ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2017年12月 8日 (金)

日々坦々

室温16℃ 新聞を取りに空を眺めると曇り空の中から小雨が落ちてきた。部屋に戻り新聞を広げる。一面は、

☆「エルサレム首都」宣言批判 各国首脳ら一斉 米、際立つ孤立-トランプ氏は、腕白坊主が米国トップになったようなもので、米国の国民、世界の人類にとっても大変な指導者を持ったことになるな。何処かの国のトップは、だんまりを決め込んでいるが。

☆陸上イージス 補正計上 関連経費21億円 早期配備の可能性-戦争準備は、相手があって「目には目を歯には歯を」でエスカレートしていくものである。国民大衆にとっては悩ましい問題である。

☆切られ?宮司ら3人死亡 東京都富岡八幡宮-最近、江戸時代の市井を描く時代小説にのぼせているが、岡っ引き、御用聞きの捕物帳の舞台になるのがこの神社である。こう言った事件を見ると、物欲・金儲け・権利争い、承継争い等、神に仕える者がこれでは神も仏もないな。

☆最高裁長官に大谷氏内定 指名は、現長官の意思を聞いて、首相が了承するのが慣例とある。-中学時代、社会科の授業では三権分立を習ったように記憶しているが、首相は、三権のトップなのかな?事前に十分にお伺いを立てるのは。江戸時代もそうだが、合議制だが老中等の権力者が、奉行の決定権があったからな。

今日は午前と午後に受診を予定している。

午前中は、眼科に受診。視力検査等の後、主治医の見立てでは順調に治りつつあるとのこと。とは言っても殴られた後にように左眼は充血し眼の下は紫色である。気長に治癒を待つしかない。午後は、寒かったが、いつもの川沿いの遊歩道を散歩する。帰宅休憩後、かかりつけ医に受診する。日頃受診者の少ない時間を見計らって受診しており、今日は寒いし患者も少なかろうと予測し、楽勝と思い受診したが、待合室は患者で一杯であった(風邪ひき患者の受診を予想していなかった)。日頃より長く待たされたが、左眼を見てどうしましたかと主治医から質問された。これは誰が見ても判ることだろう。診察はいつも通りで、血圧測定と聴診器である。隣の薬局で投薬を受け帰宅する。大過なく今日もこれで1日が終わる。