ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 花粉症真っ只中 | メイン | 日々坦々 »

2018年5月12日 (土)

家内の受診

朝一番-朝の準備して新聞を取りにでる。菜園を見て部屋に戻り新聞を広げる。

マンション修繕費 目安公表-トラブル防止らしいが、今迄の人生でマンション住まいの経験がないので関心が無い。国土交通省が行ったらしいが、国や自治体の公共事業の見積もりは甘いと思っているので、目安も業者寄りにならないかと心配はしている。

愛媛知事、柳瀬氏の名刺公開「職員が面会し交換」-内閣に人事と言う首根っこを押さえられた官僚の体たらく振りを見せられる。だが、一般国民の不信・不評は、権力の中枢に生き残るためにはやむを得ないか。

財務相に森友交渉記録「廃棄した」一転国会提出へ-昨年の国会での佐川さんの堂々と白を切る答弁と今回の整合性、如何に官僚が駄目になったかは柳瀬氏と同類かな。大学も首根っこを抑えている政治家(内閣)と違って、両氏とも我が国トップの大学、東大卒の優秀な官僚と思われるが。

※今回借りてきた本「官僚がバカになったから日本は没落したのか 原山擁平著」があった。パラパラ捲ると、以前借りて読んだ6年ほど前に発行された本である。年寄りの頭は、官僚のように本音と建前で記憶にないとは言わないので、読んだ記憶はかすかに残っているが、内容は全く記憶にない。本を捲ってみると、最後に「頭の良い人達が、極めて馬鹿なことをしている」と記されていた。なるほど、この言葉に当てはまる官僚は今でも多々いるようである。

朝日川柳-「真相をバーベキューの煙に巻き」は圧巻だね。別荘でどんな協議があったのか想像させられるな。

予定-家内受診アッシーと買物、読書、午睡、散歩、風呂と云ったところか。

家内の受診-クリニックの駐車場が若干不便なので、3週間ぶりの受診アッシーをする。何処のクリニックもスタッフを抱え、新型検査機器の償却、人件費等で医療経営で苦労しているのだろう。10年以上病状が固定、実態的に症状に変化はないと思われるのに、親切にも2週間に1回の診察をきっちりしてくれるうえに、死ぬまで服用するように指示されているそうである。今回は、連休だったのと学会出席で1週間しぶしぶ延ばしてくれたらしい。診察内容は、似たり寄ったりで、血圧測定は看護師が行い、問診1分~2分で終わるそうである。受付た患者が、家内の前に24人いたらしいが、家内が車に戻って来たのは40分も経っていなかった(この間ワンパターンの読書)。1人の患者の問診等で1時間もかかれば金にはならないだろうが、2分弱で投薬含めて1000円前後、計算して1時間20万円以上になるか(その内高齢者は1割負担)。1年間の粗収入は大きな額になるな。関係ないか。家内は、更なる投薬追加原因を作らないために、昨日夜から絶食して血液検査に臨み終わった(反医師会の医者による検査事前に食べなければ数値が下がるを信じて)。我慢していた大好物のシュクリームを所望されたので、郊外の大型店舗のテナント店に買いに行った。お陰で昼食時間も早くなったし、久しぶりに家内の食欲の凄さを見せて貰った。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚)、昨日塩焼き残り、白菜漬少々、沢庵、味噌汁(豆腐・あげ・葱・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯(投薬用)。間食⇒おはぎ1個、柏餅1個、知覧茶。昼食⇒焼き飯(牛肉・玉葱・玉子・人参・ほうれん草)、コーンクリームシチュー(ハウス食品製品+サンチェ・ミニトマト)、キムチ、知覧茶。間食⇒柏餅1個、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。※手作りの店の和菓子を午前も午後も間食で食す。最近甘いものをよく食べる。

1日-温度も上がり暑い1日であった。予定通りの行動を無事に終了する。散歩から帰宅して、大きく育てよと野菜に水を差し上げる。陽が沈んだ。借りてきた本でも読むか。