ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« ボウリング練習 | メイン | ボウリング・チャレンジマッチ »

2017年5月18日 (木)

著変なし

室温22℃。新聞を取りに外に出る。猫と一緒で縄張りを一回りする。菜園に変わりはないようである。新聞トップ見出し、内閣府 文書に日時・実名「官邸の最高レベルが言っている」とある。官房長官は記者会見で相変わらず木で鼻を括ったような発表である。所詮官僚は政府に面と向かって本音を言える立場ではない、縦社会では干されることがはっきりしているからである。最高権力者の意向は霧の中。一方、トランプ氏司法妨害かFBI捜査介入疑惑(米紙報道)ともある。今のところ、日本でも米国でも新聞がこう言った報道が出来ることは、民主主義が生きていると言うことの証しだろう。だが、我が国では、共謀罪の成立、近い将来憲法改正などが行われると、窮屈な時代が復活する可能性がある。

朝食が済んで外を眺めると陽が照りだした。暖かくなりそうである。予定は一応買物アッシー。待つ間は「ルポ 差別と貧困の外国人労働者 安田浩一著」を読もうか。昨日読み終えた「ルポ ニッポン絶望工場 出井博康著」に内容が似通っている気がするが。

今日も買物アッシー、読書(ルポの続き)、午睡(年寄りはよく寝るのか花粉症のせいなのか)、いつもの散歩、帰宅後野菜に水やりで1日終わる。陽が西に傾きまもなく夜の帷がおりるだろう。