ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 図書館・買物 | メイン | 受診アッシー »

2018年6月 8日 (金)

日々坦々

朝一番-朝の務めがすんで新聞を取りにでる。曇っているが雨の気配はない。菜園の様子を見て部屋に戻り新聞を広げる。

辺野古埋め立て 国が方針 8月中旬にも土砂投入-政府は、なぜ沖縄県辺野古の埋め立てを急ぐのか。沖縄県民は、あの忌まわしい戦争で、本土決戦の前線基地的役割を背負わされ人命・家屋をなくし膨大な被害を受けたことは周知の事実である。巷ではアメリカのポチと揶揄される政府が、アメリカのご機嫌取りに一生懸命なのか。一部県民に少し飴をしゃぶらさせて、県民の心情を壊し、沖縄県民だけに負担を強いることは許されることではない。辺野古の海が汚染され環境破壊が進むことも人類にとっても大きな損失である。

浮いた残業代 賞与増で還元-労働者にとっては悪いことではないが、どういったルールで配分するのかが問題だろう。喜ぶ人と不満を持つ人が出るだろう。経営者は、労働者の鼻先に人参をぶらさげて操るから用心にこしたことはない。

南海トラフ被害 1240兆円-途方もない推定額だな。今後30年以内に70~80%の確率で大地震が来るとのことであるが、西暦何年何月何日に必ず来ると予知する科学力があれば、政府も国民も対策も立てるかも知れないが、これは難しい。30年以内とは今日・明日も入るでよ。自然災害は対策で防げるかな?「狼が来るぞ」の類だな。

川柳-昨日の5歳の子ども死亡記事が取り上げられていたが、せつない思い、悲しみを感じた人が沢山いたことを川柳で思った。政府は、児童虐待に対して厳しい対策を緊急に講じる必要があるのではないか。

今日の予定-特になし

食事-朝食⇒海苔巻き(白菜漬)、煮付(大ぶりの鰯2尾)、味噌汁(高野豆腐・おから・あげ・葱・わかめ・セロリ・エリンギ・青紫蘇)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、豚しゃぶ(生姜)、サラダ(玉ねぎドレッシング・キャベツ・胡瓜・セロリ・トマト)、床漬(胡瓜・人参)、知覧茶。夕食⇒アンパン1個、知覧茶、白湯。

1日-午前中は、散歩と借りてきた本を読んで終わる。蒸し暑く梅雨らしい空模様の中を少し多めに歩く。いつものように、川鵜とアオサギが獲物を取るのに余念がない。歩く人も少なかったが、よく見かける鳩に餌をやる人は、自転車に乘ったままでパンくずらしきものをやっていた。汗をかいたので帰宅後早々にシャワーを浴びてすっきりする。午後は、断続的に本を読みながら、パソコン入力文書の整理をする。いつもの午睡をたっぷりすると夕方である。今日もすっきりしない天気だった。家内が、てんとばえの青紫蘇の葉を摘んでいる。明日の味噌汁などに利用するのだろう。向かいの人に青紫蘇をあげたら作りたてのパンを頂いたので、ご相伴にあずかったがアンパンが美味かった。これではまるでわらしべ長者のスタートのようである。

ジャガイモの葉が枯れていたので家内が掘ったらしい。1個の種芋からこれだけ採れた。記録に撮っておく。

Dsc_0006

Dsc_0007