ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 ・「晩成の郷」 | メイン | 日々坦々・ ボウリング練習 »

2018年2月 8日 (木)

日々坦々・ ボウリング練習

室温10℃ 今朝も寒い。新聞を取りにでて慌てて部屋に戻るパターンが続いている。新聞・テレビ報道を見ると、福井県に大雪が降り、国道8号線はトラックが8時間以上にわたってストップし、大渋滞を起こし、車内で死亡する事故も遭ったらしい。この中で、地元の人たちが、炊き出し、国道沿いのラーメン店主が無料でラーメンを提供するなど、心温まる報道もあった。世の中詐欺や殺人だと嫌な事件が多い中で、なんか人間の優しい心に触れる報道を見ると感動を覚える。積雪被害もないこの地で、これぐらいの寒さでギャーギャー言っていると申し訳ない。新聞一面を見ると、

複数の診療所連携 PC・スマホで遠隔診療 在宅医療の充実後押し 診療報酬4月改定-医療費を節減するために厚労省は四苦八苦しているな。患者にとっては受診して、1分~2分の診察で1時間も待たされるより良いだろう。2025年問題を乗り切る医療体制づくりらしいが、寿命的には、あっしには関わりのない「木枯し紋次郎」かも知れない。それにしても、今の診療は過剰診療とも思われる節があり、高齢者になれば、一度受診すると慢性病となり、クリニックに囲いこまれて死ぬまで面倒を見ていただくシステムになっているようである。囲いこまれて20数年、待ち時間30分以上、診察2分と投薬、毎月の血液検査と、年1回のフルコース血液検査が続く。これで長生きしているのか、安心料だけ払っているのか判断がつきかねる。しかし、訊けば、ドクターは診察・投薬しているから寿命は持てているとご宣託なさるであろう。素人には投薬・診察の効果かどうか判定が難しい。いずれにしろ、入院すれば、国も患者も医療費負担は避けられないので、在宅医療の充実は望ましいことである。

正恩氏の妹 訪韓-正恩氏の妹が訪韓するらしいが、朝鮮統一の一歩になれば良いことだと思う。だが、独裁国家と一応民主国家では同床異夢だね。

今日の予定-アッシーとボウリング練習ぐらいかな。午前中は買物アッシー(車中で読書)で終わる。昼食は、いつもの魚専門店で買ってきたカジキマグロの刺身、マトウダイのムニエル、菜園で採れた大根に牛ミンチのあんかけ、野菜サラダなどで炊き立てご飯を食す。老いてはいるが食欲旺盛、手作り料理は美味いな~至福と感謝である。午後は、ボウリング練習にいく。柳の下には泥鰌は2匹いなかった。4ゲーム650円の結果は、アベレージ132,2点と大幅にダウンした。賽の河原ではないが、また積み上げるしかない。今日の日中は温度が上がり有難かった。外は暮れてきたが、今日も1日大過なく終わりそうである。