ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々・ボウリング練習 | メイン | 日々坦々・散歩・菜園 »

2018年2月11日 (日)

日々坦々・写真・ボウリング

室温14℃ 朝の準備をして新聞を取りにでる。雲の間に晴れ間が切れ切れに漂い、風は冷たく冬の空である。月は三日月だが白内障の症状である二重には見えなかった。早々に部屋に戻り容れ立ての緑茶を飲みながら新聞を見る。

一面は、北朝鮮、文氏訪朝要請 南北会議 米朝対話促す石牟礼道子さん死去 水俣に寄り添い続け二面は、いちからわかる! 仮想通貨、四面は、黒田総裁続投 期待と不安-などである。

一面、南北会談で金正恩の妹が、南北朝鮮が和平に結び付く文氏訪朝を要請している。他国人として、どうのこうのと言うつもりはないが、今までの北朝鮮の行動を岡目八目で見るとき信頼は出来ない。

石牟礼道子さん-こういった人生を送る人には、自分を恥じながらただ頭が下がる。水俣病と向き合って生き抜いた90歳、心豊かで、人を思いやる大きな器の人であった。心からご冥福を祈ります。

二面、仮想通貨、やはり若い世代中心の数百万人ゲーム感覚だったのだ。事例で昨年夏に50万円でビットコイン購入、昨年末には相場価格は200万円となったそうである。負け惜しみであるが、こんなわけのわからないものには手を出したくない。

四面、日本の経済・政界等のトップ(例ー麻生太郎さん77歳)も後期高齢者が出てきた。健康寿命が10年延びたと行くことか。物価上昇の2%がキャッチフレーズの黒田総裁5年78歳まで経済のかじ取りが出来るかな。世界経済の動きは速い、想定外などと言って、晩節をくれぐれも汚さないことを祈る。

今日の予定-特になし。気が向けばボウリングか公園にでも鳥を写しに行って見るか。午前中は、曇って寒かったが公園へ行く。ジョギングする人や歩く人が多数見られた。池の傍で鳥を探すが見つからない。こちとらはスタンダードな一眼レフカメラであるが、大きな望遠レンズを構えた人に会う。趣味の世界が昂じた人であろう。寒かったが「犬も歩けば棒に当たる」ではないが、百舌鳥が飛んできてフェンスに止まった。何枚か撮ろうと構えたところへ、ジョギングする人が通りかかり驚いて飛んで行ってしまい2枚しか撮れなかった。

昼食は、炊き立てご飯にトンカツ(ヒレ・モモ)と菜園の隅にできた蕗の薹の天ぷら、牛蒡、人参、蓮根の天ぷらを食す。美味かった。午後は、ボウリングにでかける。休日は子どもたちの天国なので、遠慮して隅っこの方で、ヨーロピアン方式で4ゲーム投げる。結果はアベレージ149.1点で150に3点足りず残念至極であった。風呂に入り洗髪・髭剃りする。疲れが若干回復した。今日は晴れたり曇ったり、冷たい風と小雪が舞い寒かった。

今日の鳥撮影の結果である。百舌鳥、椋鳥、カンムリカイツブリを添付。

Dsc_0010

Dsc_0012

Dsc_0015

Dsc_0020