ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« ボウリング | メイン | 受診 »

2017年10月26日 (木)

図書館

室温19℃ 新聞を取りに出る。今日も快晴であり日中は暖かくなるとの予報である。北海道とは物凄い温度格差があり比較にならないが、朝の冷え込みは血圧を押し上げて、吾輩の「蚤の心臓」を脅している。部屋の戻り新聞を広げる。

☆習氏、長期政権へ布石 中国新指導部 後継世代入らず-権力の中枢に座を占めると、手放したくなくなるのが権力者らしい。将来、中国に混乱と災いをもたらすことがないように祈るのみである。何せ、13億5千万を超える人口を有する国家だから。米国がくしゃみしたら日本が肺炎を起こす程度ではなく、世界中が混乱の渦に巻き込まれることは必至である。

☆憲法論議 国民の声聞いて(問う 選択の後で)-選挙期間中の遊説では、憲法のケの字にも触れず、法被りして、国民に甘い言葉を囁き、禊が済んだと胸を張る御仁だから、お願いしても聞く耳持つようなことはあるまい。ここは、国民も腹を括って「国民投票」ではっきりさせるしかないのかな。

今日の予定は、図書館行きである。最近は、作家の佐伯泰英さんの時代小説中心に借りてきて読んでいるが、剣道も剣客も殺陣にも興味がないがストリーが面白い。子ども頃の「鞍馬天狗」をハラハラドキドキ読んだことを思い出す。連載小説の面白さかな。今日も時代小説を借りてこよう。

午前中は買物アッシーと図書館行きであった。先日本屋をのぞいたらテーブルが用意されており静かに本を読んでいる人を数人見かけたが、立ち読みではなく座り読みで、珈琲でも飲みながらゆったり読書出来るらしい。吾輩が図書館で借りてくるシリーズ物が書架に綺麗に並んでいた。読みたい誘惑と購入という負い目を感じた時に座り読みに挑戦できなかった。図書館の本は汚れが目立ち、返却する際「汚しましたね」という冤罪迄受ける可能性があるが、購入した本をあの世まで持って行けないので(断捨離の世代)、図書館の汚れ・破損した本を我慢して丁寧に取り扱って読んでいる。それに、今読んでいる本を所有しても歴史的価値もなく、娯楽の一つに過ぎないからである。理屈はこのくらいにして、今日も10冊借りてきたので、ドキドキハラハラ読むことにしようと思っている。そういったことで、午後もネット情報を見ながら、本を読んでいたが、いつもの睡魔がやって来たので午睡する。起きて爽やかの空のもといつものコースを散歩する。

今日も平凡・坦々・大過なく1日を終わる。