ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

買物アッシー

室温20℃ 寒くなり血圧が少々気になりだしたので、5時に25℃設定で暖房を予約するように設定した(家内が担当)。新聞を取りに出る。晴れていたがひんやりしていた。菜園に回り野良猫の臭い糞を片付ける。テレビの動物番組で可愛い猫が出てくるがウンチの始末は大変だろうな~。部屋に戻り新聞を広げる。

☆沖縄に日本版海兵隊 計画 米軍一部移転後2020年代構想-これが実現すれば、米軍のグアム移転後、政府の沖縄基地軽減は絵に描いた餅になるな。沖縄に拘らずそれ以外の地域に日本版海兵隊の基地を作ればいいのではないか。

☆トランプ選対元トップ起訴 資金洗浄の罪 ロシア疑惑捜査-こういった米国の司法の姿勢を見るとき、米国の民主主義・公平・正義を感じるな。日本の司法も三権分立の精神で頑張れ。無理かな。

☆カタルーニャ前首相出国 亡命申請か-ベルギーに出国したらしいが、これから先スペイン国内の混乱はどのように収拾されるのかな。少数地域国民の意思表示を力で押しつぶしてしまうのか。しかし元首相は拘束を恐れて逃げ出したのか。残された独立を求める住民は梯子を外された感がする。

予定は、午前は買物アッシーで鮮魚専門店など行く。お陰で昼食は、キアラの淡白な塩焼きと自家栽培のピーマンの煮物を食したが美味かった。午後は時代小説を読み、昼寝、散歩して1日が終わった。坦々と日々が過ぎて行くことは有難い。今朝採れた野菜を撮る。ピーマンだけは、たった3本の苗から毎日のようによく出来る。家内が冷凍保存、備蓄しているようである。隣の間引き菜は大根葉、今朝の味噌汁の具になった。

Dscf6270

Dscf6271


2017年10月30日 (月)

ボウリング例会

室温21℃ 新聞を取りに出ると、曇っていたが天気予報によれば曇りから晴れ間も見えて来るだろうとのこと。部屋に戻り新聞を広げる。

☆自民小選挙区で218獲得 議席占有率75% 絶対得票率25%-国民の4分の1の支持で、勝ったことを「錦の御旗」にして、好き勝手な政治をされては国民には堪ったものではない。極端に言えば4分の3の票が死票か。小選挙区制度に問題がありすぎる。小選挙区制反対!

☆高齢者運転 免許証返納(75歳以上アンケート結果から)返納しようと思ったことはない67.3%-この結果と一緒で、吾輩も差し迫って返納する気持ちはない。運転に自信がなくなった時は返納するだろうが、その時期は「神のみぞ知る」と言ったところか。それまでに、行政の世話焼きが、免許証を返納する高齢者の支援制度を一段と充実させてくれることを願っている。 

今日の予定は、ボウリング例会である。最近、ボウリングは不調なので吉と出るか凶と出るか、やってみないとわからない。まあ、久しぶりに8人の仲間に会ってワイワイガヤガヤやるのが楽しみだから、成績は二の次三の次である(負け惜しみなるかも知れないので一応予防線を張っておこう)。午後は、読書とネット情報を見るぐらいか。外を見ると晴れ間が見えてきた。天気になるかな。

13時過ぎに腹を空かしてボウリング場から帰宅する。今日は参加者が7名、我がチームの相手は、我がチームの強さに恐れをなして棄権したのかな(これは冗談)。家庭の事情で休んだだけで、まあそんなことはあるまいが。結局相方と2レーンを使って交互に投げたので早く終わった。一番ビリを走るチームではあるが、お陰さまで拾いものの勝利である。個人成績は、3ゲームのアベレージが148点と目標に後一歩と言ったところであった。別の対戦チームが終わるまで待機するので、練習ボールを腹一杯投げられたが疲れた。昼食後は、今日の成績をパソコンに入力、本を読んでいたら眠くなったので、眠気覚ましに風呂に入る。風呂から上がると更に睡魔が襲ってきたので横になる。起きて外を眺めると黒雲と青空が入り交じって宵闇が迫っていた。暖かな1日だった思うが高齢者の身体は鈍感なのであまりあてにはならない。室温は22℃である。

2017年10月29日 (日)

日々坦々

室温23℃ 新聞を取りに出ると、台風22号の影響か相変らず小雨が落ちていた。部屋に戻り新聞を広げる。

☆日本飛び出しFB就職-こう言った特集記事を読むと、世界は一つ(ただし極僅かな一部の若きエリート)と言った感がする。二面の続き記事に、日本代表 故郷は「世界」のタイトルもあった。ホモサピエンスがアフリカで生まれ、世界に散り、同じ人類でありながら、縄張り争い、征服、殺戮、戦争、紛争を繰り返しながら現在に至っているが、国にとらわれない人類が出て来ることは、楽観主義かも知れないが、我国第一主義から理解・共存・協調の世界になって行く兆候ではないだろうか。故郷が「世界」に広がれば、時間はかかるだろうが、人類の未来にとっては瑞兆かも知れない。

☆核廃絶決議 文書後退批判 日本提案 賛成23ヵ国減る-決議文書から「達成」「あらゆる」が削除され日本の存在感が減ったらしい。被爆国でありながら、政府の消極的な姿勢にあるらしい。選挙で国難と騒いで、国民を煽る総理、選挙に勝てば北朝鮮のお陰と言う元総理、我国の非核三原則などとっくの昔のことと忘れているだろうな。地球を何度でも破壊できる核爆弾を保有している強国が現存し、弾みで核戦争でも起これば、人類すべてが終わりになる。我国は被爆国として積極的に核廃絶の行動をと思うが、政府(指導者)と吾輩とは乖離があるな。

今日も予定は特にない。今週は、1回無料券を使ってしまったので、ボウリングには定例会以外は1回しか行かなかった。その分、午前は、今にも降りそうな曇り空の下、傘を持たず散歩に出たが、帰宅後降り出したので濡れなかった。タイミングが良くラッキーだった。午後は、相変らず佐伯泰英著の時代小説を、ネット情報収集の合間に読んでいた。昼寝をしなかったので眠い。今宵は早々とあの世に旅立つのではないかな。

2017年10月28日 (土)

買物アッシー

室温23℃ 新聞を取りに出ると鉛色の空から小雨が落ちていた。台風22号が沖縄から九州方面に向かっているようである。なるべく太平洋の彼方を通ってもらいたいものである。部屋に戻り新聞を広げる。

☆スバル 無資格検査30年超 25万台リコールへ-自動車の無資格検査、日産に続き「お前もか」と言ったところであるが、ルールを作り、チェック機能を果たさず30年間も放置していた国交省には責任はないのか。車を買ってくれている国々から損害賠償請求されるぞ。

☆カタルーニャ独立決議 スペイン国会は 自治権停止承認-地域住民の殆んど独立を支持しても、独立出来ない現状を見るとき国家とは厄介な代物だね。中国をはじめ世界に独立を主張する民族を抱えた国家が存在し、自立・独立しようとする国民を弾圧する国家もあるが、国家権力と民族(住民)の思いの乖離は如何ともし難いのか。

☆民進、党存続を決定-前原代表の希望への抱きつき作戦は功罪を作ったな。考えようによっては、政治思考がごちゃ混ぜの党から脱皮する機会であったが、冒険して損して元に戻ると言うことか。枝野代表の立憲は、幾分か旗幟鮮明ではあるが、セクハラ代議士、不倫代議士のマイナス面もあるな。

朝から小雨が降る中、台風で野菜が値上がりすると予想を立てた家内の希望で、JA道の駅へトコトコ行って来た。野菜は豊富にありしかも安い。キャベツ、白菜、泥付き蓮根、葱、南瓜、ブロッコリーなどを買っていた。吾輩も1個100円(税込み)大きな柿(帰宅後計量すると400gあった)を3個買った。帰宅後早速賞味したが、上品な甘さ(それほど甘くないと言うこと)で健康志向?には相応しい果物であった。帰宅途中「晩成の郷」へ寄ると相変わらず琉球朝顔が元気に花開いていたが、雑草が繁り荒れ放題である。

午後は、昼食後雨の中をいつもの散歩コースを少し延長して歩いて来た。波の中に鴨(ホシハジロかな?)数羽が浮き、3羽の川鵜が何度も潜り餌を求めていた。雨が降ってはいたが暖かで、帰宅時にはしっかり汗をかいていた。風呂に入り洗髪・髭剃りの後いつもの午睡をする。起きて「新古着屋総兵衛 佐伯泰英著」を読み始める。外を眺めると薄暗くなってきたが雨模様が続いている。これで1日終わりそうである。

2017年10月27日 (金)

受診

室温21℃ 最近は、新聞を取りに出て菜園に回らないことがある。理由は、まだ夜が明けていないことが多々あるからである。今朝も暗かったので部屋に戻り新聞を広げる。

☆学校いじめ 32万件把握 子どもの自殺244人-テレビ・新聞などで自殺した子どもの遺書などを見せられると、辛かっただろうと被害者の心情を思うと、加害者の子どもに対して腹立たしく怒り心頭に達する。これが、大人の世界の投影のようなところが、余計に腹が立つ。世界中が、おらが国ファーストを叫ぶ時代は、人に対する気配りや心配り優しさを置き去りにして、排斥・排除の風潮が顕著である。大人がいじめの手本を見せておいて、いくらいじめは駄目よと言っても詮無きことである。

新聞を一通り読んだ後に菜園に出て水遣りする。春菊が可愛い芽を出していた。空を見ると快晴である。予報によれば日中の温度は25℃を超えそうである。血圧上昇でオロオロする吾輩には有難い暖かさである。

今日は、午前中に散歩に出かけ帰宅すると昼前だった。日頃、血圧が最も下がる午後に受診するが、ダメもとでクリニックに行くと、午前中の診療受付時間を過ぎていた。受付に指でバツ印を示すと「院長に聞きに行きOK」となったので受診する。相変わらず診察1分で隣のお抱え薬局で35日分の投薬を受ける。血圧は122/60と低い。歩いたのと暖かかったせいだろう。午後は読書、ネット情報、午睡で夕方になる。6時過ぎると真っ暗である。毎日、面白くもなんともない抜粋記事をブログにしているが、少しでも頭を使うのでこれで良いのだろうと思う。年寄りの日々は変化も何もほとんどない。後は、時代小説を読むぐらいである。

2017年10月26日 (木)

図書館

室温19℃ 新聞を取りに出る。今日も快晴であり日中は暖かくなるとの予報である。北海道とは物凄い温度格差があり比較にならないが、朝の冷え込みは血圧を押し上げて、吾輩の「蚤の心臓」を脅している。部屋の戻り新聞を広げる。

☆習氏、長期政権へ布石 中国新指導部 後継世代入らず-権力の中枢に座を占めると、手放したくなくなるのが権力者らしい。将来、中国に混乱と災いをもたらすことがないように祈るのみである。何せ、13億5千万を超える人口を有する国家だから。米国がくしゃみしたら日本が肺炎を起こす程度ではなく、世界中が混乱の渦に巻き込まれることは必至である。

☆憲法論議 国民の声聞いて(問う 選択の後で)-選挙期間中の遊説では、憲法のケの字にも触れず、法被りして、国民に甘い言葉を囁き、禊が済んだと胸を張る御仁だから、お願いしても聞く耳持つようなことはあるまい。ここは、国民も腹を括って「国民投票」ではっきりさせるしかないのかな。

今日の予定は、図書館行きである。最近は、作家の佐伯泰英さんの時代小説中心に借りてきて読んでいるが、剣道も剣客も殺陣にも興味がないがストリーが面白い。子ども頃の「鞍馬天狗」をハラハラドキドキ読んだことを思い出す。連載小説の面白さかな。今日も時代小説を借りてこよう。

午前中は買物アッシーと図書館行きであった。先日本屋をのぞいたらテーブルが用意されており静かに本を読んでいる人を数人見かけたが、立ち読みではなく座り読みで、珈琲でも飲みながらゆったり読書出来るらしい。吾輩が図書館で借りてくるシリーズ物が書架に綺麗に並んでいた。読みたい誘惑と購入という負い目を感じた時に座り読みに挑戦できなかった。図書館の本は汚れが目立ち、返却する際「汚しましたね」という冤罪迄受ける可能性があるが、購入した本をあの世まで持って行けないので(断捨離の世代)、図書館の汚れ・破損した本を我慢して丁寧に取り扱って読んでいる。それに、今読んでいる本を所有しても歴史的価値もなく、娯楽の一つに過ぎないからである。理屈はこのくらいにして、今日も10冊借りてきたので、ドキドキハラハラ読むことにしようと思っている。そういったことで、午後もネット情報を見ながら、本を読んでいたが、いつもの睡魔がやって来たので午睡する。起きて爽やかの空のもといつものコースを散歩する。

今日も平凡・坦々・大過なく1日を終わる。

2017年10月25日 (水)

ボウリング

室温20℃ 新聞を取りに出て菜園に回る。今日の天気は良さそうである。部屋に戻り新聞を見る。

習氏の思想 行動指針に明記 主席制含まれず-何処の国家でも指導者に権力を集中しないと、国家の混乱は当然起こる得るが、13億5千万以上の人口を抱える国家では尚更である。習氏の「社会主義現代化強国」建設は、強権的にならざるを得ず至難の道だろう。

☆無競争 政党政治の危機-二大政党制の幻想と言っているが、幻想ではなく実現しにくい社会構造になっているところにメスを入れなければならない。経済が主導する社会の仕組みの中では、社会的弱者と言われる大衆は置いてきぼりにされ、国民大衆サイドに立つ政党は育ちにくい。すべて経済志向の国家構造になっているからである。国民大衆は、テレビの馬鹿番組に踊らされ、経済志向体制の外に出ない評論家に騙され、薄っぺらな政治家の言動に右往左往して、スポーツ、芸能、グルメ等のパンとサーカスに踊らされて、自分たちの権利を主張することもなく、バカボンではないが「これで良いのだ」で人生を終わるだけである。二大政党制を幻想させる片棒を担いでいるのは、企業広告に依存する大半の芸能人、メディア、新聞ではないかい。2極の内の1極を支持すべき者たちが、パート、派遣、パワハラ等々の中で、仕事に追われ政治に深く関心を持つことなく日々の暮らしに追われているからでないかい。

☆与党3分の2「多すぎ」51% 本社世論調査(朝日新聞)-戦いすんで後の祭りである。ぼやいても始まらない。エスタブリッシュメントが支配する国家、政治体制になっており、国民大衆はそれに影響されて生きているのだから詮無きことよ。日本でも国民大衆(支配される側の国民)の側に明確に立った政党と指導者の出現を望みたいが、立憲民主党が期待に応えるかな。

今日の予定は、投げれども腕が上がらないボウリングである。午前中は、青空が広がり爽やか天気のもと、久しぶりに散歩コースを歩いて来た。台風一過ではないが今日の快晴は気分が良かった。午後は、ボウリングに出かける。いつものように4ゲーム650円を払い練習に励む。結果は、アベレージ142.1点と前回の例会より20点ほどアップしていたが、4ゲーム目の116点が悔やまれる。3ゲーム目まで150点の目標数値を辛うじてキープしていたのに、これでダウンは残念無念。帰宅後風呂に入り洗髪・髭剃りする。外を眺めると夕闇がせまっている。これで今日も終わった。

2017年10月24日 (火)

日々坦々

室温19℃ 室温もだんだん下がってきたようで寒くなって行く兆候が見られる。新聞一面見出しを見る。

改憲「与野党で合意形成」首相、立憲抜きも示唆-今迄の行動が示す通り、言行不一致の首相がおっしゃることだから信頼できそうにない。改憲反対の立場の議員も若干おられるようだし、国民に至っては憲法を守ろうと言う声なき声もあることだし、現憲法のどこに問題があるのか分からない。しっかり欠陥を納得の行くように説明してもらいたいものである。それにしても、投票率の低さ、1億人の有権者の半分弱の国民が投票に行かない国民レベルに恐れ入る。投票者が約5,500万人、2,700万人の得票で自民党284人が当選、その他の政党等が得票数で若干上回って181人当選、小選挙区制の弊害だな。国民の4分の1強の支持者の政治が行われていると言うことか。これで禊が済んだと強行採決などされたら国民は堪ったものではない。

今日の予定は、買物アッシーを午前中に済ませる。午後は、読書、午睡、風呂、ブログ(日記)でおわる。今日は時折青空がのぞき風もなくまずまずの天気であった。

2017年10月23日 (月)

ボウリング例会

室温21℃ 衆議院選挙がらみで新聞配達が遅くなったようである。少し時間をずらして新聞を取りに出る。菜園に回る。昨日、ほうれん草、春菊、葱、人参を植えたが成長が楽しみである。新聞一面を広げる。

自公大勝 3分の2-大きな見出しが躍っている。安倍総理の戦略的解散(森友・加計問題隠し・北朝鮮の利用)により、慌ただしく選挙が始まって、安倍総理が期待されているとは思われないが、野党の混乱(希望の党・民進党の解党・立憲民主党)に乗じ、小選挙区制に助けられこう言った結果が出たのだろう。これから先の政治には期待できないが、これも詮無きことである。何れにしろ、国会で憲法改正が発議されても、紆余曲折の後に国民投票もあることだし、短兵急に憲法改正には至らないだろう。明治憲法と現憲法を比較すると、比較できないぐらい素晴らしい憲法を、米国から押し付けられたと難癖をつけ、戦後一貫して憲法を守ろう、育てようとする精神もなく、粗末に扱い数の力で葬り去ろうとする自民党が、米国に追随しているさまは理解に苦しむ。

今日の予定は、昨日・今日と連続してボウリングである。午前中はボウリング例会に行った。相手チームには勝利したが、個人的には3ゲームのアベレージ124.2点と最悪の結果であった。ボウリングの成績は良かったり悪かったり波がありすぎる。団体戦で辛うじて勝利したので良しとするか。プロ野球パリーグは地元チームが優勝したらしいが、スーパー等で優勝セールが行われた。午後は、バーゲンセールに行く家内のアッシーをして、たっぷりある待ち時間は車の中で本を読んでいた。10月も終わりに近づき日暮れも早くなり感覚的に寒さを感じるようになった。今日も大過なく終わる。

2017年10月22日 (日)

ボウリング・カーニバル

室温22℃ 新聞を取りに出ると今にも降りそうな空模様である。台風21号は雨をもたらすらしいが、我が地域からは嬉しいことに避けてくれた。台風の事前準備を少ししていたが、こればっかりは「骨折り損のくたびれ儲け」も有難い。新聞一面を広げる。大きな見出しが躍っている。

☆未来を選ぶ一票-期待感と高揚感を示すが、一強5年間の一方的政治は、憲法・破防法、森友・加計問題の隠蔽等国民が政治に不信感を持たされたのではないかと思っている。だが、国民の世代交代と世界情勢はものの見方考え方も変わってきており、しかも、しがらみ・組織・企業に忠実な大半の国民は、本心は別としてこれで良いと思っているのだろう。選挙後もこの政権体制は続くであろう。政治家とて同様であるが老いたるものは消えゆくのみで、今の世代が動かす政治を見守るだけである。未来が日本が世界がどう転ぶかこれの予測は難しい。この時期、圧力による世界緊張を声高に叫ぶ政治家が優位であるが、願わくば、核戦争の勃発による地球上の生物絶滅だけはごめん被りたい。

今日の予定は、投票(どんより曇るその下で小学校へ投票に行って来た)とボウリング・カーニバル(他のクラブ会員とボウリング場スタッフとの交流)である。

昼食を早々に取りボウリング・カーニバル(3ゲーム会費1,800円)に出かけてきた。同好会員が沢山集まり大盛況であった。全部で100名ぐらい参加していたのではなかろうか。吾輩の成績はあまり振るわず、3ゲームアベレージが136点+ハンディ44点で180点であった。今日は団体戦だったが、チームは5位に入賞し、賞品として和歌山産の柿を頂いた。日頃付き合いのない他の同好会員との交流で疲れたのだろう。睡魔と疲労感に襲われながら帰宅するも、風呂に入ってやっと少し元気になった。こっちは殆んど影響なかったが、台風21号は和歌山で物凄い雨を降らしたらしい。農家は柿の収穫が心配なことだろう。6時半過ぎると、雨も降っているせいもあるが真っ暗である。今日も1日終わったか。