ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 無為徒食の日々 | メイン | 武力紛争 »

2016年12月17日 (土)

真砂土

ぐずつき気味だった空が久しぶりに晴れ、寒さも緩んだので、前々から気になっていた菜園通路のかさ上げすることにした(雨が降ると水たまりがあちこちにできる)。早速朝から近くの家庭雑貨・用品店(花の苗から肥料・土、日用雑貨まで販売)へ真砂土を買いに行った。店の軽自動車を借りて、真砂土1袋15kg228円(税込み)を10袋買って運び込んだ。

高貴高齢者には15kgの袋も相当堪えるが、老化現象(筋肉の衰え)が進行していると自覚しているので、体力づくりと言う大それた気持ちはないものの、健康ボウリングと一緒で体力の現状維持には良いだろうと身体を動かした。狭い通路に真砂土をばら撒き、土を慣らし足で踏んづけて固めた。ついでに、庭に植えていた秋茄子には、炒め物、味噌汁の具などで大変お世話になったが、実がならなくなったので、埋め戻し感謝の気持ちで肥料をかけた。あんなこんなで、頑張ったが一応済んだときは昼を過ぎていた。昼食後は、保育園児とご同様、お昼寝タイム、日頃あまり労働をしないので、疲れからか早々に眠ったが60分すると起きた(昼寝として長いか短いかはノウハウものの本によれば少し長いようである)。再チェック(凸凹ならし)、微調整(周辺を少々草抜き)をして今日の作業を完了した。いい汗かいたと言いたいところであるが、老化すると皮膚も鈍感になったせいかそれほど汗もかかなかった。足腰痛くなり物凄~い労働をした気持ちであるが、それほど働いてないのかも知れない。