ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 受診あれこれ③ | メイン | 鳴門金時(さつま芋) »

2018年5月18日 (金)

受診あれこれ④

朝一番-いつもの準備がすんで新聞を取りにでる。曇り空であるが蒸し暑い。菜園に回り収穫した玉葱エリアの様子を見て、部屋に戻り新聞を広げる。

元号公表 19年4月を想定-元号が変わるとなると、事前準備が大変だね。国も地方もうまく移行できるように努めてください。

違法な裁量労働 見抜けず-労基署は過労死の4年前に野村不動産の違法な裁量労働を見抜けなかったらしいが、「高度プロフェッショナル制度」もその可能性があるらしい。上手くいきますか。いずれにしろ、朝家族で食事し、陽が上る頃、弁当持って仕事に出かけ、陽が沈む頃には帰宅して一家団欒で食事をし、早寝・早起きする日々が普通だったが、働き方の変化の中で、人間の生活が壊される時代になったな。

米朝会談取り付けたCIA高官、「核の一部 国外へ」要求 米朝交渉 駆け引き続く-米朝会談に向けての下準備が大変だったんだ。中国の支援で、北朝鮮がぐずぐず言い出したが、核兵器の廃棄でまとまれば、世界の核廃絶への第一歩になるが。

朝日川柳-アメフトの監督と安倍総理がダブるのは意味深だ。

今日の予定-散歩、読書、午睡で著変なしか

受診あれこれ④-高血圧・不整脈(心房細動)で受診しているが、今のクリニックに転院して3年6カ月になる。現クリニックでは気分良く診察を受けている。できれば黄泉の国に行くまで受診して迎えが来たらポックリ行きたいものである。それ以前に、かかっていたクリニックは1年4カ月で止めた。なぜクリニックを止めたかと言うと、1.待合室で待つ患者が少ないのに長い時間待たされること(広い駐車場に車が少なかった)。2.診療室に呼び出すのに、マイクで院長が行うこと(恐怖感を与えるような声である)。3.血圧の測定すると深刻な顔で「高いですよ」と不安を与えること。4.やたら薬を増やそうとすること。5.やたら検査しようとすること等である。だからきっかけがあれば転院したいと思っていた。このクリニックを受診したのは、受診していた患者(知人)が良い先生だと言ったからである。剣道6段の偉丈夫な知人は昨年亡くなった。このドクターの治療のせいかどうかは関知しない。

相性が悪かったぐらいで、批判するつもはないが転院して良かった。健康日誌データを見ると、通院中に院長から自動血圧計で18回測定されているが、収縮期160-150前後、拡張期が100-90前後である。受診するとストレスから来る閃輝暗点が受診前後に度々起こっていた。現在の院長のところでは、聴診器で確認しながら手動血圧計で測定するが、収縮期130-120前後、拡張期が80-70前後である。この差は大きい。血圧測定で前のクリニックと相当開きがあるが、尋ねると心房細動の血圧測定は、自動血圧計での測定では数値が掴みにくいとのこと。閃輝暗点も心配ないの一言で殆んど出なくなった。「病は気から」であるが、良い先生に出会ってよかった。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・蕗煮・キムチ)、床漬(胡瓜)、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・玉葱・モヤシ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、煮付(イサキ)、サラダ(鯖缶・キャベツ・トマト・スナップエンドウ・黒酢)、焼き鳥(手羽中)、床漬(胡瓜)、白菜漬、知覧茶。夕食⇒笹団子3個、知覧茶、白湯。※イサキは旬、刺身でもよいのを煮付にしてくれたので反り返っていたが美味かった。夕食は、我慢していたところに、注文していた笹団子が届く。これ幸いと食す。3個ペロリ。

1日-午前中は、梅雨の前触れかどうか分からないが、鬱陶しい曇り空の下をいつもの散歩に出かける。風が強かったので我慢できたが、ジトジトすることには変わりはない。アオサギが流れの浅瀬で、静かな動作で辛抱強く獲物を狙っていた。花粉症で鼻水、涙目で我慢我慢で歩いて来た。午後は本を読んでいたが、娘からタイヤ交換を頼まれていたので販売店に行く。帰宅する時は雨が降り始めた。風呂に入りホッと一息つく。先ほど撮った胡瓜とトマト、これがあっという間に食卓に上るようになる。自然は凄い。

Dsc_0002_2

Dsc_0007