ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々「けえらん」 | メイン | 日々坦々「雨」 »

2018年9月19日 (水)

日々坦々「晩成の郷」

朝一番-室温28℃、体重は馬肥ゆる秋ではあるが、昨日はブレーキをかけたのでやや減量していた。血圧は、朝3回測定しているが、1回目は高めだが3回目には下がる傾向にある。緊張感が薄れるからかな。朝の一仕事がすんで新聞を取りにでる。薄曇りである。部屋に戻り知覧茶を飲みながら新聞を広げる。

新聞記事雑感

①対中関税 輸入の半分対象-米国の衣類・雑貨販売のスーパー等は影響を受けるだろうし、貧しい消費者は、安い商品を購入できずに困るだろうし、米国の景気にじわじわ影響を与えるのではないか。人気取りでバランス感覚を崩すトランプ大統領は、米国民にネガティブ発信をしているようである。米中問題だけではないよ。

②基準地価27年ぶり上昇-景気が良いのか、観光客の訪日のせいか知らないが、意図的・作為的・政策的に地価上昇と言った気がしないでもない。地価が上昇すれば、固定資産税・譲渡税・不動産取得税・不動産登録免許税等々土地に関する税金が連動する仕組みになっている。好き放題税金を使う国家・地方は、財源が喉から手が出るほど欲しいからだろうから喜んでいるだろうが、勝ち組の富者は別として、国民大衆は大きな迷惑である。不動産鑑定士も所詮国家の組織の一端を担っているからヒラメか。

③節電要請きょうにも解除-社会生活の基盤の一端をを担う電力の回復は、冬に向かう道民にとっては心強いことである。地震から立ち直り普通の生活が一刻も早く出来るように祈るのみである。

④非核化案提示へ 説得か-韓国の文大統領が、平壌へ到着、大歓迎を演出されたが(テレビ報道)、正恩氏と朝鮮半島の平和と半島からの核兵器廃絶に向けての協議が、一歩でも二歩でも前進することを期待したい。朝鮮半島の平和は、東南アジア、日本にとっても緊張緩和のために重要である。緊張感の好きな狼少年擬きの政治家は困るだろうが。

予定-読書・野暮用・午睡・散歩ぐらいか。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚)、沢庵、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・もやし・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、白折茶、白湯。間食⇒ナッツ類と白折茶。昼食⇒ご飯、韮の卵とじ、ムニエル(生鮭)、バター焼き(ジャガイモ・人参)、鶏手羽中蒸し焼き(6本)、生キャベツと沢庵、白折茶。間食⇒北海道銘菓?スイートポテト1個と白折茶。夕食⇒白折茶、白湯。※雁ヶ音には到底及ばないと思うが、この白折茶も結構味わいがあるな。「四季舎」のスイートポテトにマッチングしていた。

1日-午前中は、晴れてきて暑かった。読書とネットで過ごす。午後も引き続き、捕物帳の他愛ない本を読んでいたが、「晩成の郷」の入口の土地をSさんから譲って貰ったので、私道の整備で、あーでもないこーでもないと構想を練るのが楽しいので現地に向かう(ゆっくり結論を出そうと思っている)。帰宅して、いつものコースへ多めの散歩をする。家の近くまで戻って来て小雨が降り出した。一汗かいてシャワーを浴びてゆったり休憩中である。きょうも著変なしと言ったところである。