ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 受診あれこれ② | メイン | 受診あれこれ④ »

2018年5月17日 (木)

受診あれこれ③

朝一番-いつもの準備がすんで新聞を取りにでる。曇り空であるが蒸し暑い。菜園に回り収穫した玉葱エリアの様子を見て、部屋に戻り新聞を広げる。

候補者男女均等法が成立 全選挙が対象 政党に目標促す-良いことだと思う。男女の割合はほぼ5分5分なのに、議員数は国も地方も圧倒的に男社会であり、国会でも地方議会でも男性議員からの女性差別発言を度々耳にする。大臣も女性が半数がなるようなれば、セクハラ罪はないとおしゃった大臣もいないだろうが、国会も変わるだろう。

福岡空港運営 地場企業へ-来春民営化されるそうであるが、昔から武士の商法ではないが、国や地方が経営する公営企業は親方日の丸式で赤字の垂れ流しの傾向がある。民営化が望ましいが、そのことによって利用者の負担が増えることのないように注意する必要がある。

米、「核の一部 国外へ」要求 米朝交渉 駆け引き続く-北朝鮮の後ろ盾に中国がついたようなので、北朝鮮もいろいろ注文を付けるようになった。これから先の米朝会談は不透明さを増しそうだ。

朝日川柳-「ごり押し」と「はぐらかし」、両首脳にピッタリだな。

今日の予定-読書、午睡、散歩で著変なしか

受診あれこれ③-昨日手術のことを書いたが、この先生には3回お世話になった。1回目と2回目の手術の間に、職場の健康診断で要精密検査の連絡受けた時である。健康保険組合担当者から在宅中に電話があり、胃の検査を早急に受けてくれとのことであった。その頃は40代だったが、気分はグレーで、ひょっとしたら胃がんでこの世とおさらばかと嫌な予感がよぎった(当時は若かったのでこの世に物凄~い未練があった)。頼るは良性の腫瘍を摘出手術してくれたドクターしかいないと(本当はこの先生しか知らなかった)、この先生にあわをくって検査を依頼した。当時は、まだバリュウムでも通用したので、バリュウム飲んで胃透視して貰ったが、心配ないよの一言で終わった。心の黒い霧がスカット晴れた時は、人生がばら色になったことを今も思い出す。その後ず~っと先で、畑ムツゴロウさんの兄さんで開業していた先生に一度バリュウムで胃透視をして貰ったことがある。昔の先生で、メモ紙に「牛角胃・爆状胃・蝸牛状胃」と症状を手書きしてくれたのを今でも持っている。その頃は、呑み助、食い介の大食漢であったが、別に問題はなかったのであろう。それから24年経ったが、今まで胃カメラなどによる胃腸に関する検査は受けたことはない。老いて来ると、知らぬが仏、病は気からである。後は、あの世まで検査など受けずに行けるところまで逝く積りである(訂正⇒行く積りである)。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮・キムチ)、床漬(胡瓜)、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、玉子とじスープ(海老・サンチェ)、てんぷら(牛蒡・人参・葱・南瓜)、蕗煮、キムチ、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒ぜんざいと餅2個、知覧茶、白湯。※朝の味噌汁にたっぷり玉葱が入っていたが美味かった。昼は玉葱の葱部分を天ぷらで食すが甘くシャキシャキ感もナイスだった。オーガニックでないとこんなことは出来ない。

1日-午前中は、雑用といつもの散歩で終わる。暑かった汗びっしょり、シャワーを浴び気分が良くなる。午後はデジカメ写真の保存整理をしていたが、眠くなり午睡する。起きれば陽が強いが夕方が近づいている。陽が落ちれば野菜に水を差し上げるか。