ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

ファクトチェック(事実確認)

室温14℃ と5℃下がっている。新聞を取りに外に出る曇天である。朝の定期行事終了。パソコンに向かう。

☆ ファクトチェック

新聞を読んでいると、英語に弱い(授業は苦手だったな~)爺は、ファクトチェックと言うカタカナ語に出くわした。米国大統領選挙がらみの話題ではないだろうか?かっこ書きで(事実確認)と訳されていた。原因者は6分の1支持で天下を取ってやりたい放題?の米国のトップである。お陰で世界中が大騒ぎしているが、反省の色は薄く強気で我が道を突き進むといった風である。この事態を世界中が注目しているが、世界の常識ある人類が、妄動に惑わされることなく、米国でアパルトヘイトのようなことをやらないこと、ベルリンの壁を引き起こした原因者のような忌まわしい悪夢がよみがらないことを切に願う。ポピュリズム・ポピュリスト・エスタブリッシュメントとあの手この手で大統領の椅子を獲得した御仁であるが、今後の動向には目が離せない。

ついでに、朝日川柳で「オルタナティヴファクトなら負けぬわが宰相」と言うのがあった。新しい事実と言うことかな?これでまた新カタカナ語に出くわした。勉強になるな~

☆ 散歩

陽が射してきたので散歩に出る。昨日はボウリング疲れで?さぼったので挽回である。暖かで風もそれほど吹かずまあまあの日よりである。一時間少々、少しコースを変えて歩いてみた。昨晩テレビでちらっと見た腰痛体操を、歩く途中でやってみたがなかなか良いようであるが、今後継続できるかどうかは別問題である。

☆ 日中

パソコンネットで株を見たが、世界に混乱を持ちこむ者の影響か芳しくない。

デジカメの修理を製造元の富士フイルムへ、ネットで依頼していたら運送会社が取りに来てくれた。便利なようであるが、宮城県のテクノサービスまで送るので、修理に1週間程度かかるそうである。昔は近くのカメラ屋に持って行ったらすぐに修繕してくれた。どちらが良いのかな~

☆ 日が暮れて

風呂に入り洗髪・髭剃りをして今日の1日が無事に終わる(感謝)。日に日に暮れるのが少しづつ遅くなっているな~

2017年1月30日 (月)

軍事同盟

室温19℃ と3℃も上昇しているが日中の外の温度はどうだろうか。5時起床、朝の行事終了。知覧茶を飲みながらパソコンに向かう。昨日の市議会選挙結果が新聞に出ている。選挙権の行使は市民として当然であるが、どこの政党が議席数が増えた減ったはあまり関心がない。「美空ひばりの物まね」で震災・人災に遭った福島県に、ボランティア活動か公務の一貫か知らないが、行っていた前市職員が落選だったな~。窓越しに見える空は、曇ってはいるが合間に少し青空も見える。

☆ ボウリング例会

今日は例会に出かけた。いつもの対抗戦であった。相手チームに2勝1敗で勝つには勝ったが、成績的にはちっとも良いところがなかった。今年3回目の例会であるが、自分のアベレージは122.2点と最低であった。こんな時はいつもの「健康ボウリング」を唱えておくしかない。

ちょっと運動すると腹が減る。帰宅後、薄味の親子丼とキャベツ漬(家内お手製)、焼サーモン、味噌大蒜を食すも、それだけでは腹の虫がおさまらず、ビスケット、柑橘類、更には家内が美術館行った際の土産(羊羹)まで食してやっとおさまったようである。

☆ 軍事同盟

敗戦後の日本は、アメリカ合衆国(以下米国と言う)との間に日米安保条約を締結し強固な軍事同盟関係にあり現在に至っている。この間安保条約破棄と声高に叫ぶ運動の時期もあったが、時代の推移の中で心なしか声も小さくなり、最近はマスコミを賑わすような運動はないようである。自由主義陣営の日本は、共産主義陣営に(実態的に言えるかは別として)対抗するために米国との強い連携をせねばならない必然性がある。米国も軍事戦略上、日本を自由陣営を守る要(砦)として重要視している。戦後の日本は、国民が勤勉であり努力は評価するが、米国の強力な支援の中でメリット・デメリットがあるものの、現在の繁栄をもたらしているのが事実である。米国大統領は、日本に攻撃的な発言を繰り返しているが、戦後の日本と米国の軍事的絆を理解していないのではないか。戦後、米国が日本に多くの基地(特に沖縄県)に配置しているのは、日本に対する思いやりよりもさることながら、自国の防衛の最前線基地として位置付けされているのではないか。就任して間もない大統領だから、今後側近(国防省幹部)の助言により修正していくのではなかろうかと思っている。お互い五分五分の気持ちで、日米仲良くせねば安倍さんも困るがトランプさんも困るんじゃないかい。

☆ 日が暮れて

爺さんは、少し運動すると疲れるのかな~。1日1日前に進むと言うことは未知の世界を歩んでいることになる。若い時と同じようにはいかないのは当然としても、夕方になると、毎日のように1時間前後も午睡をする。これも老いると自然のことなのかな~

今日の日中は、風が強く少し寒く感じたが、夕暮れが迫る頃には止んだようである。雨も降ったり止んだり。ときおり陽がさし冬の季節を表現している。

2017年1月29日 (日)

デジカメ修理

室温16℃ 5時起床、朝のワンパターン行事が終了し1日が始まる。天気予報では4月中旬の気候とある。朝食は、孫の影響(大好物のカレーライス)で、日頃の定番と違ってカレーライスといつものデザートであった。窓越しに見える空はうす曇りで雨が降っていたが少し明るくなった。早々に市議会選挙の投票を済ませる。

☆ デジカメ修理

以前からスイッチが破損していたが、再生ボタンから入ると撮れるので、だましだまし使っていたが、電源が切れないのでバッテリーボックスを開けて切っていた(こうすれば電源が切れる)。新品デジカメを買うかどうか迷った挙句、結論はメーカーに修理に出すことにした。ネットで調べると、宅急便が商品を取りに来て修理して持ってくるのに1週間程度かかるとのことである(修理代は12,000円)。少し辛抱すれば、買い替えることより断然お得である。断捨離世代に突入しており、新品を買っても勿体ないと判断した。

☆ 孫の寄宿舎行

送って行く娘に家内がついて行き、途中で美術館(池田学展)で趣味の絵画を見るそうである。「猫に小判」で興味がないので留守番であるが、家内が昼食の準備をして行くので餓死することはないだろう。

☆ 散歩

雨が上がったので昼食前にいつものコースを歩く。川の下流に水門があるので、川はひょろ長い池のようなものである。暖かく風もなく波も立ってなく静かで、いろんな種類の鴨があちこちに群れをなして浮いている。ジョギングする若い人達に出会うが、前から来る人追い越して行く人の元気な姿を見ると少し羨ましい。こちとらが追い越すのは自分より年配者かな?河畔のそばの竹林は、風の強いときはコーンコーンと音のする時があるが、今日は全く静かで揺れてもいない。水仙のそばを通るといい匂いが香ってくる。遠くの小山で野焼きの煙が上がり、枯れ葉などのにおいが漂ってくるが、昔の野山を思い出させて懐かしい。ぶらぶら歩きながら1時間を超えて歩いてようである。傘を持って出かけたが薬に立たず、帰って来た時は陽が射していた。冬の天気は変化が激しいな~

☆ 昼食

久しぶりに一人で昼食を摂る。歩いてきたので腹が減っていたのだろう。Kさんから頂いた餅1個をレンジでチンして、醤油を少したらし海苔巻きにして頬ばった。これは美味かった。小籠包5個、自家製栗きんとん、サラダ(レタス)、なます(大根・人参・黒胡麻・甘酢)、Fさんから頂いたみかん、何も足さない素朴なビスケットなどと紅茶を飲みながら食した。高貴高齢者は食欲旺盛である。

☆ 日が暮れて

ラグビー日本一を決めるサントリーとパナソニック戦を見る。熱戦であったが最近のラグビーはペナルティキックで点を取ることが多いようである。終わって少し午睡する。起きると雨になっていた。

2017年1月28日 (土)

地名と読解力

室温14℃ 4時30分起床、ワンパターン(血圧・体重・暖房・ポット沸し・新聞など)のお努めをする。天気予報では温度も上昇するとあるが、窓越しに見える空は、今もところ快晴である。朝食もワンパターンであるが、ネット購入した愛知県知多半島の篠島シラスを海苔巻きで食す。

☆ 孫の帰省

昨晩、娘の車で帰って来た。2泊3日の帰省である。学校では、インフルエンザや大腸炎、マイコプラズマ肺炎に罹っている生徒がいるらしいが、孫は至って元気で勉学に励んでいるらしい。短い2日間ではあるが家の中が活気づく。

☆ 地名と読解力

昨晩、ひな壇番組を何の気なしに見ていたら、福澤朗(元アナウンサー・現タレント?)氏が、日本の50地域の難読地名に答えていた。吾輩も関西に住んでいた時期があったので、大阪にも放出、御幣島、吹田、枚方など難読地名は沢山あるし、大阪の地名ならいくらかわかる。しかし、福澤朗さんは、学生時代からの趣味と職業柄と旅好きが高じたのか、記憶力の凄さに感嘆した。全国津々浦々の難読地名を49も正解するとはただ恐れ入るのみである。恥ずかしながらほとんど読めなかった

翻って「でんでんとみぞうゆう並ぶ最前列」、これは今朝の朝日川柳に掲載されていた。これは面白かった。我が国のトップは、専用機で度々あちこちへ平和・経済外交?で外国へおいでになり、忙し過ぎて日本語の勉強をする暇はないと推察するが、最低限の読解力は必要かな~。

☆ 「晩成の郷」

天気も良いので久しぶりに様子を見に行く。夏場に勢力範囲を拡大していた琉球朝顔も、さすがにものの見事に冬枯れ姿で崖を覆っていた。周辺の竹藪は、快晴の空に向かって密集して長く伸びていた。ついでに、トランプさんが国境に壁を築くと言っていたので、逆に隣地との柵を撤去、自由に車も人も通れるようにした。近所に住むKさんにも野暮用があったので会いに行った。旧正月で丁度餅をついていると言って、つきたての立派な丸餅を沢山頂いた。感謝感謝である。

☆ 散歩

昨日とほぼ同じコースを歩く。今日は一段と暖かくなったのでセーターで歩くも、歩いているとだんだん汗をかいた。1キロ以上続く河畔の桜並木を見上げると、少し早いような気がするが、つぼみも少し広げているようにも見える。花見の頃が楽しみである。

☆ 日が暮れて

烏の行水入浴、長めの午睡も済み日が暮れた。孫は動画に飢えていたのであろう。昼からパソコンとにらめっこしている。

今日の「晩成の郷」を撮る。竹藪と枯れた琉球朝顔

Dscf5038

Dscf5046

2017年1月27日 (金)

朝食

室温13℃昨日より1℃上昇、今日も朝のお努め(宗教行為とは無関係)が終わり1日が始まる。毎日が著変なしではあるが、これが一番良いのかも知れない。新聞を読んでいると、毎度広告量の多さに驚かされる。暇に任さてチェックしてみたが、36ページの朝刊の少なく見ても、全面広告9ページを含め16ページ以上が広告であった。新聞経営は広告掲載なくして成り立たないことは承知している(活字離れの著しい現在、発行部数も減少しており大変だろう)。キンキラ声と詐欺商法まがいのテレビCMに比べるとまだましではあるが(NHKまでやるとは恐れいるが)、それにしても広告の多さは、新聞の不偏不党、言論の自由が侵されないかと心配になる。

今朝の窓越しに見える空は、今にも雨が降りそうな曇天であり風も強いが、予報では暖かくなるとある。

☆ 朝食

ここ数年、余程のことがない限り、海苔巻き(米は特別栽培米ー注1・佐賀海苔・縮緬雑魚)、具沢山の味噌汁(豆腐・おからー注2・あげ・葱・わかめ・大根葉・小松菜など)、自家製漬物(白菜・大根・大根葉・キャベツ・胡瓜)、デザート(林檎・黒胡麻・黄粉・プルーンエキス・カスピ海ヨーグルトー注3)、知覧茶ー注4の定型的な朝食が続いている。この食生活のお陰で病気らしい病気もなく日々を過ごしている。とは言ってもクリニックには病名をつけられ受診している(本人は老化現象と思っているが病気なんだろう)。家内に感謝して食器洗いは吾輩が担当している。

注1 近隣農家の生産・直販の特別栽培米で少し価格は高いが、安心・安全といったところ。

注2 おからはJA道の駅で買うが1袋50円これを小袋に分け冷凍し、毎朝味噌汁の具に加えている。これが便秘に効果的である。

注3 家森幸男京都大学名誉教授が、グルジア地方から種菌を持ち帰り日本に広めた。我が家では、知人から種菌を頂き、容器のヨーグルトが3分の1以下になると市販の無調整牛乳を混ぜて、うなぎ屋のタレのつけたしのように使って10年以上になる。市販の砂糖入りヨーグルトを買うよりよほどリーズナブルで健康に良いので文句なしである。

注4 終戦前の特攻隊基地のあった鹿児島県知覧町で生産されるお茶であるが、テレビの影響で有名になりすぎたきらいがある。

☆ 終末時計

ネットを見ていると、終末時計が30秒縮んで2分30秒になったとあった。説明ではノーベル賞(Nobel Prize)受賞者15人を含む科学者や識者らの団体が出した声明によると、残り時間が短縮されたのは、「世界規模での露骨なナショナリズム(国家主義)の台頭、トランプ大統領の核兵器および気候問題に関する発言、発展を続ける技術によって暗雲が立ち込める世界の安全保障情勢、科学的専門性に対する軽視の増加」といった懸念があるためだという。トランプ氏とプーチン氏がその原因とされていたが、さもありなんと理解した。

☆ 散歩

降ったり止んだりの天気であったが、薄日が射し「雨上がる」で散歩に出かける。5km歩くが、右の太ももと右腰に痛みを感じる。歩きながらつらつら考えると、昨日のボウリングで足腰に力を入れたのが影響したのかな~(じっとしていると痛みはないのに)。風もそよ風、暖かく結構な散歩日和であった。昨日と同じように下校する子供たちが道草をしながら楽し気に帰って行く。

☆ 今日も暮れて

18時前に少し薄暗くなってきた。今日はこれにて一件落着。一件落着で思い出したが、数日前、鮪釣りで有名な俳優が亡くなったが、テレビ時代劇「遠山の金さん」で諸肌脱ぐシーンがあったな~

 

2017年1月26日 (木)

今朝も昨日と同じ寒い朝となった。室内は12度あるが、放射冷却の影響で外気温は0度である。いつもの朝の勤めが済むと今日の1日が始まる。窓越しに見える空は快晴、昨日より暖かくなりそうである。

☆ 壁

朝刊を見るとアメリカ合衆国大統領 ドナルド・トランプ氏がメキシコとの国境に「壁」を作る命令に署名したとある。古くは中国「万里の長城」、冷戦中の東独・西独の「ベルリンの壁」、ユダヤ教とイスラム教対立の「イスラエルとパレスチナの壁」、歴史は繰り返すといったところか、世界の趨勢は、例えば「ユーはどうして日本へ」のテレビ番組ではないが、好もうが好むまいが経済活動、文化交流などボーダレス、国境のない時代に入っているのがよく理解できる筈である。アメリカ合衆国人口5分の1の支持しかないトップが、ポピュリズムで自国民と世界の人類を振り回すのは、ごまめの歯ぎしりであるが吾輩には納得できない。勝てば官軍か?

☆ ボウリング

今日は1人増えてグループ5人の練習会となった。和気あいあいで投げ合うのは良いが、レーンのコンディションの悪さは相変わらずで、投げたボールが戻ってこない、倒したピン以上に倒れる、倒したピンの数をしっかりカウントしていない、二投目のピンが崩れるなどしてしばしば中断する。これは投球者に大きな心理的な影響を与え、アベレージが伸びない結果となる。これは弁明でも負け惜しみでもなく事実である。その結果、吾輩の4ゲームアベレージは、138.3点と目標には遠く及ばない結果となった。捲土重来を期するしかない。ボウリング場の掲示板を見ると、団体戦で1位になっていたが、このまま優勝したいものである。

☆ 今日も暮れて

朝から夕方まで暖かい青空の1日であった。朝からネット株でボウリング代を出してもらって、ボウリングに行って、遅くはなったが家内手作りの昼飯を食べて、本を読み「政治家失格 田崎史郎著」、風呂に入り、パソコンに向かい、子供たちが友達と楽し気に話しながら三々五々と帰って行くの見聞きしながら、陽が沈み日影が長くなっていった。運動疲れ(少し大袈裟であるが)か、夕方暗くなってひと眠りした。爺になり無為徒食の平穏な日々に感謝している。

2017年1月25日 (水)

寒い朝

今朝も寒い朝となった。室内は12度あるが冬一番の冷え込みで外気温はマイナス1度である。空を見上げると星が輝き宇宙は広いぞと威張っているように見え、昨日と違って快晴を思わせる。いつもの朝の儀式(パソコン立ち上げ・健康データー入力・定番朝食・歯磨き洗顔・トイレ・日誌)がすんで今日の1日が始まる。窓越しに見える空は雲一つなく快晴である。

☆ 散歩

毎日散歩が、日課であり日々の生活パターンの一部に組み入れているので、今日も朝から特段の用事もないので、トランプ旋風で日本の株は揺れているが、ネット株をちらりと見て散歩に出かける。寒いだろうと思って完全武装ででかけたが、意に反して風も河畔を撫ぜるような優しい風が吹き、空も青空の遠くに白い雲がゆったりと浮かんでおり結構な散歩日和であった。鴨は群れてあちこちに浮いていた。歩くにつれて汗ばんできて、最終的にはランニングシャツでいつものコースを5km歩いた。

☆ 烏の行水

高齢者は、夜遅くには風呂に入らない(断酒実行以降勿論飲んで入浴することもない)。無為徒食の身であるから、まだ陽が落ちていない暖かい時間帯に遠慮なく風呂に入る。だが入浴時間は短い。浴室と脱衣場を暖房して沸いたよとロボットの合図があれば早々に入り、なるべく石鹸で身体をこすらないようにしている。老いてからは、風呂の湯加減に皮膚が鈍感になったせいか、45度の風呂に入っても熱く感じない。逆にあまり長く入っていると、家内が、浴室でひっくり返っているのではないかと心配するだろうと気配りするせいかも知れない(心配していないかも?)。浸かるだけの入浴が多く20分もすれば終了である。年がら年中「烏の行水」ではないが、最近、テレビで高齢者の入浴について、微に入り細に入りご指導いただくので極力短めの入浴を心がけている。

☆ ブログ名変更

「晩成の郷」に始まり「無為徒食の日々」とブログ名を変更してきたが、思いつきバッタではないが、3度目の改名をした。「爺の戯言・妄言」と言うネーミングで出発進行である。爺としたのは、後期高齢者と言う言葉にアレルギー起こしていたからである。世界・日本の凄いスピードの変化に驚きながら付いていけない面が多々あるが、現実を直視し「徒然草」ではないが、気ままに思いつくままに、頭の体操を兼ねでき得る限り日誌を綴っていくことにした。

2017年1月24日 (火)

寒いな~

夕食はぜんざい小餅3個入りと自家製白菜漬、産直林檎と紅茶ですます。今日を振り返ると、午前中は買物アッシーといつものコースの散歩で終わる。午後は本を読み眠くなって横になる。起きると16時を過ぎていた。年寄りのくせによく眠るものだ、いや年寄りだから昼寝するのは当然かもしれない。今日も寒い1日だっがインパクトなく平凡だった。

☆ 読書

「オッサンになる人、ならない人 富増章成著」と「モーパッサン傑作集(脂肪の塊/ロンドリ姉妹)太田浩一訳」を読み終わる。「オッサンになる人、ならない人」は、おじいさん、おばあさんに読み替えても通用しそうである。年寄りなると、動脈硬化と一緒で人として常識・弾力性・柔軟性が欠如する傾向がある。書かれていることを納得しながら、それなり反省しきりであったが、オジイサンにならない人をどこまで実行できるかな~。モーパッサンの「脂肪の塊」は若い頃に読んだような気がしたが、普仏戦争時代、侵略されたフランスの一地方を背景にした人間模様を書いた短編傑作だった。人間行動は今も昔も変わらないな~オジイサンは、多数派のご都合主義に抵抗できるだろうか?が読書感である。

今回は、借りてきた本は小説中心で読みやすいので、読書の進捗状況は良好である。

2017年1月23日 (月)

終活

今朝も寒い朝である。天気予報で⛄と言っていたが、ニュースでは高速道路は交通止めになっているらしい(県内の一部)。新聞を取りに出たが積雪もなく拍子抜けであった。寒くなるこの時期は、朝の血圧測定で少々高いデータがでるが、これは仕方のないことであり許容の範囲と認識している。

終活についてご意見をと思って「しゅうかつ・こんかつ」と打ち込んでみると、就活・婚活は素直に変換してくれたが、終活は変換してくれなかった。ならばとBingネットで検索をかけると「終活」について参考意見が続々でてきた。

ゆとりのある庶民・国民は、一般的には家庭・家族第一主義である。自分がこの世からおさらばする前に、老いさらばえても、まだ精神・身体に残存能力がある時期に家庭・家族の行く末を心配して、有価証券・不動産・墓の準備・身の回りの用品などの整理・片づけをしだすようである。

どこかの国の指導者は、メディアで見る限り家族第一主義と思われるが、建前上は国第一主義と叫んでいる。政治家の「終活」とはどんなものだろうか?本音と建前、世界の平和と言いながら憲法改正?国民にお手本となるような立派な「終活」をするのかな~?端的に言えば、原子力発電所から排出される放射能は低くみても10万年は残ると思われる。福島原発のように、自然災害で発電所が破壊され放射能をまき散らすかもわからない。発電所は安全と言われた方は、とっくの昔に黄泉の国へ行かれ責任の取りようがないかも知れない。人類が10万年も持つ可能性がないからかな~。政治家の「終活」でこんなものを相続させられる国民は堪ったものではないよ。

振り返ると、60歳前後に母と叔母を看取った。自慢ではないが遺産・財産など皆無に近かったが、残された身の回りの用品・ごみの整理はきちっとやった。叔母に至っては、何年もの間に着もしない衣類、買物袋やビニール袋などを備蓄しておりトラック2台分もあった。過ぎ去ってしまうと、悲しみも苦労も忘却の彼方ではあるが、後片付けは大変だったことだけが強く記憶に残っている。

いよいよ吾輩の出番も近づいたようであるが、母と叔母を看取った経験から、ここ数年、極力ものを買わない主義に徹して来た。例えば、現役の靴に至っては黒と茶の二足である(他にいつ捨ててもよい菜園作業用の一足)。衣類なども必要最小限度しか確保していない。思い出の写真もいつでも破棄できるように待機中である。トヨタ自動車の看板方式ではないがなるべく物を置かない主義である。デスク・パソコンは孫が帰省した時に利用しているので差し迫って処分の必要はないだろう。遺産は、母や叔母のDNNをしっかり継承しているせいか、皆無に近く取るに足らぬ微々たるものである。不要なものは、日々の生活で気が付いたときにどんどん廃棄して、残る家族に迷惑をかけない努力中と言ったところである。

☆ ボウリング

今日は例会に出かけた。いつもの対抗戦であったが、今日も相棒のNさんがいいスコアを出した。こちとらもマーマーのスコアだったので相手チームに3連勝した。この調子でいけば「稀勢の里」ではないが優勝するのではないかと妄想した。個人成績ではアベレージ148.2と今年目標150点迄あと一歩に迫った。

☆ 散歩

何時ものコースを60分程散歩する。今日は風も強く雲の流れも速く寒い散歩となった。

2017年1月22日 (日)

アメリカ合衆国大統領選挙

アメリカ大統領の選挙についてネットで調べて見たが、老化した脳力では、複雑すぎて理解することが難しかった。1年間わたる予備選挙などがあり、民主党・共和党の代議員がそれぞれの党の大統領候補、副大統領候補を選出し、一般選挙でも選挙人が大統領候補、副大統領候補を選出する間接投票であることを理解した。投票された票が大統領を決めるのではなく、選挙人を多く確保した党から大統領が選出されるらしい。今回の選挙でも、ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏より投票数は若干下回っていたが、選挙人の総取り制度により538人の過半数を遥かに超える306人の選挙員を確保し堂々と予想外で大統領になった。

いずれにしろ、アメリカ合衆国の人口は3億人を超えているが、国民のトランプ氏指示が間接投票6千万人強と5分の1だし、民主主義・自由主義・資本主義を標榜する国家ではあるが、多種多様な主義・主張もあり、しかも個性の強い大統領だから混乱が続くかもね。目が離せないな~

☆ 散歩

今日も相変わらず寒い1日であった。雪が舞ういつもの河畔のコースで、若者が投げ釣りをしていたが、偶然獲れた魚をスマホに撮っているのを見たので、魚名を聞いたところ「ブラックバス」と応えた。記録として撮った後は、釣りの醍醐味でやっているので外来種であるがリリースするだろう。寒かったので散歩を早々に切り上げて帰宅する。