ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々「青紫蘇」 | メイン | 日々坦々「台風24号」 »

2018年9月29日 (土)

日々坦々「家内受診」

朝一番-室温26℃、一仕事がすんで新聞を取りにでる。台風24号が近付き雨が降っている。緑茶を飲みながら新聞を広げる。

新聞記事等雑感

①スバル ブレーキも検査不正-台数・時期も不明と言ったら、何もかも責任取れない取らないと言ったことになる。日本の技術も地に落ちたな。これが日本の一流企業のやることか。元をただせば、戦前軍用機を作っていた会社だが、特攻機のように、飛んだら戻ってこない飛行機を作っていたのではないか。

②汚染水 浄化後も基準超え-ストロンチウムがたくさん残ったいる汚染水を垂れ流していた。放射性物質を含む原発は嫌だね。何時になったら浄化できるの?30年否100年、それでは済みそうにないな。原発に関連する放射能は、人間にとってがんは発生させるし、生物・大地・環境を破壊するし有害以外の何物ではないな。

③伊方原発 差し止め却下-裁判官が法的に、四国電力「具体的な危険はない」の言うとおりの判断をしたのだろうが、原発事故で放射能汚染と言うことになった時の責任は誰がとるのか。福島第一の例があるのに「どうにもならない裁判判決」である。法曹の方は頭脳明だろうから、法律・判例・規則の知識もさることながら、放射能・原発の危険性も勉強してもらいたいな。

④一家に1.5億円 補償は幻-「海老で鯛釣る」と言うが、名護市の辺野古の有力者は、辺野古の埋め立てを条件に釣られたようなものである。補償・補助・交付と言った金は、国民の税金を国家指導者が、利用して住民を懐柔する手段としていることを知るべきである。それにしても大きな金額を要求したものだね。

予定-受診・読書・午睡・散歩ぐらいか。

食事-朝食⇒16穀米海苔巻き(紫蘇の佃煮)、白菜漬、味噌汁(豆腐・あげ・小葱・わかめ・オカワカメ)、デザート(林檎・バナナ1本・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、緑茶、白湯。昼食⇒16穀米ご飯と紫蘇のふりかけ、天然ハマチの塩焼き、ロールキャベツ3P(合いミンチ・生姜・大蒜)、酢のもの(オクラ)、柿半分、ナッツ類、緑茶。間食⇒ぜんざいと餅2個、緑茶。夕食⇒白湯。※食欲旺盛、生きがいは、美味いものを食べることだけになったような感がする。

1日-午前中は、家内の受診アッシー(その間本を読む)、待ち時間は長く1時間、診察1分お陰で本がよく読める。帰途、買物アッシーする(その間本を読む)。午後も相変わらず他愛ない本を読む。浅い眠りの昼寝して、自分の寝言で目が覚める。期待していない台風24号近付いては来ているが、何処へ上陸するのやら。外は曇ったり小雨と言ったところで風もない。夕方降りそうな薄暗い空を見ながら、傘を持って散歩に出かける。どんよりとした雲の下で、虫がわびし気、悲し気な声で鳴いている。歩いているとひんやりしたが、帰宅すると汗がじっとり滲んだ。運動は健康の源かな。風呂に入り一汗流す。今日もこれにて一件落着。