ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々「図書館」 | メイン | 日々坦々「受診アッシー」 »

2018年10月12日 (金)

日々坦々「環境整備」

朝一番-室温20℃、この程度で寒くなったと言えば北国の人から笑われるだろうが、日本列島南の方に住む人間は寒さを感じる。一仕事(湯沸し・ネット立ち上げ・食卓準備)終えて新聞を取りに出る。空を見上げると雲と青空が混じっている。早々に部屋に戻り知覧茶を飲みながら新聞を見る。

新聞等雑感 

①東証急落 一時1000円超-頭の体操で偶に株の推移を見るが、上がったり下がったりで飯を食っている人がいるので仕方がない。資本主義、経済至上主義世界ではこれも必要なのだろう。これで生計を立て、更に雇用を生み出しているのだから。

②外国人労働者 新在留資格-仁徳天皇の民の竈ではないが、生活が厳しくなれば、結婚・出産の減少で人口が減り、高齢者が残り国勢が低下するのは至極当然のことである。その穴埋めを外国労働者に依存せざるを得ないか。長い歴史を見れば、ローマ帝国が滅びたのも傭兵に依存したのが原因である。

③再生エネ発電 停止要請ー太陽光・風力発電量の増加と電力消費バランスが崩れると大規模停電になるので、九州電力は、太陽光発電事業者に停止要請をするらしい(原発は優先ルールがあり停止しない)。再生エネルギーで需要と供給が両立出来る時代が近付いている(九電のピーク時1600万キロワットの半分が太陽光発電、後は石炭・水力で400万・原発400万)。原発に拘る政府・電力会社・原発企業はいい加減で目を覚ませ。原発事故では、金だけではなく、物的・人的被害は未曾有だよ。

④新居渋滞-騒ぐことはないよ。医療手術と一緒で、何事も初めから上手くゆくものではない。あちこち手直ししているうちに豊洲市場も使い勝手がよくなるものよ。道路の渋滞も、税金使って拡幅や進路改善などすれば問題は解決する。

⑤金本監督辞任-強烈な「のぼせファン」に嫌気がさしたか。仕方がないな。名選手で個性もなかなか、解説者の声が、あちこちのテレビ局などからかかるだろう。後任者は誰がなっても、優勝しなければパッシングを受けることを覚悟せねばならない。阪神タイガースの監督稼業の宿命だね。

予定-読書・散歩・午睡ぐらいか。

食事-朝食⇒16穀米海苔巻き、煮付(旬の鯖)、床漬(胡瓜)、キムチ、沢庵、味噌汁(豆腐・あげ・韮・わかめ・ブナシメジ)、デザート(林檎)、知覧茶、白湯。昼食⇒芋ご飯、挟み焼(蓮根・餃子の具)、煮物(蒟蒻・鯖)、蜆汁(玉子・韮)、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒挟み焼4個、知覧茶、白湯。 ※朝食の煮付は脂がのって美味かったので昼も食べた。鳴門金時の芋ご飯、しっとり柔らか、甘味は少ないが美味い芋飯であった。

1日-午前中は、いい加減な菜園の煉瓦積みであるが、性格かな~、気に入らないとやり直す癖がある。朝から手直しをやったが、いい加減で良いのだろうが納得いかない。暇だからまた気が向いたら恐山の石積みのようにやり直すか。午後は、菜園の垣根を這う南瓜の蔓が気になり、もうこれ以上実がなることはないだろうと思い撤去、残っていた唯一のてんとばえの南瓜を収穫する。垣根から蔓を取り除くと、今度は垣根が気になり、剪定を初め、それなりに切ったので後片付けまでする。椅子に座ったままで少し昼寝する。疲れたので散歩はパスする。

唯一の南瓜と整地した菜園を撮る。

Dsc_0001

Dsc_0008