ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 暑い | メイン | 健康ボウリング »

2017年7月17日 (月)

さつま芋

朝の室温30℃、菜園を一巡し野菜支柱などの手直しをする。朝からすっきり晴れて暑くなりそうな予感がする。まだ梅雨明け宣言は聞いていなかったな。新聞を見ると古い橋やトンネルの撤去進むとある。バブルの時期「なんかないか・なんかないか」で公共土木事業をどんどんやった付けが今頃回ってきたのだろう。しかも、地方は、高齢化と限界集落で住民減少と財政縮小で疲弊した昨今、改修・新設などにつぎ込む金はないのが現状であろう。これは公共施設でも同じことが言えるが。これからは、無い袖は振れず「忖度・斟酌」もままならず、政治家と建設業者の在り方も変わって行き、税金の使い方もシビアになっていくのではないだろうか。

相変らず朝から暑いが、特に予定もなく本を読んで、昼寝して過ごすだろう。

午前中は時代小説「将軍家見聞役 元八郎 上田秀人著」を読んでいたが、思い出して知人宅を尋ねたところ不在だった。事前に連絡を入れてなかったのは迂闊だった。途中で買った西瓜は、吾輩の腹の中におさまったが、非常に美味しくいただいた。午後は、読書途中で午睡、起きて引き続き本を読んでいたが、夕方になったので野菜へ水やり、薄暗くなりいつものコースを散歩する。風はあったが湿度が高く少し歩くと汗びっしょりになった。著変なしの日々である。

さつま芋を植えて1か月以上になるが、子どもと一緒でうまく育つか心配していたが元気に育っている。現時点でのビフォアー&アフターである。10月には収穫時期になるが「捕らぬ狸の皮算用」と言ったところか。

Dscf5775

Dscf6012