ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« ボウリング例会 | メイン | ボウリング練習 »

2017年4月18日 (火)

ミサイルと核兵器

☆朝-室温22℃。新聞を取りに出ると薄曇りの中に晴れ間が見える。昨日は大雨が降り風も強く荒れた1日だったが、風と雨は東の方に移動したようである。新聞によれば西日本では列車ホテルも出現したとある。外を眺めると薄曇りに晴れ間が広くなって来た。天気予報では晴れとある。今日の予定は買物アッシーと読書かな。

☆買物アッシー-朝から「御宿かわせみ三 水郷から来た女 平岩弓枝著」を持って買物アッシーである。家内も運転するので別にアッシーすることもないと思うが、人の行き来を見ながら肩の凝らない本を読むのは気楽で良いからである。家内が買物(生活必需品)をする間、買物について回るとあれやこれやと品定めで手間と時間がかかり、付き合うのは苦手なので本を読みながら待っている。

☆散歩-昨日はボウリングで散歩をパスしたので、朝から軽くいつものコースを散歩する。染井吉野はほぼ葉桜になり、ピンク色の花をつける八重桜が満開で、ウコンザクラ・御衣黄も上品な格調高い花を咲かせていた。川は昨日の雨で水かさが増し勢いよく流れ、流れに逆らう亀があちこちで見られたが産卵かな。

☆ミサイルと核兵器-アメリカ艦隊が朝鮮半島海域に近づいてきて、戦争の危機が迫り緊張感が高まっているとの報道が、メディア(新聞・テレビ番組)が大騒ぎして、これでもかこれでもかと専門家・解説者込みで報道する(一方では、極楽とんぼのように新聞、テレビで芸能ニュースや馬鹿番組を垂れ流しているがギャップは大きい)。見たり聴いたりしていると、危険が今にも迫っているような錯覚に陥る。ミサイルが飛び核兵器が使われようが、その結果人類が滅亡しても自業自得と云うものだろう。ミサイル、核兵器開発能力もなければ、人類にとって益無き武器に関心もない市井の人にとっては大いに迷惑なことである。「目には目を歯には歯を」という言葉があるが、「ミサイルにはミサイルを核には核を」で自由主義・民主主義国家を標榜する「我が国第一」も貧しい国民を犠牲にして軍備増強する「独裁国家」が武力で争うのはごめん被りたい。ミサイルや核兵器などとは無縁の世界で生きているので。だが、混乱がエスカレートして人類が滅亡すればそれはそれで詮無きことである。人類が、この機会に滅亡するのか遠い将来滅亡するのかは天命である。

☆今日も暮れて-朝は少し曇っていたが、日中は好い天気で温度も上昇した。午後、髪が伸びたのでいつもの3Qカット(1,080円)に行く。空いていたので滞在時間20分であった。整髪後、難聴気味なのに若い理髪師は「なるべく早く洗髪するように」とぼそぼそと話す。このマニュアルはいつも聴くので聴き取りにくいが知っているので頷いておいた。帰宅後風呂に入り洗髪・髭剃りする。PCで記録を整理して、「御宿かわせみ三 水郷から来た女を 平岩弓枝著」を引き続き読み始める。江戸時代の刑事物であるが、作家はこのシリーズでどれだけ人を殺すと気が済むのだろう。