ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« ボウリング例会 | メイン | ボウリング »

2017年9月26日 (火)

日々坦々

室温24℃ 新聞を取りに出て菜園へ回る。青紫蘇の花も終わり実がしっかり付いている。青紫蘇の佃煮が沢山出来そうである。相変わらずオクラ、ピーマンが出来、茄子も実が付きだした。狭い菜園ではあるが、我が家の食卓を飾ってくれる。部屋に戻り新聞を広げる。・28日解散 首相表明 消費増税使途「信を問う」来月10日公示 22日投開票-自分に都合の良い勝手のことを言っているようである。・小池氏代表で新党「希望の党」全国に擁立方針-現政権の補完勢力が国民大衆の票を掠め取るためのお色直しと言ったところか。・座標軸「憲法ないがしろの果てに」-この解説に共感できる。戦後の保守政権は、現憲法をアメリカの押しつけと軽視、憲法の理想実現に向けて努力しようとせずサボタージュし、過言すれば、戦前への復活を目指して来たのではないか。今回の選挙、総理、小池氏の思考回路は同じと睨んでいる。・メルケル氏辛勝-我国第一主義の風潮が世界に広がる傾向にあるが、日本・戦国時代は群雄割拠、おらがおらがで争ったが、世界がそうなると人類にとって由々しき問題である。だが、歴史を振り返ると、人間のなせる業で、戦争と平和、反動と復活は繰り返されている。これから先は、核兵器・ミサイルが主流になりそうな時代だから、そう言っておられないかも知れない。人類は、早々に滅亡するのか延命するのかの岐路に立っている。生存中に見定めることは出来るだろうか(少し大袈裟か)。

数年前ようなドライブが極端に減って、買物アッシーとボウリングぐらいになった。

午前中は、相変らず居眠り磐根シリーズを読んでいたが、買物アッシーのリクエストで鮮魚店へ行く。昼食は、イカの刺身、鮮魚店の海老コロッケ、菜園で採れた青紫蘇の佃煮、サラダ(オクラ)、炒め物(ピーマン)などが食卓に並んだ。なかなか美味で食欲がました。午後も居眠り磐根シリーズを読む。夕方近くになり少し午睡し、日誌を書いて久しぶりにいつもの遊歩道を散歩する。道脇では虫が賑やかに鳴いていた。帰宅後、野菜に水遣りしてからシャワーを浴びる。外は真っ暗である。引き続き居眠り磐根シリーズを読む(後3冊で借りてきた10冊を読み終わる)。