ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | 日々坦々 »

2017年12月28日 (木)

ボウリング納会

室温13℃ 新聞を取りにでる。北国の人から笑われるだろうが今日も寒いな。頂き物の緑茶が終わり知覧茶に変わったが、このお茶は差しがよく聞く。新聞一面を見る。

慰安婦合意に「非公開」部分 韓国側検証「不均衡な合意」日本反論「正当な交渉」-枝葉の問題で議論すれば、どちらも言い分があるだろうから平行線をたどる。戦争という残酷行為は、モラルも道徳もすべて吹き飛び、何でもありきの状態である。これは日本とか韓国のだけの問題でなく、戦争における婦女子に対する無法行為は、歴史が証明しているところである。だからこそ、反戦・平和と婦女子の人権を守る認識・理解こそ重要なことである。過去を蒸し返しあーだこーだとお互いに言っても問題解決にはならない。日本も戦争行為での出来事について謙虚に認め、韓国もグタグタ言わず日韓両国の未来永劫の平和に向けて話し合う姿勢が欲しいものである。

乗客ら11人 異常認識 のぞみ亀裂 停止判断人任せ-別に人任せで良いではないか。上位下達がまかり通る組織体制こそ問題があるのではないか。そこにメスを入れないと2005年の宝塚線の二の舞だよ。

忘れない 南相馬の一歩松-この写真を見ると地震・津波の凄さが完全に消されている。造成・整備された整地に、一本松が強調されているだけに見える。

保活「フリーランス冷遇是正を」-これも厚労省が音頭を取って自治体にフルタイム会社員との格差をつけないように要請したらしい。こう言ったことに対して厚労省が世話をやくことは、時代の流れに沿っており悪いことではないと思う。こういった仕事システムで働く人に対する的確な配慮を望みたい。

きょうは、孫のスペースワールド行きの送迎を予定している。この間に、孫を送った後にボウリング納会・クラブ対抗戦に参加してきた。クラブ代表みたいになったが、別にボウリングの腕がいいから代表になったわけではない。暮れはみなさんあれこれ用事があって参加されなかっただけである。他のクラブの上手な人達が、それぞれのクラブから多数参加に交じって3ゲーム行ったが圧倒された。ハンディを51点も貰っていたが、優勝・入賞・ブービー賞を逃したものの金粉入りのお神酒小瓶を頂いた(実力のアベレージは147点に終わり目標に3点足りなかった)。夕方孫からメールが入り迎えに行く。ついでに、練習を兼ねて暮れかかった風景を何枚か撮る。年末のラッシュタイムに巻き込まれ渋滞し帰宅が遅くなった。薄暗くあまりいい出来ではなかったが2枚添付しておく。

Dsc_0002

Dsc_0009