ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 日々坦々 | メイン | ボウリング例会 »

2017年10月22日 (日)

ボウリング・カーニバル

室温22℃ 新聞を取りに出ると今にも降りそうな空模様である。台風21号は雨をもたらすらしいが、我が地域からは嬉しいことに避けてくれた。台風の事前準備を少ししていたが、こればっかりは「骨折り損のくたびれ儲け」も有難い。新聞一面を広げる。大きな見出しが躍っている。

☆未来を選ぶ一票-期待感と高揚感を示すが、一強5年間の一方的政治は、憲法・破防法、森友・加計問題の隠蔽等国民が政治に不信感を持たされたのではないかと思っている。だが、国民の世代交代と世界情勢はものの見方考え方も変わってきており、しかも、しがらみ・組織・企業に忠実な大半の国民は、本心は別としてこれで良いと思っているのだろう。選挙後もこの政権体制は続くであろう。政治家とて同様であるが老いたるものは消えゆくのみで、今の世代が動かす政治を見守るだけである。未来が日本が世界がどう転ぶかこれの予測は難しい。この時期、圧力による世界緊張を声高に叫ぶ政治家が優位であるが、願わくば、核戦争の勃発による地球上の生物絶滅だけはごめん被りたい。

今日の予定は、投票(どんより曇るその下で小学校へ投票に行って来た)とボウリング・カーニバル(他のクラブ会員とボウリング場スタッフとの交流)である。

昼食を早々に取りボウリング・カーニバル(3ゲーム会費1,800円)に出かけてきた。同好会員が沢山集まり大盛況であった。全部で100名ぐらい参加していたのではなかろうか。吾輩の成績はあまり振るわず、3ゲームアベレージが136点+ハンディ44点で180点であった。今日は団体戦だったが、チームは5位に入賞し、賞品として和歌山産の柿を頂いた。日頃付き合いのない他の同好会員との交流で疲れたのだろう。睡魔と疲労感に襲われながら帰宅するも、風呂に入ってやっと少し元気になった。こっちは殆んど影響なかったが、台風21号は和歌山で物凄い雨を降らしたらしい。農家は柿の収穫が心配なことだろう。6時半過ぎると、雨も降っているせいもあるが真っ暗である。今日も1日終わったか。