ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 酒を断つ | メイン | ボウリング »

2017年1月 6日 (金)

日々の生活

元旦に初詣に行き、日々の経つのは早いものでもう6日である。この間何をして過ごしていたのかと日誌を見ると、新聞を読み(元旦の広告だらけの新聞は読むところがない!)、年賀状を見て整理して(無事是名馬と思いながら筆ぐるめに保存)、孫と家内のアッシー(塾・買物)など、散歩(川沿いの遊歩道)、読書(司馬遼太郎は飽きて時代小説)などしていたようである。しかしここ2~3日のメインは、通路の整備であった。以前から気になっていた、狭い通路の雑草である。一部すくすく伸びつつある雑草をしり目に、暖かくなれば元気に生えてくる雑草に先手必勝で、事前防止の準備をしようと思っていたので取りかかった。廃物利用ではないが、以前買っていてほとんど使っていないマルチシートを表面の土を剥して敷き、剥いだ土をもう一度シートの上に敷きなおす仕事である。日々起こる野暮用の合間をぬって、鍬やスコップをふるい、箒で掃き、土を乗っけたり、立ったりしゃがんだりを繰り返しながら続けてきたが、どうやら目安が付きそうである。試行錯誤をしながらの我流の対策なので、春になり初夏の季節にならなければ効果があったかどうかは判断できない。だが、足腰の痛みと言う効果だけはあった。

☆高齢者

今朝の新聞(朝日)に、日本老年学会・日本老年医学会の提言記事が出ていた。内容は、2013年から検討してきたが、脳卒中の割合の低下、身体能力の向上などの若返りを理由に65歳~74歳を准高齢者(高齢者とするには時代に合わない?)、75歳以上を高齢者、90歳以上を超高齢者とするとある。会見で年金支給年齢など社会保障制度をめぐる議論に影響を与える可能性についての質問に対して、座長「虎の門病院長」は「高齢者の定義を変えることで、社会福祉などがネガティブな方向に動いてほしくない」と強調。「あくまで医学・医療の立場からの提案で、国民がこれをどう利用するかは別問題」と語っているが、ネーミングは、官僚が付けた前期高齢者とか後期高齢者よりはまだましであるが、政府(官僚)はにんまりしたのではないかい?