ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 寒いな~ | メイン | 壁 »

2017年1月25日 (水)

寒い朝

今朝も寒い朝となった。室内は12度あるが冬一番の冷え込みで外気温はマイナス1度である。空を見上げると星が輝き宇宙は広いぞと威張っているように見え、昨日と違って快晴を思わせる。いつもの朝の儀式(パソコン立ち上げ・健康データー入力・定番朝食・歯磨き洗顔・トイレ・日誌)がすんで今日の1日が始まる。窓越しに見える空は雲一つなく快晴である。

☆ 散歩

毎日散歩が、日課であり日々の生活パターンの一部に組み入れているので、今日も朝から特段の用事もないので、トランプ旋風で日本の株は揺れているが、ネット株をちらりと見て散歩に出かける。寒いだろうと思って完全武装ででかけたが、意に反して風も河畔を撫ぜるような優しい風が吹き、空も青空の遠くに白い雲がゆったりと浮かんでおり結構な散歩日和であった。鴨は群れてあちこちに浮いていた。歩くにつれて汗ばんできて、最終的にはランニングシャツでいつものコースを5km歩いた。

☆ 烏の行水

高齢者は、夜遅くには風呂に入らない(断酒実行以降勿論飲んで入浴することもない)。無為徒食の身であるから、まだ陽が落ちていない暖かい時間帯に遠慮なく風呂に入る。だが入浴時間は短い。浴室と脱衣場を暖房して沸いたよとロボットの合図があれば早々に入り、なるべく石鹸で身体をこすらないようにしている。老いてからは、風呂の湯加減に皮膚が鈍感になったせいか、45度の風呂に入っても熱く感じない。逆にあまり長く入っていると、家内が、浴室でひっくり返っているのではないかと心配するだろうと気配りするせいかも知れない(心配していないかも?)。浸かるだけの入浴が多く20分もすれば終了である。年がら年中「烏の行水」ではないが、最近、テレビで高齢者の入浴について、微に入り細に入りご指導いただくので極力短めの入浴を心がけている。

☆ ブログ名変更

「晩成の郷」に始まり「無為徒食の日々」とブログ名を変更してきたが、思いつきバッタではないが、3度目の改名をした。「爺の戯言・妄言」と言うネーミングで出発進行である。爺としたのは、後期高齢者と言う言葉にアレルギー起こしていたからである。世界・日本の凄いスピードの変化に驚きながら付いていけない面が多々あるが、現実を直視し「徒然草」ではないが、気ままに思いつくままに、頭の体操を兼ねでき得る限り日誌を綴っていくことにした。