ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« ボウリング練習 | メイン | 散歩と読書 »

2017年5月13日 (土)

外食

室温22℃。新聞を取りに外に出ると昨晩は降ったのだろう樹木が濡れている。モミジのしずくが白髪にかかった(黒髪は何処へ)。朝のお勤めが済みと言っても宗教行為ではない(信仰心などの持ち合わせがなく人が作り出した神や仏はパス)が終わって、空を見ると曇っている。今日はぐずついた天気かな。今日の予定は、鮮魚店、スーパーでの買物アッシーと偶に行く蕎麦屋での昼食かな。

午前中は魚屋やスーパーなどでの買物アッシーをして一旦帰宅、商品を冷蔵庫など保存して、滅多に行かないが、蕎麦を食べるならここと決めている蕎麦屋に行く。丁度昼だったので狭い店はすぐに客で一杯になった。からりと揚げた海老天と笊蕎麦、蕎麦湯である。地方都市の中では知る人ぞ知る有名店と言ったところか。たまには外食も悪くない、美味かった。

帰宅後は、「赤猫始末(闕所物奉行 裏帳合㈢ 上田秀人著」を読み終わったが、こればかりは‘‘かっぱえびせん”の世界である。読みだしたら止まらない。「旗本始末(闕所物奉行 裏帳合㈣ 上田秀人著」「娘始末(闕所物奉行 裏帳合㈤ 上田秀人著」の借りてきたシリーズものを、午睡を挟んで読んでしまった。主人公や脇役の言動は「勧善懲罰」のワンパターンが多く、まあまあフーンと言った感じであるが、フィクションの中で、江戸時代の風物と言うか食べ物、吉原、武家屋敷、商家、悪人、賄賂、長屋、幕府の組織などのを想像させられるところが面白い。外は暗くなったが、今はそれなりに街中も明るいが、電気のない150年ほど前の津々浦々暗かっただろうな。次は「長瀞のつゆ 上・下巻 増田聡博著」を読むか。

今日も夕食をパス、緑茶ですます。最近は夕食を食べなくても平気になった。習慣は恐ろしいね~