ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 花粉症終焉 | メイン | ボウリング例会 »

2017年6月25日 (日)

著変なし

朝の室温27℃.新聞を取り出て、小雨が降っていたが菜園を一回りする。トマトは沢山なっているが、昨日の雨で畑が緩み、枝も下がり実が地面についている。二度目に植えた胡瓜の苗は伸びているが倒れていたので起こしてひもで括る。新聞トップは、「襲う波 削られる村」アラスカ・キバリーナとある。温暖化の影響で村を結ぶ細長い浜が侵食されている。米国は、オバマからトランプで工事予算がカットされ村民は困っているらしい。トップの姿勢(世界に貢献する指導者か、セクト的指導者か)で人類・国民は右往左往させられることになる。「自民改憲案 秋にも提出」とある。2020年オリンピックでも指導者の座を維持する魂胆だろう。「獣医学部新設 全国目指す」とある。「腹心の友・加計理事長」の加計学園問題をすり替える、首相の逆襲と言ったところか。多すぎる獣医学部を更に増やすと、弁護士や歯医者のように獣医が余るのではないかい。

今日の予定は無し。午前中は、曇ってはいるが小雨程度なのでいつものコースを散歩する。川は水かさが増していたが思ったほどではなかった。午後は、時代小説を読んで過ごす。借りてきた6冊を読んでしまい残り1冊読めば終わる。後は小難しい本を3冊読むことになるが、斜め読みになる可能性が強い。

野球は、虎は牙が抜けたのかおとなしくなった。昨日は雨のクリンチで逃げたが、今日は大きな鯉の口に飲み込まれた。今日もあまり変化のない1日だった。