ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々「買物」 | メイン | 日々坦々「晩成の郷」 »

2018年10月 6日 (土)

日々坦々「台風25号」

朝一番-室温27℃、季節の変わり目か、最近血圧が上昇する傾向が見られ、オタオタしていたが、室温が27度の今朝は、117/79と一発合格であった。朝から良い気分である。湯沸し等一仕事がすんで新聞を取りにでる。小雨が時々降っているが、台風25号接近中でも今のところ小康状態と言ったところでる。知覧茶を飲みながら新聞を広げる。

新聞記事等雑感 

①紛争下性暴力との闘い 平和賞-ミサイルや核の保有をめぐって、外交駆け引きやっている指導者が、ノーベル平和賞を授与されなかったのは正しい判断だと思う。今回の受賞者は、内戦でレイプされた女性への治療等を評価された医師。ISに拉致され、家族を殺害され、本人も性奴隷として人身売買された女性、壮絶な体験であったことだろうが、それを克服して証言する行為には頭が下がる。戦争・紛争には、腕力の弱い女性が犠牲になってきたことは、歴史では厳然たる事実である。殺し合う人間が刹那的行為に及ぶ、だからこそ戦争・紛争のない世界を一刻も早く構築することが、世界の指導者に望まれることである。だが指導者の中には、厚顔無私で金や権力を利用して、女性をもてあそび、メディアで騒がれる指導者がいる。こんなのが大統領に選ばれる先進国家と言われる国もある。

②スルガ銀 一部業務停止-銀行経営の正常化は望ましいことである。スルガ銀を称賛していた金融庁も反省し二度と同じ過ちを起さないようにしたいものだ。

③台風25号-昼頃当地方の側を通過するとのネット情報である。まだ時間的な余裕がるので、いつもの散歩コースへ出かけるも、散歩する馬鹿な人間は儂一人であった。川の波も激しく、時折り吹く強い風に煽られて足がふらついた。ヤバイ「君子危ぶき近寄らず」「三十六計逃げるに如かず」である。早々に川べりから退却する。朝から台風が運んできた南風のせいか気温が高い。引きこもって、激しく吹き荒れる様子を、窓越しに眺めていた。風速の最高は、風速10mの昼頃がピークだった。結果的には、ピーマンの枝が1本折れた程度で、被害らしい被害もなく、雨はほとんど降らず、速足で韓国から日本海へ抜けて行った。北海道が多重災害にならないことを願っている。

予定-散歩・午睡ぐらいか。

食事-朝食⇒海苔巻き(シシャモ2尾・青紫蘇佃煮)、白菜漬、味噌汁(豆腐・あげ・小葱・わかめ・エノキ)、デザート(林檎・ぜんざい)、知覧茶、白湯。昼食⇒卵かけご飯、合わせ焼き10P(海老・鶏ミンチ・蓮根)、サラダ(ハム・トマト・キャベツ・ドレシング)、キムチ、知覧茶。間食⇒孫の手作りクッキーを食す。夕食⇒知覧茶、白湯。※孫はなかなかやるな。

1日-午前中は、散歩に出たものの、風が強くなり途中で退却、部屋の中でネット情報を見ていた。午後は、昼寝したりテレビの台風情報などニュースを見て過ごす。夕方、風呂にゆったり入り、リフレッシュする。今日も無事に1日が終わる。感謝。