ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月21日 (月)

受診あれこれ⑥

朝一番-朝の準備後新聞を取りにでる。菜園に回り、植えた鳴門金時の二日目の様子を見る。苗は地面に寝そべっているが、一休さんの「慌てない慌てない」である。部屋に戻り新聞を広げる。

是枝監督 カンヌ最高賞-「万引き家族」が受賞したらしい。東京の表舞台は、乱立する高層ビル、縦横無尽の高速道路・地下鉄、最高のファッション・グルメ、芸能・演劇等々、見るもの聞くものすべてが一見華やかである。だがこれらと無関係な貧困国民が多数いることを忘れがちであるが、ここの部分にスポットをあてた映画ではないだろうか。日本の一部の特権階級(勝ち組・富者)が華やかな日本を享受する陰には多数の低所得者がもがき苦しみながら日々の生活を営んでいることも事実である。メディアも政治もそこにあまり触れないが、底辺の人たちの生活を描いて、観客に感じてもらいたい思ったのではないかな~ おめでとうございます。

加計「疑惑晴れず」83%-朝日新聞の世論調査だが当然の数値と思う。自民党の支持者ですら76%がそう思っているらしい。国民もしっかり政権をみているが、野党が雨後の筍状態では、とってかわる政権はないと見ているだろうし、不満はあるがこの政権に任せるしかないと思っているのではないか。

米からの輸入増 中国合意-通商協議摩擦鎮静化の方向とあるが、両国とも一筋縄ではいかない。一応お互いが間合いをとったが、まだまだ火種は残り、くすぶり、また燃え上がるのではないか。中国の対米輸出黒字がざっと40兆円では、米国も振り上げた拳をそう簡単には握手に変えないだろう。

受診あれこれ⑥-クリニックの隣にある薬局を「門前薬局」と言うらしいが、医薬分業する制度を更に発展させて、今度はかかりつけ薬局を利用しなさいと言っている。次から次へと制度を弄り回す厚労省であるが、クライエントの要望・意見などは眼中になく、膨れ上がる医療費を如何に節減するかあの手こ手である。本音のところは、新制度を利用すればメリットがあるよと言って宣伝に努めているだけではないか。爺さんだから言うが、昔はよかった。医院内の薬局で薬袋を貰う時はコミュニケーションがあった。看護師と薬剤師が傍におるのだから何でも相談できた。今は、投薬費も医薬分業で上がったし、雨が降れば傘をさして隣の薬局まで行かねばならない。窓口に行けば、直ぐお薬手帳と言い、薬剤師かな?投薬数量をチェックして薬をくれ、事務員に金を払い会話は殆んど皆無である。今更相談することもないが、まさに流れ作業である。

今日の予定-買物、散歩、読書、午睡(昨日はしたな)予定。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚)、床漬(胡瓜)、餃子、味噌汁(豆腐・オカラ・あげ・葱・韮・エリンギ・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、天然鮭1切れ、和牛ヒレステーキ、サラダ(キャベツ・青じそ・サンチェ・ブロッコリー・トマト・ちくわ・玉葱ドレシング)、床漬(胡瓜)、ビスケット類、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。 ※ 昼の食事はちょっと贅沢した感じである。酒を飲まないからいいか。

1日-午前中は家内の塾送りの後、いつものコースを多めに散歩する。風は少し強めであったが、天気は良いし絶好の散歩日和で、腰の少々の痛みをものともせず気持ちよく散歩した。帰宅後迎えに行きスーパーマーケットでの買物アッシーする。午後は、「日本の敵 宮家邦彦著」を読むも理屈っぽい本である(前にも1回借りた記憶があるが、内容の記憶は皆無に近い)。破損しかかった老いた脳は理解力に乏しい。食後だったので20分ほど椅子に座ったまま眠りこけてしまった。一時ネットを見て断続的に本を読み、また20分程眠ってしまった。岡っ引きものと違って面白くない本である。起きて風呂に入る。芋など一昨日植えた野菜を中心に水やりして終わる。

2018年5月20日 (日)

受診あれこれ⑤

朝一番-いつもの朝のお勤めをして新聞を取りにでる。お勤めと言っても、ネットを立ち上げ、テーブルを拭き、ポットで水を沸かし、お茶を入れるなど行為で、宗教的行為は一切ない。一回こっきりの人生を生かされていることは、先祖に感謝はしているが、宗教家の行為については、歴史を見ると首をかしげたくなることが多々あるからである。時の権力と結びつき歴史を重ねてきた寺院・仏閣の広大な屋敷が国内に多数みられるが(特に京都は凄い)、時代小説を読み、歴史を少しかじると人間が作り出した宗教が如何に如何わしいものであるかと思わざるを得ない。

余談はさておき、快晴!薫風の5月に戻ったようで涼しく感じる。菜園に回り、昨日植えたしょぼくれた芋の苗を見る。術後の人間も、数週間すると復活するが、芋の苗もその内元気になり、新芽が出て来るだろうと楽観している。部屋に戻り新聞を広げる。

大学教員 半数が非常勤-大学の教員も大変だね。研究に励み成果を上げないと、常勤として継続勤務が出来ないのか。厳しいな。

公証人民間登用4人だけ-裁判官・検事には再就職先として十分に配慮されているが、民間人に渡せないと言ったところか。公証人になるルールも役人に都合の良いように作られているらしい。こういうのをお手盛りと言うのかな。

日大監督辞任へ-日大のナンバー2と言われる人らしいが、監督は辞めても大学の理事は辞める気はないらしい。整合性は?。日大の一時期アメフト黄金時代を築いた篠竹幹夫監督の忠実な弟子であったらしい。低迷期が続き、内田監督になって復活してきたらしいが、厳しい指導がこういった問題を引き起こしたのだろう。これも暴走行為と言えなくはない。

受診あれこれ⑤-35日に1回の受診に向けて、日々、体重と朝晩の血圧測定を行っている。最近気温が上がったせいか、血圧は、安定した数値になっている。ただ、心房細動があるので、何回か測定すると収縮期も拡張期も相当バラバラであり、心拍数も然りである(正常者はバラツキがあっても大したことはないだろうが)。測定数値を眺めて一喜一憂していた頃もあったが、慣れたので気にならなくなった。今朝も5時に測定したが、1回目131/78-53、2回目121/79-59と出て、不整脈のハートマークがしっかり記されていたが全くに気にならない。心房細動はこんなもの、老化現象なんだから、そのためにワーファリン2.5錠服用して脳梗塞を予防しているのだから。後はドリス・デイのケセラセラ。そう言えば、女優の星由里子さんが、心房細動と肺がんが死因で亡くなっていた。写真で見ると美しい女優だったのだな。この人の映画は見た記憶がないので何とも言いようがないが、心房細動に共通点がある。ご冥福を祈ります。

今日の予定-買物、散歩、読書、午睡(一昨日もしなかったな)。

食事-朝食⇒海苔巻き(イサキ)、床漬(胡瓜)、白菜漬、キムチ少々、味噌汁(豆腐・あげ・葱・モヤシ・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。間食⇒ささだんご2こ、知覧茶。昼食⇒ご飯、手作り餃子、サラダ(大豆・春雨・スナップエンドウ・キャベツ・トマト・青じそ・黒酢)、床漬(胡瓜)、沢庵1切れ、知覧茶。夕食⇒ぜんざい(餅2個)、知覧茶、白湯。 ※自家製の餃子はあっさり味で良かった。

1日-午前中は、農協産直「道の駅」へ買物に行く。家内は、スパーの半額でキャベツ・白菜があったと喜んでいた。帰宅後、いつもの川辺の散歩に出かける。近くにある小学校の運動会は賑やかで、日頃それほど人のいない校庭も、テントが乱立して人が群れていた。午後は時代小説の「同心」ものを断続的に読み、午睡、起きて風呂に入るいつものパターン、夕方雲が出てきたが、日中は絶好の天気で青空が広がっていた。今日のサツキと青空を撮る。

Dsc_0003

Dsc_0005

Dsc_0014

Dsc_0018

2018年5月19日 (土)

鳴門金時(さつま芋)

朝一番-起きると寝たがえたのか右頸椎が痛い。時々起きるがこれは不快現象で、朝から気分が良くない。老化で日頃から動作が緩慢になっているが、こうなると一段と遅くなる。朝の準備がすんで新聞を取りにでる。曇り空であるが少しひんやりする。菜園に回り昨日撮った胡瓜を見るも1日では変化はない。部屋に戻り新聞を広げる。

カジノ法案成立へ加速-若い頃にパチンコにのぼせたことがあったが、時代小説の博打と一緒で八百長に嵌ったようなものに気がつき断パチに至った。ネット情報でパチンコの「遠隔操作」があるが、賭け事は、お釈迦様の手のひらの上を走り回る孫悟空のようなもので、結局はむしり取られるのである。粋がって自分の金で楽しむのは本人の自由・勝手であるが、家族・親族・他人に迷惑・被害を与えるようなギャンブルは如何なものかと思う。政治がこういったことを、森友・加計ではないが、急ぐには別の事情もあるのだろう。

非核化交渉へ譲歩演出-トランプ大統領は、事業家出身らしく駆け引きの才能は凄い。「非核化」という主題であの手こ手であるが、平凡な人類の一員だからどんな決着になるのか予測はつかない。最悪の衝突・紛争に繋がることなく、「非核化」の道が一歩でも二歩でも進むことを願う。

藤井 最年少七段-子ども頃、弟と将棋をして喧嘩になり親父から盤も駒も投げ捨てられた記憶が残っている。それ以来、将棋には興味がないが、藤井棋士が活躍されていることはメディア報道で知っている。日本将棋連盟七段昇任記録を61年ぶりに塗り替えたとあるが、凄い!の一言に尽きる。これからも記録を塗り替えてください。期待してます。

米高校で乱射 8人死亡-銃の保有をトップが容認しているし、規制する考えは毛頭ないようである。野放しの銃砲による被害は、米国内のあちこちで起こるのは至極当然のことかも知れない。刀狩りの歴史のある日本に生まれて良かった。

朝日川柳-「おだてりゃ木にのぼる」猿も落ちることがあるが、立派な方でも落ちることもあるよ。

今日の予定-鳴門金時の苗買い、散歩、読書、午睡(昨日はしなかったな)。

食事-朝食⇒海苔巻き(イサキ)、床漬(胡瓜)、白菜漬、キムチ少々、味噌汁(豆腐・あげ・葱・モヤシ・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒雑炊(玉子・韮・竹輪)、豚ヒレとジャガイモ、床漬(胡瓜)、ビスケットとチョコクッキー、丸ボウロ1個、知覧茶。夕食⇒ロールケーキ大2切れ、知覧茶、白湯。 ※このケーキ屋は客がひっきりなしに来る人気店である。甘ったるくないので年寄り向きかな。

1日-午前中は、さつま芋の苗を植えるために菜園とその周辺の整備を始める。雑草などを抜いたり切ったりするので、立ったり座ったりしゃがんだりで腰が痛くなった。休憩を兼ねていつもの散歩に出る。風が少し冷たく、5月の気温に戻ったようであるが、ちょっと涼しく感じ歩きやすかった。午後は、集まったごみを生ごみと一緒に菜園に埋め戻し整備する。整備が済んで、いつもの種物店に行き「鳴門金時」の苗30本買って来て植え、水をたっぷりかける。上手く育てばいいが、期待してま~す。これで1日は終わったが、今日も昼寝する暇がなかったな~ 

整地した菜園と鳴門金時を植えた記録

Dsc_0002

Dsc_0020

2018年5月18日 (金)

受診あれこれ④

朝一番-いつもの準備がすんで新聞を取りにでる。曇り空であるが蒸し暑い。菜園に回り収穫した玉葱エリアの様子を見て、部屋に戻り新聞を広げる。

元号公表 19年4月を想定-元号が変わるとなると、事前準備が大変だね。国も地方もうまく移行できるように努めてください。

違法な裁量労働 見抜けず-労基署は過労死の4年前に野村不動産の違法な裁量労働を見抜けなかったらしいが、「高度プロフェッショナル制度」もその可能性があるらしい。上手くいきますか。いずれにしろ、朝家族で食事し、陽が上る頃、弁当持って仕事に出かけ、陽が沈む頃には帰宅して一家団欒で食事をし、早寝・早起きする日々が普通だったが、働き方の変化の中で、人間の生活が壊される時代になったな。

米朝会談取り付けたCIA高官、「核の一部 国外へ」要求 米朝交渉 駆け引き続く-米朝会談に向けての下準備が大変だったんだ。中国の支援で、北朝鮮がぐずぐず言い出したが、核兵器の廃棄でまとまれば、世界の核廃絶への第一歩になるが。

朝日川柳-アメフトの監督と安倍総理がダブるのは意味深だ。

今日の予定-散歩、読書、午睡で著変なしか

受診あれこれ④-高血圧・不整脈(心房細動)で受診しているが、今のクリニックに転院して3年6カ月になる。現クリニックでは気分良く診察を受けている。できれば黄泉の国に行くまで受診して迎えが来たらポックリ行きたいものである。それ以前に、かかっていたクリニックは1年4カ月で止めた。なぜクリニックを止めたかと言うと、1.待合室で待つ患者が少ないのに長い時間待たされること(広い駐車場に車が少なかった)。2.診療室に呼び出すのに、マイクで院長が行うこと(恐怖感を与えるような声である)。3.血圧の測定すると深刻な顔で「高いですよ」と不安を与えること。4.やたら薬を増やそうとすること。5.やたら検査しようとすること等である。だからきっかけがあれば転院したいと思っていた。このクリニックを受診したのは、受診していた患者(知人)が良い先生だと言ったからである。剣道6段の偉丈夫な知人は昨年亡くなった。このドクターの治療のせいかどうかは関知しない。

相性が悪かったぐらいで、批判するつもはないが転院して良かった。健康日誌データを見ると、通院中に院長から自動血圧計で18回測定されているが、収縮期160-150前後、拡張期が100-90前後である。受診するとストレスから来る閃輝暗点が受診前後に度々起こっていた。現在の院長のところでは、聴診器で確認しながら手動血圧計で測定するが、収縮期130-120前後、拡張期が80-70前後である。この差は大きい。血圧測定で前のクリニックと相当開きがあるが、尋ねると心房細動の血圧測定は、自動血圧計での測定では数値が掴みにくいとのこと。閃輝暗点も心配ないの一言で殆んど出なくなった。「病は気から」であるが、良い先生に出会ってよかった。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・蕗煮・キムチ)、床漬(胡瓜)、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・玉葱・モヤシ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、煮付(イサキ)、サラダ(鯖缶・キャベツ・トマト・スナップエンドウ・黒酢)、焼き鳥(手羽中)、床漬(胡瓜)、白菜漬、知覧茶。夕食⇒笹団子3個、知覧茶、白湯。※イサキは旬、刺身でもよいのを煮付にしてくれたので反り返っていたが美味かった。夕食は、我慢していたところに、注文していた笹団子が届く。これ幸いと食す。3個ペロリ。

1日-午前中は、梅雨の前触れかどうか分からないが、鬱陶しい曇り空の下をいつもの散歩に出かける。風が強かったので我慢できたが、ジトジトすることには変わりはない。アオサギが流れの浅瀬で、静かな動作で辛抱強く獲物を狙っていた。花粉症で鼻水、涙目で我慢我慢で歩いて来た。午後は本を読んでいたが、娘からタイヤ交換を頼まれていたので販売店に行く。帰宅する時は雨が降り始めた。風呂に入りホッと一息つく。先ほど撮った胡瓜とトマト、これがあっという間に食卓に上るようになる。自然は凄い。

Dsc_0002_2

Dsc_0007

2018年5月17日 (木)

受診あれこれ③

朝一番-いつもの準備がすんで新聞を取りにでる。曇り空であるが蒸し暑い。菜園に回り収穫した玉葱エリアの様子を見て、部屋に戻り新聞を広げる。

候補者男女均等法が成立 全選挙が対象 政党に目標促す-良いことだと思う。男女の割合はほぼ5分5分なのに、議員数は国も地方も圧倒的に男社会であり、国会でも地方議会でも男性議員からの女性差別発言を度々耳にする。大臣も女性が半数がなるようなれば、セクハラ罪はないとおしゃった大臣もいないだろうが、国会も変わるだろう。

福岡空港運営 地場企業へ-来春民営化されるそうであるが、昔から武士の商法ではないが、国や地方が経営する公営企業は親方日の丸式で赤字の垂れ流しの傾向がある。民営化が望ましいが、そのことによって利用者の負担が増えることのないように注意する必要がある。

米、「核の一部 国外へ」要求 米朝交渉 駆け引き続く-北朝鮮の後ろ盾に中国がついたようなので、北朝鮮もいろいろ注文を付けるようになった。これから先の米朝会談は不透明さを増しそうだ。

朝日川柳-「ごり押し」と「はぐらかし」、両首脳にピッタリだな。

今日の予定-読書、午睡、散歩で著変なしか

受診あれこれ③-昨日手術のことを書いたが、この先生には3回お世話になった。1回目と2回目の手術の間に、職場の健康診断で要精密検査の連絡受けた時である。健康保険組合担当者から在宅中に電話があり、胃の検査を早急に受けてくれとのことであった。その頃は40代だったが、気分はグレーで、ひょっとしたら胃がんでこの世とおさらばかと嫌な予感がよぎった(当時は若かったのでこの世に物凄~い未練があった)。頼るは良性の腫瘍を摘出手術してくれたドクターしかいないと(本当はこの先生しか知らなかった)、この先生にあわをくって検査を依頼した。当時は、まだバリュウムでも通用したので、バリュウム飲んで胃透視して貰ったが、心配ないよの一言で終わった。心の黒い霧がスカット晴れた時は、人生がばら色になったことを今も思い出す。その後ず~っと先で、畑ムツゴロウさんの兄さんで開業していた先生に一度バリュウムで胃透視をして貰ったことがある。昔の先生で、メモ紙に「牛角胃・爆状胃・蝸牛状胃」と症状を手書きしてくれたのを今でも持っている。その頃は、呑み助、食い介の大食漢であったが、別に問題はなかったのであろう。それから24年経ったが、今まで胃カメラなどによる胃腸に関する検査は受けたことはない。老いて来ると、知らぬが仏、病は気からである。後は、あの世まで検査など受けずに行けるところまで逝く積りである(訂正⇒行く積りである)。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮・キムチ)、床漬(胡瓜)、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、玉子とじスープ(海老・サンチェ)、てんぷら(牛蒡・人参・葱・南瓜)、蕗煮、キムチ、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒ぜんざいと餅2個、知覧茶、白湯。※朝の味噌汁にたっぷり玉葱が入っていたが美味かった。昼は玉葱の葱部分を天ぷらで食すが甘くシャキシャキ感もナイスだった。オーガニックでないとこんなことは出来ない。

1日-午前中は、雑用といつもの散歩で終わる。暑かった汗びっしょり、シャワーを浴び気分が良くなる。午後はデジカメ写真の保存整理をしていたが、眠くなり午睡する。起きれば陽が強いが夕方が近づいている。陽が落ちれば野菜に水を差し上げるか。

2018年5月16日 (水)

受診あれこれ②

朝一番-朝の務めを果たし新聞を取りにでる。曇っている。菜園に回り野菜の様子をみて部屋に戻り新聞を広げる。

農政局職員、入札情報を漏洩-規律が弛んでいるのは、上が上なら下も下かと言いたいが、国家・地方合わせて数百万人はいるであろう公務員が、すべて国民に対する奉仕者であり得ない。メディア報道を賑わすように、今も昔もいろんな公務員の不祥事は後を断たない。今回の場合は、同じ釜の飯を食った上司の天下りに配慮したのかな。トップの特別職の公務員が、お手本を示すのだから仕方がないか。国民はどうすりゃいいんだ。

女児 殺害関与説明 新潟容疑者「証拠隠滅で遺棄」-人間もいろいろは当然ではあるが、大人が無抵抗な小学生を殺すなどは論外である。いろいろ弁明しているようだが、証拠隠滅の行為は許されない。

ガザで消えた8カ月の命-ガザでデモに参加した母が抱いていた赤ちゃんが亡くなった。トランプ大統領の政治は即興劇のようであるが、一方的に大使館を移し混乱を引き起こしている。中間選挙のために世界中に混乱をまき散らすとは。アメリカンファーストでなくトランプファーストか。

予定-読書、午睡、散歩の定番。

受診あれこれ②-最近「検診病 松本光正著」の文庫本を斜め読みした。副タイトルが「検診病に負けるな!」である。検診と言えば、何故かデータが30歳の頃からある。当時は手帳に記録していたのであろうが、パソコンを利用する時代に入力して保存したので残っている。保存データを見ると、この50年近くの間に、検査結果で見た最も悪い数値は、・体重78kg・血圧180/110・コレステロール251・中性脂肪297・GPT71・GOT47・ɤGPT69だった。これが最悪の数値であるが、この世とおさらばすることはなかった。受診の際などで延べ60回以上検診・医療検査を受けたが、検診・検査という受験勉強のお陰で自己をコントロール出来たし、この数値以外はほぼ正常値であった。現疾病以外でも投薬をされることもなかった。現在は、主治医から高血圧症と心房細動と診断され止むを得ず投薬を受けているが、今も介護保険の世話にならず健康寿命を維持している。検診病に負けて病気のなるのは、この世に未練を持ち過ぎ、一喜一憂しすぎるせいかな。人の命は頑張っても100年、この歳になるとケセラセラである。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮・キムチ)、煮付(甘鯛)、床漬(胡瓜)、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・モヤシ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、沖縄モズク、吸物(甘鯛・葱)<刺身(蛸)、肉じゃが(牛肉・ジャガイモ・玉葱・スナップエンドウ・パプリカ)、キムチ、床漬(胡瓜)、バナナ1本、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。※地元産の蛸刺し美味かったな。

1日-午前中はいつものコースの散歩を多めに歩いて終わる。散歩中も、花粉症でくしゃみ、涙目、目の痒み、鼻水が続いている。我慢しているがちょっと辛いな。午後は「晩成の郷」の楠剪定ビフォアーを撮りに行く。帰宅後、玉葱を収穫しデジカメに撮る。立派にできたようである。干して保存を予定している。夏日の温度になったのでエアコンを入れたが快適である。花粉症に少しは効果があるといいが。

楠のビフォアーと収穫した玉葱

Dsc_0001

Dsc_0002

Dsc_0026

Dsc_0032

2018年5月15日 (火)

受診あれこれ①

朝一番-朝の準備をして新聞を取りにでる。晴れている。菜園をチラリと見て部屋に戻り新聞を広げる。

近所の23歳男逮捕-無抵抗な児童が、突然通り魔的な異常な男に殺された今回の事件、思い起こすと怒りと腹立たしさで胸が煮えくり変える気持ちである。辛かっただろうな。ご冥福をお祈り申し上げます。警察の懸命の捜査活動で早期に逮捕され、二次三次の犯罪防止に繋がりよかった。周辺の住民、小さな子を持つ家族も一安心である。こんな事件は起こって欲しくない。

米大使館 エルサレム移転 抗議デモ銃撃 52人死亡-トランプ大統領が、米大使館を一方的にエルサレムに移転する行為が、混乱・騒動の原因である。アメリカンファーストも、自分の中間選挙への思惑らしいが酷いことをする。我国が、他国と共にテルアビブに大使館を置いていることは、ともすれば、米国追随傾向からすれば立派な姿勢である。これは、我が国のテロ防止に繋がる一面があるのではないか。

加計側と面会「問題ない」 首相、柳瀬氏を擁護-指示した証拠はあがっていないが、トップのご意向は間違いないだろう。ヒラメ官僚が、忖度・斟酌して、お友達の加計学園獣医学部が無事に船出したのだから、当然トップは「愛いやつ」で擁護するだろう。森友・加計問題は、文書改ざん、税の使途について国民の不信感を増幅したことは否めない。だが、内政、外交等で山積する問題が、埋没、愚かにされては、国民は枝や葉っぱを見せられ騒いでいるだけになる。

沖縄 きょう復帰46年-沖縄県は、国土面積の0.6%なのに、日本国内の米軍専用施設が7割占めているそうである。復帰46年、この間米軍関連のトラブル、被害は数知れずあっている。政府は、なぜ沖縄に対する対策が悪いのか理解が出来ない。沖縄県民と同じ目線で行政が出来ないのか。米軍基地の国内分散が必要なら、同じ国民として受忍する覚悟はある。

予定-買物、読書、午睡、散歩の定番。

受診あれこれ①-傘寿が近い今迄の人生の中で手術は2回した。一回目は、30代太り気味だったので、ぜい肉落としのために、若さに任せて急激な屈伸運動していたら左腰に瘤が出来た。心配になって当時の厚生年金病院へ受診したら、担当医も若かったが、あれこれ検査の結果、悪性か良性の腫瘍か判断がつかいないので切除しましょうと言いだした。医学的な知識はないので医者の意見に素直に従い手術したが、摘出後組織の検査をして良性と判定されたが傷跡は残った。若かったのでショックは受けなかったが、この歳になって思うことは、若い医師が、臨床経験を積むためにオペしたような気もする。

二回目は、40代の後半、勤務中に生汗と腹痛で職場放棄をせざるを得ない状況になり、1回目の手術をした担当医は、立派な外科・胃腸科医院を開業されていたが、昔の誼でここで診察を受けた。虫垂炎(盲腸)と診断され、数日後、応援の年金病院の医師と二人で摘出してくれた。肥えていたので、盲腸が背中の方に回っていて見つけ出すのに苦労したらしい。ないないと腹の中を相当かき回され、お陰で麻酔が切れて唸りだしたら、看護婦(今は看護師)が、手を握って励ましてくれたので嬉しくて痛みが和らいだことが鮮明な記憶で残っている。優しそうな看護婦さんだったな~。それでも酷い手術だったので2週間ほど入院した。だから、親から頂いた大切な身体に2か所も傷をつけてしまった。これから先は、老化現象であちこち傷んでくるだろうが、基幹病院での検査漬けや手術はせず、痛みを薬で緩和して自然死を全うしたいと思っている。認知症にならなければ。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮)、キムチ、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・エリンギ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、刺身(カワハギと胆)、煮付(甘鯛)、サラダ(ウインナーソーセージ・キャベツ・スナップエンドウ・青じそ・玉ねぎドレッシング)、床漬(胡瓜)、バナナ1本、知覧茶。夕食⇒ぜんざい(餅2個)、知覧茶、白湯 ※鮮魚専門店のカワハギの胆和えは美味かったな~

1日-朝から気温が上昇したが、買物の後、いつもの散歩に出るもしっかり汗をかいた。暑い。午後は本を読んでいたが睡魔が襲い午睡する。花粉症真っ盛りで気分はあまりよくないが、眠るとクシャミ・鼻水・涙目・目の痒みはなくなる。よく寝たが起きて行動を始めると再び不快症状が発生する。速くこいこい自然治癒である。晴れて暑い1日だったが、野菜への水を差し上げ終わる。

2018年5月14日 (月)

日々坦々

朝一番-朝の準備をして新聞を取りにでる。快晴である。菜園に石灰(商品乾燥剤)をまいて部屋に戻り新聞を広げる。

睡眠不足は乗車禁止 トラック・バス 来月義務化-昨今、企業も労働組合も人間の取り扱いが粗末になっている。人類社会は、人があって成り立っているのは当然至極のことであるが、同じ人類が、営利のために多くの人に過酷な労働を強いている。本来、雇用する側と雇用される側には、労使関係のルールがあったが、時代の推移の中で、国内企業が世界企業化と金儲けがすべての時代になり、逆に労働組合が埋没して、正常な労使関係は吹っ飛んでしまった。国土交通省という行政機関が、立場上介入した感があるが、悪いことではない。企業も人のために存在するのだから、事故防止に万難を排すべきであり、労働組合も労働者を守る使命をしっかり持つべきである。

パリで刃物襲撃テロ IS系が犯行声明・インドネシアで自爆テロ-パリで刃物、インドネシアで自爆、差別・格差・貧困・宗教などが入り交じった世界は、テロが無くならない。日本では今のところ幸いなことにテロは起こっていないようであるが、政治・外交のあり方によっては、波及する可能性はないとも言えない。テロが頻発する国に対して追随する外交ではなく、主体性を持ったバランスの取れた外交を行うべきだろう。

トランプ氏の来日要請-米朝会談の情報を一刻でも早く知りたいのだろうが、拉致問題で良い情報が得られるといいね。北朝鮮は、米国追随の我国のトップに不快感を持っているようだが。

予定-アッシー、読書、午睡、散歩と云ったところか。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・人参葉の佃煮)、キムチ、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・エリンギ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、すき焼き(牛肉・糸蒟蒻・玉子・葱・白菜・豆腐)、床漬(胡瓜)、キムチ、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯 ※すき焼きは。娘の「母の日プレゼント(蔵王牛)」のご相伴にあづかった。牛の飼育に手間暇かけているのかな?贅沢させてもらった。

1日-朝から気温が上昇したが、アッシーの後、いつもの散歩に出る。しっかり汗をかいた。午後は野暮用で「晩成の郷」へ行く。丁度、造園業者が伐採した樹々を処分していたので、「晩成の郷」のそばの楠の大木剪定というか伐採をお願いしておいた。帰宅後風呂に入るも午睡をしなかったので、寝るのが早くなるだろう。暑い1日だった。

今朝のジャガイモの花とトマトを撮る。写真技術が向上しない。

Dsc_0001

Dsc_0010

2018年5月13日 (日)

日々坦々

朝一番-朝の準備して新聞を取りにでる。小雨が降っているが、今日は大雨になるらしい。菜園をサラッと見て部屋に戻り新聞を広げる。

改元後も「平成」一部使用-経済活動が一国だけすむ時代は、とっくの昔に終焉している。政府が検討する元号と西暦を併せ持って高齢化した国民、世界に羽ばたく企業に負担を強いるのは時代遅れではないかい。改元後も一部使用ということは、新元号を今後も役所・企業に使用すると言うことだろうが、国家、企業のすべての文書等は西暦に統一して、文化、芸能、過去に拘る人に新旧元号を自由に使って貰えばよいのではないかい。

原発比率30年に「20~22%」-政府の方針と違って、原発そのものを否定しているので、コメントのしようがないが、災害列島日本で、原発に固守する優秀な頭脳には付いて行けない。裏があるかな?

米の無人飛行機 壱岐で試験飛行-ガーディアン(守護者)のネーミングで、海洋調査や船舶識別をやっており、民生用使用となっているが、ミサイル搭載可能らしい。軍事用のネーミングは、「プレデター(捕食者)」らしいが、アーノルド・シュワルツェネッガーの映画でそんなタイトルの映画があった。未知の世界から来た生物に、人間が捕食される不気味な映画だった記憶がある。誰かさんではないが、メモも覚書もないので、記憶は当てにはならないが。

予定-読書、午睡、散歩と云ったところか。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・キムチ)、白菜漬、味噌汁(豆腐・あげ・葱・わかめ・エリンギ)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、アラのムニエルとブロッコリー、佃煮(人参葉・エリンギ・人参)、韮の玉子とじ、キムチ、白菜漬、駄菓子類、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒ぜんざい、知覧茶、白湯 ※相変わらず糖分のとり過ぎか。

1日-朝から、雨が本格的になる中、いつものコースを散歩した後、机の下に置く移動式のケースを買いにニトリへ行く。発展途上国で低賃金で作らせて大儲けしているうえ、価格の末端が税込みにやたら9と云う数字並ぶのが気に入らない。スタッフは、在庫の確認をスマホで対象商品を撮って何日に入りますである。トヨタ方式の模倣だかどうだか知らないが、たいした商品でもないのに在庫ぐらいできないのかと言いたい(スタッフに直接言った訳ではなく腹の中でぼやいただけである)。数日後に商品を取りに行き、老いた脳を使って組み立てをすることになる。60分ぐらいかかるとのご宣託であったが、年寄りだから倍はかかるだろう。金はないけど暇はある。組み立て不成功の時は、買った物がパーになるのか。スタッフに確認しておけばよかった。組み立て賃は1000円と言ったがこれに外税か、3Qカットと一緒だね。午後は、時代物の単行本を読んでいたが、グダグダ書かれているストリーに眠けがさしてダウンする。起きれば夕方である。雨も上がったようである。今日もこれにて一件落着と言ったところか。

今朝、家内が収穫した玉葱と韮を撮る。猫の額の菜園なので、少ししかとれないが家族で食べるのには十分で重宝している。

Dsc_0004

Dsc_0006

2018年5月12日 (土)

家内の受診

朝一番-朝の準備して新聞を取りにでる。菜園を見て部屋に戻り新聞を広げる。

マンション修繕費 目安公表-トラブル防止らしいが、今迄の人生でマンション住まいの経験がないので関心が無い。国土交通省が行ったらしいが、国や自治体の公共事業の見積もりは甘いと思っているので、目安も業者寄りにならないかと心配はしている。

愛媛知事、柳瀬氏の名刺公開「職員が面会し交換」-内閣に人事と言う首根っこを押さえられた官僚の体たらく振りを見せられる。だが、一般国民の不信・不評は、権力の中枢に生き残るためにはやむを得ないか。

財務相に森友交渉記録「廃棄した」一転国会提出へ-昨年の国会での佐川さんの堂々と白を切る答弁と今回の整合性、如何に官僚が駄目になったかは柳瀬氏と同類かな。大学も首根っこを抑えている政治家(内閣)と違って、両氏とも我が国トップの大学、東大卒の優秀な官僚と思われるが。

※今回借りてきた本「官僚がバカになったから日本は没落したのか 原山擁平著」があった。パラパラ捲ると、以前借りて読んだ6年ほど前に発行された本である。年寄りの頭は、官僚のように本音と建前で記憶にないとは言わないので、読んだ記憶はかすかに残っているが、内容は全く記憶にない。本を捲ってみると、最後に「頭の良い人達が、極めて馬鹿なことをしている」と記されていた。なるほど、この言葉に当てはまる官僚は今でも多々いるようである。

朝日川柳-「真相をバーベキューの煙に巻き」は圧巻だね。別荘でどんな協議があったのか想像させられるな。

予定-家内受診アッシーと買物、読書、午睡、散歩、風呂と云ったところか。

家内の受診-クリニックの駐車場が若干不便なので、3週間ぶりの受診アッシーをする。何処のクリニックもスタッフを抱え、新型検査機器の償却、人件費等で医療経営で苦労しているのだろう。10年以上病状が固定、実態的に症状に変化はないと思われるのに、親切にも2週間に1回の診察をきっちりしてくれるうえに、死ぬまで服用するように指示されているそうである。今回は、連休だったのと学会出席で1週間しぶしぶ延ばしてくれたらしい。診察内容は、似たり寄ったりで、血圧測定は看護師が行い、問診1分~2分で終わるそうである。受付た患者が、家内の前に24人いたらしいが、家内が車に戻って来たのは40分も経っていなかった(この間ワンパターンの読書)。1人の患者の問診等で1時間もかかれば金にはならないだろうが、2分弱で投薬含めて1000円前後、計算して1時間20万円以上になるか(その内高齢者は1割負担)。1年間の粗収入は大きな額になるな。関係ないか。家内は、更なる投薬追加原因を作らないために、昨日夜から絶食して血液検査に臨み終わった(反医師会の医者による検査事前に食べなければ数値が下がるを信じて)。我慢していた大好物のシュクリームを所望されたので、郊外の大型店舗のテナント店に買いに行った。お陰で昼食時間も早くなったし、久しぶりに家内の食欲の凄さを見せて貰った。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚)、昨日塩焼き残り、白菜漬少々、沢庵、味噌汁(豆腐・あげ・葱・玉葱)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯(投薬用)。間食⇒おはぎ1個、柏餅1個、知覧茶。昼食⇒焼き飯(牛肉・玉葱・玉子・人参・ほうれん草)、コーンクリームシチュー(ハウス食品製品+サンチェ・ミニトマト)、キムチ、知覧茶。間食⇒柏餅1個、知覧茶。夕食⇒知覧茶、白湯。※手作りの店の和菓子を午前も午後も間食で食す。最近甘いものをよく食べる。

1日-温度も上がり暑い1日であった。予定通りの行動を無事に終了する。散歩から帰宅して、大きく育てよと野菜に水を差し上げる。陽が沈んだ。借りてきた本でも読むか。