ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2018年8月 9日 (木)

日々坦々

朝一番-きょうも暑くなりそうである。室温29℃、朝の一仕事を済ませ新聞を取り部屋に戻る。八女茶を飲みながら新聞を広げる。新聞一面は「翁長・沖縄知事 死去」「長崎 きょう被爆73年」である。

翁長・沖縄知事 死去-保守(自民党)対野党(自民党への抵抗勢力)の構造は、戦後続く構造ではあるが、最近の与野党を見ていると、与党擬きの野党が増えたような気がする。だが、沖縄県は、そういった思考で見れば間違いを起こす感がする。戦後の日本は、有形無形の米国から援助を受け急速な成長・変化を遂げたが(勿論日本人の自助努力を否定するものではないが)、米国の日本駐留軍は沖縄県に歪に偏っているのは特異な現実にある。これが、日本と米国の戦略上の合意であるならば、戦前・戦後も沖縄の犠牲に立っての国政があると言っても過言ではない。沖縄県は、単純に保守・革新で選別されるものではない。県民が大同団結して、理不尽な国政に対決せねばならないと思っている。翁長知事の死去によって、沖縄県民の心が折れないように願いたい。

長崎 きょう被爆73年-きょうも、トップの白々しい紋切型のお言葉を、新聞報道等で拝見することになるのか。被爆国日本が、核禁止条約に参加しない意図が「衣の下の鎧」でスケスケの感がする。

その他-晴れの日が何日も続いているので、ネットで当地方のダムの貯水量を調べたが、渇水の心配は今のところないようである。良かった。

予定-農協(道の駅)と鮮魚専門店への買物・読書・午睡・散歩。

食事-朝食⇒海苔巻き(秋刀魚)、沢庵、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・エノキ・青紫蘇)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、八女茶、白湯。昼食⇒ご飯、刺身(鯖)、野菜炒め(ベーコン・キャベツ・ピーマン)、ソーメンと胡麻だれ、トマト、カステラ切れはし3枚、八女茶。夕食⇒八女茶、白湯。※朝食の海苔巻きに、焼き秋刀魚を巻いたが塩辛かった。血圧に影響するかな。昼食に鯖の刺身がでたが、厚身で脂も乗りしかも歯ざわりコリコリで美味かった。鮮魚専門店でないと味わえないな。

1日-きょうも買物アッシーしながら「小説集成(ポーツマスの旗)吉村昭著」を読んでいた。午後も気が向けば本を読み(いよいよポーツマスの旗も佳境に入って来る)、眠くなれば昼寝をして、ニュース、高校野球を見ていると夕方になる。野菜に水遣りしてからいつものコースを散歩する。猛暑が続いてはいるが、立秋が過ぎて虫のこえをもボチボチ聴こえるようになった。帰宅後シャワーを浴びてすっきりするのパターンで終わる。