ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

今日も暮れて

☆朝ー室温20℃。新聞を取りに出る。雨が降っている。予報では気温が下がるらしいが、明後日には一段と暖かくなりそうである。朝の一仕事終了。外を眺めると相変わらず小雨が降っている。今日の予定は孫の送迎と読書ぐらいかな。

☆今日も暮れてー孫の送りと迎が終わると今日の予定はすんだ。朝から小雨が降り続きいつもの散歩もパスし、朝から晩まで昼寝時間を挟んで借りてきた時代小説「うらぶれ侍・うろこ雲など 稲葉 稔著」を読んでいた。内容は似たりよったりのワンパターンであるが気楽に読めて他愛ない。まだ寝るまでは時間があるのでもう少し読む予定である。

2017年3月30日 (木)

ボウリング

☆朝室温19℃。新聞を取りに出る。曇り空であるが昨夜も少し降ったのかな?地面が濡れている。予報では一段と暖かくなりそうである。朝の一仕事終了。外を眺めると晴れ間が見え天気になる予感がする。菜園の様子を見るが、3週間たってジャガイモの芽がやっと少し出た。玉葱は欲に駆られて、狭い土地に苗を100本も植えたので、小ぶりであるがそれなりに育っているのは有難い。今日の予定は孫の送迎、ボウリング、図書館行きである。

☆塾送迎ー孫の送迎は、ボウリングの練習や図書館行きの合間を縫って学習塾と卓球場の往復であった。ちょっと疲れたな~

☆ボウリングー孫を塾へ送った後、春休みで子供たちに遠慮していたが覗いてみたらレーンが開いていたのでヨーロピアン方式でする(春休みで1レーンしか貸してくれない)。4ゲーム650円とリーズナブルであるが、設備は老朽化しており倒しもしないピンが倒れたりするのは度々である。その上にスタッフの愛想がない。不安定なパート就労者で待遇が悪いから仕方がないとは理解しているが、若い女性なので、愛想さえよければ可愛く見られるのに、どちらがお客か分からないような雰囲気で接遇がなっていない(投げだすとボールとレーンに集中するので嫌なことは忘れてはいるが)。今日の結果はアベレージ136点と目標の150点には届かなかった。投球フォームをあれこれ試行錯誤しているが、なかなかアベレージアップに繋がらない。我慢我慢。

☆図書館ー今回も時代小説を中心に10冊貸出を受けた。この程度の本が気楽でよろしい。

☆今日も暮れてーあっち行きこっち行きと午睡で1日が過ぎた。気温が上昇したので桜の開花・満開はまもなくだろう。外は暗くなった。

2017年3月29日 (水)

原発再稼働

☆朝ー室温17℃。新聞を取りに出る。空を見上げると一面雲に覆われている。予報では昨日より少し暖かくなりそうである。朝の一仕事終了。外を眺めるとやはり曇っている。今日の予定は特にない。

☆原発ー新聞トップに 高浜 再稼働を容認大阪高裁差し止め取り消しとあった。「関西電力は高浜発電所の原発3、4号機の再稼働に向けた準備を進める」とある。原子力発電そのものに反対する立場としては、このような記事を見ると、勝手に土俵の外で相撲を取っているのを見せられる観がする。台風来週・地震列島に「雨後の筍」のようにいつの間にか原子力発電所が立ち並び、いつどこの発電所で事故が起こってもおかしくないし一旦事故が起これば防ぎようがないのに、金儲けと活性化に忙しい政治家・官僚・財界(企業)は、裁判所の安全判決「錦の御旗」で再稼働させる。高浜町長は「ほっとした」と言っているが、孫子の代迄負の遺産を残すことに平気なのかな~これが民主主義とは恐れ入る。そう言えば民主主義には、人民(一般国民)による民主主義と人民に対(指導者・権力者の側)する民主主義の両面があると言われているが、原発反対は一般国民の大多数であるが、原発再稼働・推進は、人民のためと恣意的に思っている政治家・官僚・財界(企業)であろう。少なくとも放射能の特効薬でも発明されれば考えられないこともないが現状では迷惑な話である。ついでに、ポピュリズムと民主主義について言えば、小泉首相が郵政民営化で自民党が大勝利した過去があるが、これなども一般国民に依拠した大勝利であったのではないか。最近、小泉元総理が原発廃棄を唱え、選挙の争点にすれば勝てると言っているが、これも一般国民に依拠した発言ではないかな。新聞声の欄で見たが、たかが50万人程度の連合組織の電力労組に忖度・斟酌して原発ゼロを打ち出せない民進党はダメだね。

☆読書ー今日も引き続き民主主義とは何ぞやで「変貌する民主主義」を読むつもりである。これも「吾輩は猫である」と一緒で歴史の著名人、横文字、思想が頻繁に出て来るので浅学菲才には難解である。

☆散歩ー午前中いつものコースを散歩する。昨日は、チューリップ祭りの準備かどうか知らないが、水門を開いて水を流したので川底のヘドロと汚れた水が見え、小魚が跳ね上がっていた。こんなに川底が汚いのかと認識させられた。今朝は水を流し水門を閉めたのかな、水嵩も増し日頃の川に戻っていた。遊歩道を散歩する人には、桜並木を見上げ、開花を探している人も見受けられた。「まだまだ・まもなくまもなく」と何か気を持たせる今年の桜である。4月2日にはチューリップと桜のコラボレーションになりそうである。期待しながら日々散歩を続けるか。

☆今日も暮れてー風呂に入り洗髪・髭剃りし、すっきりしたところで午睡する。起きると曇り空が薄暗くなっていた。少し雨も降ったようである。体重の現状維持に努めてはいるが、老いても食欲だけは旺盛である。特に断酒以降食い気が強くなりともすれば食べ過ぎて小太りから大太りなりそうになる。ご用心ご用心と言ったところか。

2017年3月28日 (火)

閃輝暗点

☆朝ー室温16℃。新聞を取りに出る。空を見上げると覆われた雲の隙間に青空がありちらりと星が一つ見えた。予報では今日は暖かくなりそうである。朝の一仕事終了。外を眺めるといい天気のようである。今日の予定は孫の送迎と散歩ぐらいかな。

☆閃輝暗点ー今年は1月に何度か出たが、昨年8月から始めた麦酒・珈琲断ちの効果のせいかどうか分からないが2月以降は皆無である。閃輝暗点の不思議なところはもうそろそろ出るかなと不安に思っても出ないのである。ある日突然発生するので気分的には良いものではない。願わくばこのまま出ないことが続いてほしい。

☆読書ー引き続き「変貌する民主主義 森政稔著」を断片的に読んでいるが、一口に民主主義と言っても、これが民主主義と云う原理・原則はないようで、時代や国の状況、指導者、国民によって変貌するのかな~理解するのは難しい。

夏目漱石の「吾輩は猫である」の復刻版が新聞に連載されていたが今日で終わった。長い間の連載であったので、自慢ではないがほぼ内容は忘れたが、夏目漱石と云う文豪(博学多才な方)が、ニヤーニヤー鳴くことと餌の欲しい時に人にすり寄ってくるか日向ぼっこして知らん顔している猫を使って、自分の話したいこと(哲学・文学・歴史上人物評等々)を語っている。凄い人である。最終回の今日は、麦酒に酔った猫が甕に落ち込んであの世に行くことで終わっているが、最後は、人と同じで生あるものの悲しさと寂しさを感じさせた。

☆今日も暮れてー午前中は孫の送りと読書で過ぎた。昼食後、いつものコースを散歩する。少し風があり冷たく感じたが歩いているとそれなりに温もった。桜の蕾は膨らんではいるが寒さがあり開花に至らず、もう少し待てと言っているようである。夕方は孫をバス停に迎えに行く。帰宅すると外はもう真っ暗である。今日は昼寝をパスしたので横になればすぐにあの世に行きそうである。

2017年3月27日 (月)

ボウリング例会

☆朝ー室温17℃。新聞を取りに出る。昨晩も雷が鳴り春雷を思わせたが、小雨が降り時折稲光と雷が鳴っていた。朝の一仕事終了。外を眺めるとやはり小雨が降っているものの雲は少し薄れてきた。今日の予定は孫の塾送迎とボウリング例会である

☆ボウリング例会ー先週は春分の日で休みだったので2週間ぶりの例会である。前回は出来過ぎのアベレージ180点であったが、そうは問屋が卸さず今回は3ゲームのアベレージが144点といまいちであった。まあチーム対抗戦は2勝1敗で総合勝利したことは良しとすべきか。今のところ2位(8チーム)を確保している。優勝金券ゲットに向けて頑張るぞ!と言ったところである。

☆読書引き続き「変貌する民主主義 森政稔著」を断片的に読んでいるが、理解しながら読むのは小説と違った難しいなあ~借りてきた小説類の8冊は読み終わったが、これと「全体主義 桂本元彦訳」は難しい。恐らく理解せぬまま返却する可能性が強い。

今日も暮れてー午前中は雷が鳴り雨も少し落ちていたが午後から日差しが戻り空も明るくなった。癖になったのか相変わらず午睡が続いている。起きてテレビニュース(稀勢の里の話題)を見る。やっと国技と言われる相撲を我が国に少し取り戻したような気分になった。暗くなってきた空を見ると、薄雲の中に黒雲があちこちにかかっている。今日も1日が終わるが、春の雪崩で心肺停止のニュースを見ると心が痛む。桜は花冷えで春爛漫は少し遅れそうである。

2017年3月26日 (日)

防波堤(続き)

☆朝ー室温16℃。新聞を取りに出ると星が一つ光っていた。朝の一仕事終了。外を眺めるとやはり薄曇りである。今日の予定は、「道の駅」へ野菜を買いに行くアッシーと散歩ぐらいかな。

☆防波堤(続き)ー朝日新聞朝刊を見ると「翁長知事、承認撤回を表明」「辺野古埋め立て 再び法廷闘争も」とある。日本はアメリカの最前線基地ではあるが、基地点在がアンバランスである。弓なりになった日本列島で沖縄県に米軍の基地が集中していることである。終戦間際の沖縄県の被害(死者20万人・徹底的な破壊)は甚大なものであり、戦後、米国軍政から琉球政府となり全土がアメリカ軍の基地化され、軍人犯罪・航空機騒音と事故などが多発、治外法権の色濃く県民は過酷な実態が続いていた。佐藤首相時代に日本復帰を果たすも、県民の生活環境はほぼ変化がなく「沖縄=米軍基地」の状態が続き今日に至っている。同じ日本国民が、この不公平・差別を無視していると言うか見て見ぬふりをしていることである。沖縄県以外に住む国民もそれ相応の負担を受忍すべきである。米軍基地を各県に分散させることによる「一蓮托生」を徹底することで、沖縄県民の痛みを分かち合い、そこから日本を守るべき方策を構築すれば良いのではないか。沖縄に偏った「防波堤」は不公平極まりない。

☆買物ー朝の一仕事がすんで買物アッシーに出かける。店内は客も少なく早々と買物がすんだ。我が家の菜園で採れる野菜では不足するので「JA道の駅」での安くて新鮮、ボリュウームのある野菜は有難い。田舎の道は車も少なく車の流れもスムースである。

☆散歩ー買物が早くすんだのでいつものコースを散歩する。風は昨日と違ってさわやかで心地よかった。桜の開花をまだかまだかと見上げながら歩くが「まもなく・まもなく」と言っているようで気を持たせる。チューリップは一部開きだしたが「小ぶり」である。

☆今日も暮れて今日も晴れたり曇ったりで過ぎた、午後からは風も少し強めで冷たくなった。久しぶりに「晩成の郷」を覗いたが著変なし。いつもの午睡をする。起きると夕方。まもなく陽が沈む。今週で3月も終わり進学・入学の4月を迎える。稀勢の里 逆転優勝おめでとう!

「まもなくまもなく」の桜と開きだしたチューリップ

Dscf5374

Dscf5373_2

Dscf5363

Dscf5368

2017年3月25日 (土)

防波堤

ー最近は室温17℃が続くが気温変化のない時期になったのかな~。新聞を取りに出ると明けるのも早くなったが、春霞ではないだろうが薄雲がかかっている。朝の一仕事(新聞閲覧・朝食・食器洗い・血圧入力・食事内容入力など)がすんで外を眺めるとやはり薄曇りである。今日は孫の塾送迎は家族がやるので散歩ぐらいしか予定はない。

防波堤ー戦後の日本(日本列島)は、共産主義国家(現在の実態は資本主義国家・独裁国家)と呼ばれる国家と対峙しているが、アメリカの最前線基地と位置付けられている。前方にアジア大陸、弓なりになった日本列島の後方、太平洋の先にアメリカを見れば一目瞭然である。以前にもトランプ氏が大統領になったからと言っても日米軍事同盟は変わらないと記したことがあったように思うが、米国・経済第一主義と大統領が騒いでも、自由陣営の旗手を標榜する米国の軍事世界戦略は180度変わるものではない。このことは、今朝の朝日新聞「フロントランナー」で映画監督・ジャーナリストの三上知恵さんが、沖縄と防波堤について語り、日本もそうなんだよと言われていた。日本「防波堤論」はおっしゃる通りと同感であるし「好むと好まざる」とも、日本は必然的に米国の傘下に入る運命共同体である。共産主義国家の「見ざる・聞かざる・言わざる」の傘下に落ちることは耐え難いことである。米国の防波堤と言われても、戦後の日本は、アメリカに依存しながら戦争のない平和と経済成長で安定した国家を継続・維持してきたことは厳然たる事実ある。国家・政府は「緊張感」を持ってと言う言葉を多用されるが、せめてこの先100年は共産主義を標榜する国家と「緊張感」もって対峙し、平和を維持して貰いたいものである。

☆散歩ー朝からいつものコースを散歩する。向かい風は冷たいが追い風は苦にならない。桜の開花も近いせいか、遊歩道を行き来する人も少し多いように思える。4月早々には河畔でチューリップ祭りが始まるが、せっかちなのは綺麗に花を咲かせている。あちこち寄り道しながら好き放題に歩いて帰宅すると昼近くになっていた。

☆読書ー「変貌する民主主義 森 政稔著」を読み始める。これは難解である。著者の東大教授の文章は多岐にわたり、回りくどく、理屈っぽく理解することはなかなか出来ない。大雑把に言って民主主義も多種多様、一言でこれが民主主義と原則的なことは言えず時代とともに変わって行くよと言ったところかな。これは斜め読みだからしっかり読むと理解が「変貌」しているかも知れない。

☆今日も暮れてー 午後は春の選抜高校野球をチラチラ見ていたが眠くなったので午睡する。起きて風呂に入り洗髪・髭剃り。外を見ると陽も沈み薄い雲があちこちに浮かんでいる。まもなく夜の帷が下りてくるだろう。相撲には「忖度」も「斟酌」もないようだね。稀勢の里2敗。

2017年3月24日 (金)

日記

☆ 朝 室温17℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると薄曇りである。少し寒い日が続いているが、遊歩道の桜の蕾も膨らみボチボチ開花するだろう。今日の予定は孫の塾送迎と35日振りにかかりつけ医受診である。

☆ 日記 カテゴリが日記になってほとんど覗きに来る人がいなくなった(有難いことである)。日記なんてものは人様に見ていただくような代物ではないからな~日記の二重帳簿(朝食・昼食・夕食・健康・小遣い・予定表など記録)は続いており、基本的には二重記録は解消出来ないだろう。吾輩のブログに関心ゼロになれば、もっと気楽に裃脱いで綴れるようになるのではないだろうか。ブログの継続を悩んだが今のところ惰性で続けている。

☆ 読書「人民は弱し官吏は強し 星新一著」を読み終わる。大正・昭和時代、作者の父親の起業家・企業家として政治・官僚権力に民間人として抵抗した記録のノンフィクション物語である。星新一(親一)氏の父である星一氏は米国から帰国後製薬会社を起業し、星薬科大学も開設したらしい。この本を一気に読み上げたが、今話題になっている森友学園(籠池氏)問題ではないが、政界・官僚の不条理は戦前ほどではないとしても、今も似たようなものだな~と感じた。

☆ 受診 なるべく患者の少ない午後の夕方を狙って受診する。この時間帯は、製薬会社の営業社員と待合室で出会うが、患者が少なく診察の流れが良い。今日も血液採取・診察・薬局での投薬で30分程度ですんだが上手くいった(しめしめ)。先月の血液検査結果(年1回)も特に問題なく、血圧も長年降圧剤の投薬を受けているが120/60と我が家で測るよりも低い。以前受診していた「高いですよ」院長受診時代より気分的にはなかなかよろしい。

☆ 今日も暮れて 午後、風は冷たかったがいつものコースを散歩する。帰宅後は、森友学園ニュースを睡眠薬替わりにして受診前に少し午睡する。外は薄暗く夕闇が迫っている。今日も大過なく終わる。

2017年3月23日 (木)

ボウリング

☆ 朝 室温17℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると薄曇りである。今日の予定は孫の塾送迎とボウリング練習である。

☆ ボウリング 春休みは子供たちで賑わっているので、行っても割り込む隙もなく練習できず、5日間ボールに触れることがなかった。今日こそはと思い出かける。相変わらず子供たちが中心で、どうやらこうやら隅のレーンを確保して同好会員3人で練習する。場内の騒音と子供たちの甲高い声とマナーを知らない傍若無人ぶりに圧倒されて、弁解がましいが投球に集中できず4ゲームのアベレージ127点と散々たる結果であった。反省点は、定例会は別として春休み中は練習を遠慮することと結論付けた。

☆ 今日も暮れて 午前から昼食にかけては、ボウリングの前後に孫の塾送迎で過ぎる。午後は読書「人民は弱し官吏は強し 星新一著」とテレビ(籠池氏喚問)と午睡、更にテレビニュースを見る。森友学園問題は複雑怪奇だな~政府と官僚の巨大権力組織と対決し真相究明するのは大変だろうな~田舎でひっそり生きている爺は戦後教育を受けたので、森友学園の戦前復帰の懐古主義には馴染めない。陽が長くなったと言ってもさすがにもう真っ暗である。

2017年3月22日 (水)

原発避難いじめ

室温17℃。朝の一仕事がすんで外を眺めると薄曇りである。今日の予定は、頭髪が伸びたので3Qカット(1,080円)に行くぐらいかな。

☆ いじめ フクイチの原発事故発生時に現地視察した大臣が「つけちゃうぞ」と言って辞任したことがあったが、最近子供たちが避難先でいじめられるケースが多々出ているのをメディア報道等で見聞きする。横浜市のケースでは、同級生が恐喝まがいのことをして百万円を超える金を持ち出させたとあった。これに対する横浜市の教育委員会の対応の鈍さで市長が謝罪して収拾を図っているようである。いずれにしろ、政府・官僚・自治体は、伝染病でないんだから原発・放射能ついての啓発活動をしっかり国民に行い周知徹底を図るべきではないかい。それとも、原発反対の世論は過半数を超えているので「触らぬ神に祟りなし」で原発について国民の目から逸らせたいから真剣に取り組もうとしないのかな。

☆ 世界のビリオネア(大金持ち) ネットを見ていたら、世界に1,000億円以上の資産を保有する金持ちは2043人いるらしい(トランプ氏も入っているらしい)。ビル・ゲイツ氏が約10兆円、日本では孫正義氏が2兆4千億円、柳井正氏が1兆8千億円ぐらい持っているらしい。人間の能力にそれほど格差があるとは思われないが、金儲け主義が徹底してくると、搾取する富める者は益々富み、搾取され貧する者は益々貧すということか。世界には神も仏もありゃせんぞな。不公平な世界である。

☆ 今日も暮れて 午前中は、昨日買った靴の足慣らしを兼ねていつものコースを多めに歩いた。川鵜は相変わらず浮かんだり潜ったり魚とりで一生懸命であるが鴨は見なかった。暖かくなってきたので北帰行かな~。10%オフの靴の履き心地はまずまずと言ったところである。終活のため長年連れ添った靴を一つ処分するかな~。午後は散髪へ行く。リーズナブルではあるがカット時間はとにかく短い。必ず早めに洗髪するように言われているので、帰宅後風呂に入り洗髪・髭剃りする。孫は3連休でちょっと戻って来ていたが、今日が修了式で春休みに入るので本格的に帰省する。塾送迎などで明日からアッシーの仕事が増えそうである。外を見ると薄曇りの空である。もう少しすると日が暮れるだろう。