ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2018年1月11日 (木)

日々坦々

室温13℃ 今朝も寒いな。いつもの準備をして新聞を取りにでる。道路も庭も雪はないようである。部屋に戻り新聞一面を見る。

日立の英原発 日英支援 2.2兆円融資 日本分は政府保証 総事業費3兆円-日立も東芝の二の舞にならないように用心しているか。それを我国政府が保証するらしい。原発なんぞ人類・生物の利益にならず、まかり間違えれば人類・生物の破滅に繋がりかねない。政府は、自然エネルギーの活用に眼を向けるべきであり、時代錯誤しているのではないか。しかも、国民がボタをかぶるリスクも負っている。小泉元総理に義理もなにもないが、原発ゼロの信念と行動には頭が下がる(今朝の立憲との連携記事から)。

自治体の備蓄食料 急増 震災後 40都府県で1.8倍に-大震災や地震に備えて食糧を備蓄しているらしいが、賞味期限がらみで苦慮しているらしい。「天災は忘れた頃にやって来る」と言われるが、これも悩ましい問題である。我家でも食糧・飲料水を備蓄しているが、ボチボチ賞味期限が切れるのではないかな。

今日の予定もアッシーと読書と言ったところか。結果的にはその流れで1日が終わる。午前中は家内の白内障手術後経過観察アッシー(送迎)する。1週間に多数の白内障患者(老化現象)を手術するらしいが、経験豊富な名医のお陰で家内の術後は順調で有難いことである。アッシー終了後、小雪の舞う寒い中をいつもの遊歩道を散歩する。昼食後は、読書と午睡、入浴で終わる。今日も「可もなく不可もなし」の1日であった。