ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 受診 »

2018年4月26日 (木)

図書館

朝一番-準備がすんで新聞を取りにでる。昨日の雨で今朝は少し冷え込んだが、日中は晴れて暖かくなるだろう。部屋に戻り新聞を広げる。

集中審議 野党6党欠席へ  柳瀬氏招致見送りへ-一強の政治、国民の大半から反発を受けても、強引な国会運営をするだろう。受け皿になるべき野党が分散、主義・主張が支離滅裂であれば、解散しても過半数はは制するだろうし、首根っこを抑えられているヒラメ官僚を使ってトップの意向を押し通すな。

武田 新薬求め7兆円提案 シャイアー買収へ最終調整-年寄りの細やかな年金と比べると、途方もない額で買収するのだな。医薬品販売の世界戦略、医薬品メーカーの世界ベストテン入りするらしい。このような国際企業になると、国家・国政の言いなりにはならないが、金儲けにはしっかり利用するかな。

相次ぐ危機が生んだ官邸主導 政と官-北朝鮮問題ではないが、「狼が来るぞ」で国民に危機感を煽り選挙戦を勝ち抜いた政権与党である。過去、阪神大震災、東日本大震災(原発事故がらみ)でも、国民には甚大な被害があったが、危機を梃子に政権与党の官邸は、官僚の人事権を握り盤石の基盤を固めた。与党も官邸の言いなりになっている感もする。本来、政界・官界・財界と呼ばれ同格と理解していたが、現状は政界(官邸)の下に官界も財界も埋没した状況になっている。記事のとおり「危機」が発端となって官邸が主導権を掌握した。野党が奮起する以外に、総理の意向を潰し、国民の意向を反映する路はないようである。

今日の予定-図書館行きといつものパターン。

食事-朝食⇒海苔巻き(縮緬雑魚・蕗の佃煮)、沢庵、味噌汁(豆腐・あげ・韮・わかめ・白菜)、デザート(林檎・胡麻・黄粉・プルーン・カスピ海ヨーグルト)、知覧茶、白湯。昼食⇒ご飯、刺身(シマアジ)、煮付(鰯大一尾)、韮の卵とじ、サラダ(春雨・胡瓜・豆類・スナップエンドウ・玉ねぎドレッシング)、サラダ(山芋短冊切り・スナップエンドウ・ミニトマト・サンチェ・玉ねぎドレッシング)、沢庵、ナッツ類、知覧茶。夕食⇒ココア、白湯。※シマアジの刺身はコリコリして美味かった。鮮魚専門店が近場にあるのは有難い。

1日-午前中は鮮魚専門店へ行き、一旦帰宅後図書館で本を借りてくる。午後は、食後、借りてきた本を読み始める。眠くなったので午睡する。起きていつものコースを散歩するパターンで終わる。歩いている時、結構風が強かったな。松本清張全集を4巻借りてきたので今宵は本を読んで過ごすか。

※今日のローカル広告紙で印象に残った言葉、東亜大の山田千秋学長代行が「昭和の忘れもの」と言うエッセイを連載され、興味深く拝読させていただいているが、近優り、近劣りと言う言葉を事例の中で使われいた。知らない言葉で勉強になった。