ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月21日 (火)

今日も暮れて

室温18℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると雨が降っていた。予定は特になし。

☆ 今日も暮れて 午前中は降ったり止んだりの空模様なので「春風伝 葉室 麟著」を引き続き読む。昼食後も相変わらず読んでいたが、少し空が明るくなり雨も上がったので、いつものコースの散歩に出かける。少し風がきつく冷たく感じたが歩いていると身体が温もった。帰宅後は引き続き本を読む。少し厚めの本だったが夕方迄には読み終えた。奇兵隊を創設し幕府軍と戦った高杉晋作(27歳で世を去る)の物語であったが、波乱万丈の人生を感じた。読み応えがあった。今日はこれにて1日が終わる。

2017年3月20日 (月)

雑感

室温18℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると薄曇りの空である。今日の予定は今のところなし。

☆ 読書 「世田谷駐在刑事 濱 嘉之著」を読み始める。著者は警視庁入職後、一定期間勤務・退職して文筆活動に入り、警察署などを舞台にした警察組織・刑事などの著書があるらしい。警察内部について詳しいのでそれを知る機会を与えられた。

☆ 雑感 最近の新聞、テレビで「忖度(そんたく)」と云う言葉を見聞きする。森友学園(籠池氏)問題でこの言葉が頻繁に使われていたので、ネットで調べると「他人の心をおしはかること」とある。これに似た言葉に「斟酌(しんしゃく)」があるが「相手の事情や心情をくみとること」とある。「単純に相手の心情を推し量るのが忖度。推し量った上で、それを汲み取って何か処置をするのが斟酌だと思われます。」と回答されていた。水俣病(公害)、薬害エイズ、原発事故、豊洲市場、南スーダンなどそうであるが、誰の「忖度(そんたく)」と「斟酌(しんしゃく)」のせいか知らないが、国民が被害に遭ってきたことはファクトである。支配する政界・官界・財界の凭れ合いを止めさせるのは、「見ざる聞かざる言わざる」で服従せざるを得ない国民には過酷な課題である。メディアはしっかり情報を収集して真実を国民に伝えてほしい。真実を知れば、国民と言う山も動くと信じている。

☆ 今日も暮れて 3連休最後の日であったが、午後からは雨も降りだした。いつもの散歩を中止したので、運動がてら練習しようとボウリング場を覗いたが、午前も午後も家族連れとイベント参加の子供たちで満員だった。暇人だからこんな日は遠慮するのが当然だろう。止むを得ず買物をして帰宅し、「世田谷駐在刑事 濱 嘉之著」を引き続き読み読了する。警察24時ではないが警察官の苦労を垣間見た。風呂に入り洗髪・髭剃りする。雨のせいか暗くなるのが早い。後は「春風伝 葉室 麟著」を読むか。

2017年3月19日 (日)

読書

室温18℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると快晴、お彼岸も過ぎ暖かくなりそうである。今日の予定は今のところなし。

☆ 読書 時代小説「秋月記 葉室 麟著」を昨夜から読み始め、久しぶりに11時迄読んでいた。残りは朝の一仕事済んだ後に読み終わった。黒田藩の支藩秋月5万石の権力闘争を主人公の生い立ちから罷免され遠島されるまでの物語であった。今は八女市秋月と呼ばれているが、桜の名所、眼鏡橋などある鄙びた城下町で、江戸時代、浅野家赤穂浪士討ち入りの敵方、上杉家・吉良家との繋がりも見られる。また小説にも登場するが高木久助の葛でも有名である。何度かドライブで出かけたが山の中の素朴な田舎といった風情が今も残っている。もうすぐ桜が満開になるだろうが、チャンスがあれば出かけてみようかな~

☆ 今日も暮れて 午前中はいつものコースをデジカメ抱えて散歩する。最近歩みがのろくなりスピード、歩幅も落ちた。生きていれば脚力も体力も衰えるのは自然のことだろう。昨日より温度も上がり、歩いていても心地よい。ミモザが満開、桜の蕾は一段と広がった。川では鵜や鴨が悠悠と浮いていた。昼食後はいつもの昼寝をする。起きてから、昔読んだ記憶があるような「春の高瀬舟 平岩弓枝著」を読み始める。これは短編集の文庫本なので気楽に読める。外を眺めると薄雲は出ているが晴れている。陽は長くなったがまもなく陽も沈むだろう。遠山金四郎流で「これにて一件落着」。

今日の満開のミモザ・桜の蕾・鵜・鴨

Dscf5320

Dscf5336

Dscf5343

Dscf5349

2017年3月18日 (土)

雑感

室温17℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると快晴。今日の予定はアッシー(受診・買物)。

☆ 雑感 新聞トップで「原発事故 国・東電に責任」の記事が踊る。群馬地裁の判決である。確かに不作為による事故責任はあると素人なりに理解するし、被害者補償の道を開くことになったことは喜ばしい出来事である。しかし、これがトップ記事になると、原発の危険性が脇にやられてしまうような気がしないでもない。1.原子力発電所が稼働し続ける間に、一般ごみと違って、解体処理もできない放射性廃棄物がどんどんたまり、貯蔵され続けられていること。2.発電所を支える下請け・孫請けなど労働者が如何に過酷な職場で働き、被ばくによる疾患等で亡くなっていること。3.災害列島(地震・津波・台風)に50以上の原子力発電所を持ち、いつ第二のフクシマが起こっても不思議ではないこと。このことを思う時、メディアの使命は、再稼働に熱心な政界・官界・財界の姿勢を国民に知らしめ、原子力発電所を廃炉する主張をすべきである。だがCM依存のメディアに求めることは詮無きことか。

☆ 読書 時代小説「公事宿裏始末2 永月 葵著」をアッシー待機中に読み終わる。引き続き「公事宿裏始末3」を読み始める。内容は勧善懲罰で面白いと言えば面白いが他愛ない。ネットで調べると「公事宿」について説明されていたが勉強になった。

☆ 今日も暮れて 午前中はアッシーと読書で終わり。午後は散歩で始まり、読書、午睡(このままあの世に行ってしまうかと思うほど長い~時間)、起きると夕暮れが迫っていた。まもなく暗くなるだろう。

2017年3月17日 (金)

雑感

室温17℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると薄曇りの空である。今日の予定は特にない。

☆ 雑感  森友学園の籠池氏周辺は騒がしいな~

☆ 散歩 午前中は、いつものコースを5km散歩する。途中で雨が降り出したが傘を用意していたので問題なくクリアーする。相変わらず同様の暇人が歩いている。大きな望遠レンズを構えている人発見、そばにより見ると、川岸のきれいなカワセミを撮っていた。少し質問すると、カワセミの雄雌の違いを親切に説明してくれた。

☆ 読書 時代小説「公事宿裏始末 永月 葵著」を読み始める。他愛ないが面白い。

☆ 今日も暮れて 丁度散歩のときは雨が少し降ったが、その後は晴れていた。本が睡眠薬になり昼寝する。起きて風呂に入り洗髪・髭剃りする。陽が沈み「これにて今日も一件落着」。生きてる限り「線路は続くよ何処までも」ある。

2017年3月16日 (木)

雑感

室温16℃。新聞を取り出ると薄曇りであるが日中は晴れの予定。今日の予定はボウリング練習と図書館行き。

☆ ボウリング

柳の下の泥鰌を狙っていそいそと出かけたが地獄を見た。まさに天国と地獄、高速エレベータの上下である。月曜日の例会ではハンディが0になるほどのアベレージであったが、今日4ゲーム成績は、大幅ダウンのアベレージ133点であった。ドンマイドンマイで捲土重来を期するしかない。

☆ 雑感

防衛大臣と弁護士、南スーダンの戦闘と弁護士、教育勅語と弁護士、記憶にないと弁護士などを新聞記事で見ると、弁護士と言う専門職の適性にかけるのではないかい。弁護士と言う資格が、この方にはミスマッチに思えるが。嫌だね~

☆ ブログ整理

ほぼすべての記録をワード文書に移動し保存した。時系列に眺めるとそば打ちクラブ「晩成の郷」を主宰(2013年夢破れ閉館したが)、引き続きブログを発信してきており6年を迎えようとしている。なんとぐうたらぐうたら言って来たもんだ。

☆ 図書館 

午後は、返却と貸出を受けるため図書館へ行く。今回も、前回で味を占めたので小説を中心に貸出を受ける。どんな作家に出会えるかな。

☆ 今日も暮れて

今朝、家電販売店から決算特別ご招待とかのダイレクトメールが来ていたので図書館から帰って、海老で鯛を釣るような粗品進呈、特価品のチラシにつられて出かけた。耳が遠くなるし鼻毛が伸びることに不便を感じていたので、清水の舞台から飛び降り、特価品のTV用手元延長スピーカーとノーズトリマーを買って来た。耳の方は試してみたが悪くない。鼻毛はボチボチ花粉症の前触れが出ているので、乾燥したときでも試してみようかと思っている。安物買いであるが、案内してくれたスタッフの若い女性から最新型のテレビを勧められた(別に鼻の下を伸ばしたわけではないが?)。やんわりお断りしたがおおかた釣られかかった。危なかった。

陽が沈み暗くなった。孫が春休み前ではあるが2~3日帰ってくるとのこと。騒がしいが楽しみである。

2017年3月15日 (水)

室温16℃。新聞を取り出ると小雨が降っている。菜園のジャガイモに水やりをしないですむのが有難い。朝の一仕事が済み外を眺めると晴れ間が見える。丁度良いお湿りだったのだろう菜園は濡れているので有難い。今日の予定は特になし。

☆ ブログ整理

ハムレットの続きである。この際少し整理する積りでワードへコピーする。いずれブログを削除しようかと思っている。ワンパターンのつまらん文章であるが、ごちゃごちゃたまったものである。

☆ 読書 

図書館から貸出を受けた本10冊ほぼ読んだが、自慢ではないが内容はほぼ忘却の彼方にある。特に小説の類はストリーも主人公の名前も忘れしまっている。こう言ったのは、美味しいものを食べて「美味しかった」と一緒で、読んだときに「面白かった」で終わりである。ところが、原子力発電所、放射能汚染(ヨウ素・セシウム・ストロンチウム・プルトニウム)などに関する書物は、勿論詳細に具体的には記憶していないのは当然としても、脳の片隅に恐ろしさが残っており、これが政治・経済・メディアなどのあり方にも反発したくなるのである。とは言っても「一蓮托生」、私にはどうすることもできないと言ったところであるが。図書館で借りる時には手に取るのである。

☆ 今日も暮れて

風は冷たかったが、午後からいつものコースを軽く散歩する。帰宅後は風呂に入り午睡する。外を見ると夕暮れが迫っている。日中少し雨が降ったが概ね晴れていた。1日1日がそれなりに坦々と過ぎていく。

最近の菜園(蕗の花・スナップエンドウ)とヒヨドリ(逃げ足が速く上手く撮れない)。

Dscf5294_2

Dscf5299

Dscf5291

Dscf5293_2

 

 

2017年3月14日 (火)

ブログと日記

室温17℃。新聞を取り出る。空は曇っている。朝の仕事が済み外を眺めると、相変わらず薄曇りである。今日の予定は特になし。

☆ ブログと日記

そば打ち教室を主宰していた頃は、20人ぐらいの仲間がいたので、ブログもそれなりに活用していたが、今は「開示」する必要もなく、惰性で続けていると言うか、何かしていないと「ボケ」ちゃうぞと云う強迫観念にムチ打たれ、日記を続けているだけである。生き様は「地球の片隅でひっそりと生きる」をモットーとしており、本来、ブログで自己顕示欲を公開するような人間性は持ち合わせていない。これから先も続けるべきかやめるべきかハムレットの心境になっている。知り合いの中には「お気に入り」にして頂いている方もいらっしゃるが、閲覧される方は皆無なので削除願いたいと思っている。

☆ 読書 

「第二のフクシマ、日本滅亡 広瀬 隆著」を引き続き読んでいるが、読めば読むほど、狭い日本に住んでいると好むと好まざるとに限らず「一蓮托生」だな~が実感である。しかし面白くないファクトである。ついでに「原発事故報告書」の真実とウソ 塩谷喜雄著を読んでいるが、東電のデーターに依存して、国会事故調・政府事故調・民間事故調・東電事故調の調査委員会があり、それぞれが報告書を出しているらしいが、これは我が頭脳で理解することは物凄~く困難である。短絡的に言えば、各調査委員会が自分達の立場での報告書であり、国家・国民にしっかり向き合っているのかな~と感じる。

☆ 今日も暮れて

午後は、いつもの散歩、午睡、入浴も済み日記を書いている。日中は一時晴れ間もあったが風はやや強く冷たかった。外を眺めると朝と一緒で空は薄曇りで日が沈んだのだろうボチボチ暗くなってきた。昼食を摂りすぎたので夜は野菜スープですまそう。

2017年3月13日 (月)

ボウリング例会

室温17℃。朝の仕事が済み外を眺めると曇っている。天気予報では降水確率は10%あるらしいが、少し降ってくれると菜園に水やりをしないですむので有難いが。今日の予定はボウリング例会と読書かな。

☆ ボウリング例会

前回の例会で不甲斐ない成績だったので、先週木曜日の練習で以前のフォームに戻したところ、アベレージが上がり気を良くしていた。今日はその傾向を引き継いでいたのであろう。3ゲームの結果は、アベレージが180点と大幅な上昇になった。初めての快挙である。1ゲーム目205点、2ゲーム目181点、3ゲーム目156点と言う内容であった。ダッシュは良かったが、だんだんスタミナ切れをおこし尻すぼみであったが。チーム対抗戦は3連勝でもちろん総合得点でもダントツの結果となりハイな気分になった。「勝って兜の緒を締めよ。」の諺もあることだし、次回に向けて練習に励むか。

☆ 読書 

「第二のフクシマ、日本滅亡 広瀬 隆著」を読んでいるが、放射能の種類・拡散・汚染土地・除染・濃度などについて理解が難しい。読んでもチンプンカンプンである。分かったことは、放射能は消えるのに物凄~い年月がかかると言うこと(恐竜時代の1億5千万年もかからないだろうが)。都合の悪いことは、政治家も東京電力も隠すと言うことである。森友学園でもそうだったが「開示」と言う言葉があるが、これを政治家も官僚もしないのだな~知らぬは国民ばかりなりか。いずれにしろ、世界時計は人類滅亡まで30分程度になっていると言われている。その30分が何年後を示すのか分からないが、指導者、経済至上主義者が原子力発電所に頼っている限り、間違いなく終わりが早まるだろう。絶対安全はない原子炉が破損すれば、半永久的に世界中に放射能をまき散らすだろう。

☆ 雑感

3月11日震災に関する記事が紙面をにぎわしていたが、確かに、地震・津波による甚大な被災と絆の特集ばかりで、原発事故に関する新聞の取り扱いは希薄に感じた。以前日本の商業新聞(三大紙)をブル新と読んでいたが、新聞情報の半分が、企業のCMでなっており、そうしなければ新聞経営が成り立たない。政界・官僚・財界に気兼ねするのも詮無きことか。しかし、原子力発電所の廃棄に向けてはしっかり主張してもらいたいものである。国土の狭い地震列島の日本である。まかり間違えば国家・国民全体が沈没する可能性が強い。後は「野となれ山となれ」の政界・官僚・財界の国家経営に依存するメディア(新聞・テレビ)経営ではいかんぜよ。

☆ 今日もまた

午睡後デスクに向かっている。外は薄い雲が空を覆っている。雨を期待していたが、期待に沿ってはくれなかった。俗世界に生き俗っぽい人間であるから、体重増加に注意を払っている。夕食は、産直リンゴと漱石ではないがビスケット、知覧茶と軽めに食した。長野リンゴであるが、この時期まで持たせてくれていることには感謝するが、自然保存なので食べた時にシャキシャキ感が乏しい。

後は、読書の継続とテレビニュース等を見ることか。

2017年3月12日 (日)

閃輝暗点

室温15℃。朝の一仕事が済み、外を眺めると昨日同様、空は青く快晴で暖かくなりそうである。今日の予定は特になく読書かな。

☆ 散歩

暇人は、朝からいつもの散歩に出かけた。春霞がかかり遠くの山々はぼんやりと見え、休日のせいか遊歩道は、前後を前から後ろから走ったり歩いたりする人が多い。グランドでは野球をしている子供達の元気の良い歓声が聞こえる。絶好のウオーキング日和になった。一汗かいて午前中は終わる。

☆ 閃輝暗点

昨年12月21日のブログ「閃輝暗点と珈琲断ち」を見ると「ネット囲碁を断ち、酒を断ち、ナッツ類を断ち、珈琲を断ち、安心立命の人生送るために、断ち断ちを拡大中であるが、断つことがなくなれば、最終的には人生を断つことになるのかな~高貴高齢者は、暇にまかせてぐうたらぐうたら言っているが。(抜粋)」とある。その効果かどうか分からないが、1月25日のネット凝視中発生以降1カ月以上にわたって閃輝暗点が出ないまま来ている。昨年は、1年間で28回発生しているのにこれは珍しいことである。パソコンデスクの椅子を温めないように注意はしているが、かかりつけ医の暗示(元気づけ)と酒や珈琲をやめた効果だろうか。

☆ 読書 

「第二のフクシマ、日本滅亡 広瀬 隆著」を読み始めた。歯に衣を着せぬ明解な主張は、政治家・官僚・財界の国民大衆を犠牲にする政策とそれに追随するメディアを厳しく論破している。専門的な難しいことはさておいて、納得させられる部分は多々ある。しっかり読んでみたい。

☆ 雑感(朝刊から)

飢餓深刻化「国連史上最大の危機」南スーダンなどで2,400万人と出ている。世界のニュースでアフリカの戦乱と混乱の中での問題は確かに深刻である。わが国でも戦国時代に飢饉・飢餓は各地で発生していたが、略奪・乱取りに見られるように戦乱が大きな要因だったらしい。タイムラグはあるものの、同じようなことが起こっているような気がする。

☆ 今日もまた

昼から暇なので、ボウリング例会に向けて練習に行ったが、春休みに入ったせいか、子供たちが大勢なのとチャレンジゲームが予定されており練習できなかった。これで昨日・今日とお茶を引いた。少しドライブして帰宅する。ガトーショコラを娘が焼いてくれていたので紅茶で食す。美味かった。

午睡後風呂に入り洗髪・髭剃りする。明日は雨との予報もあるが、外を見ると陽が沈み暗くなり雲が増えた。