ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2018年7月31日 (火)

日々坦々

朝一番-室温29℃、菜園をパスして早々に部屋に戻る。新聞一面は「諫早関門命令」「陸上イージス4664億円」「官邸官僚が政策」である。外を見ると快晴である。今夜は火星が最接近する。

諫早関門命令「無力化」-俯瞰すれば、徳川時代も農民・漁民の対立と農民・漁民の協力もあった。現在は、政治家と建設業者の動き方で、農民・漁民の混乱が起こっている。何故、豊穣な土地を造成すると言う大義?のために、豊饒な有明海の自然を壊さねばならなかったのか。裁判所は政府の政策の尻拭いで唸っているだろうが、所詮、司法権の独立と言っても、国家権力(政府)に人事権で首根っこを抑えられているからな~。

陸上イージス4664億円-米国の言いなりの価格で購入するのは、幕末、オランダから軍艦購入したのと一緒だ。値切りもしないのは国民の税金無駄遣いだ。ヒラメ政府の米国に対する忖度・斟酌か、依存する米国への配慮か。

官邸官僚が政策-総理大臣をトップに各省大臣が存在するが、官僚の台本に基づき政治家は演技しているだけか。どの大臣とは言わないが、自分たちに都合の悪いところは、注文を付け台本を変更させて演技しているのか。森友・加計問題、高プロ、カジノは典型的な例かな。

今日の予定-読書「小説集成(天狗争乱)吉村昭著」・家内送迎(歯科受診)・散歩・午睡。

食事-朝食⇒海苔巻き(金目鯛の干物)、床漬(胡瓜・人参)、トマト、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・白菜・青紫蘇)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、ヒレカツ3ピース、天然ハマチの塩焼き、サラダ(オクラ・鯖缶・人参・キャベツ・ナッツ・トマト)、床漬(胡瓜)、枝豆少々、ビスケット3枚、知覧茶。夕食⇒ぜんざいと小餅2個、知覧茶、白湯。※ハマチの塩焼きは,刺身用だったので、鮮度抜群骨がなく食べやすく美味かった。

1日-午前は、予定の本を読んでいた。メインは尊王攘夷の天狗党であるが、江戸時代続いた公家の日光東照宮への勅使派遣が如何に金まみれだったかが描写されている。天皇・公家は貧しかったからな。昨日散歩をさぼったので軽い散歩へ出かける。台風の余波で少し風があったが、お陰で軽い汗で済んだ。帰宅後いつものようにシャワーを浴びてすっきりする。午後も引き続き読む。途中午睡してから、家内の歯科受診送迎をする。帰宅後も引き続き(天狗争乱)を読む。岡っ引きもの時代小説作家と違って、この作家は、郷土史、歴史研究が凄く、重厚な小説であり読み応えがある。野菜への水遣りは必要ないだろう。