ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2018年1月30日 (火)

日々坦々

室温11℃ 今朝も寒いが一番寒い時期だから我慢するしかない。新聞一面、

火山監視範囲を拡大 噴火歴古い火口 カメラや地震計 気象庁方針-気象庁は予知が難しいので、あちこちの噴火歴の古い火口にカメラや地震計を付けるらしい。それによって被害が未然防止の一端を担えるなら悪いことではない。限られた予算と人員で全国の火山を掌握するのは大変だな。

稲嶺氏・渡具知氏激戦 名護市長選 本社など情勢調査 辺野古移設反対63%賛成20%-この選挙はどちらが勝っても、市政・基地問題で、市民同士の対立は激化するだろう。市政の活性化に対して自助努力派と国家依存派が混在しており、戦後育ちの層は太平洋戦争と米軍基地化に対するアレルギーが少ないようである。丁度戦後の日本が、咽元過ぎれば熱さ忘れるで、数百万の犠牲者を出したのに、戦争経験者時代の終焉で、戦争に対するアレルギーが減少して、憲法・自衛隊に対する関心が希薄になっているのと軌を一にしているようなものである。

森友文書 駆け込み提案 財務省、検査院報告前日に-次から次に森友関連問題は出て来るな。しかし一強に対して野党はバラバラなうえに弱体化しているので、敵失をものにできず攻めきれないな。

今日の予定-アッシーと読書、散歩ぐらいかな。午前中は、鮮魚専門店に魚を買いに行く。昼食は、さっそくアラの刺身と跳ね回る松川海老の塩焼きで熱々ご飯を食す。贅沢・至福の時であった。午後は、読書と散歩で終わる。隠居の身の生活は、相変らず平々凡々であるが、「バカボン」流に言えばこれで良いのだ!