ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2017年12月31日 (日)

日々坦々

室温17℃ 新聞を取りにでると小雨が降っているが暖かく感じる。部屋に戻り今年最後の新聞一面を見る。

リニア駅工事 集中捜査 地検・公取 4社受注調整か-関わりない「木枯し紋次郎」であるが、将来リニアが走りだし時に談合料が、利用者の運賃に跳ね返らないように、捜査当局の精力的な調査を期待するだけである。国家予算98兆円にも驚くが、リニア工事総事業費が9兆円にもたまげるな。

ゴビ砂漠 核のごみ処分計画 中国、候補地で試験-昔「月の砂漠」と言うとロマンチックな童謡があったな~。ラクダであれ車であれ、砂漠で迷えば、過去も現在も怖いところであることは真実である。中国は、原発運転が270基を超える構想があるらしい。そこからでる「核ごみ」の処分場を作るために何か所かで試験するそうである。砂漠のロマンは消滅するな。放射性物質の墓場になるのか。ゾンビのように「核ごみ」が砂漠の中から出て(漏れて)来るのではないか?

今日は大晦日。朝降っていた雨が上がり曇り空になったので、1年ぶりに本格的なマイカーの洗車等する。若い頃は、雨が降った、風が吹いたので汚れたと洗車していたが、老いてからは殆んどしなくなった。やる気がなくなったわけでなく、老いて無駄なエネルギーを使わなくなったと言うことだろう。それでも2時間程かけて洗車・車内清掃すると久しぶりにきれいな車に変身した。午後は、家周りの清掃と菜園への生ごみの埋め戻しをして、野菜がいつでも植えられるように準備した。終わるのを待っていたかのように家内から買物アッシーの依頼があり、ピカピカの車で買物に直行した。買物の済む間はいつもの他愛無い時代小説を読んでいた。帰宅後風呂に入り上がれば、昨日に続き2度目の年越しそばを食す。手打ちそば(国産そば粉)は美味く感じる。明日から2018年、人生何処まで続くやら。