ1本、知覧茶。夕食⇒おでんetc、知覧茶、白湯。※二日連続のおでんになった。黒毛和牛(国産)の牛筋は絶品であった。

1日-午前中は、電力会社と電線支柱据移設協議の為「晩成の郷」ヘ行く。協議の結果、話がついた。11月中旬には移設の道筋が出来るだろう。現地で造園業者に会ったので、ついでに、建設業者に通路整備の件を依頼しておいた。午後は、時代小説(影同心シリーズ)を読み始める。午睡後、夕方いつもの散歩コースを歩く。散歩途中で知り合いに合いになった元建設業者と雑談していたら,話が長くなり身体が冷えてしまったので、帰宅後、風呂で温まり一息つく。沖田正午の時代小説に浸るか。