ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 萩焼茶碗 | メイン | 読書 »

2016年11月29日 (火)

高貴高齢者の免許更新

最近高齢者の交通事故が、メディア等で大々的に報道され話題になっている。これに便乗して70歳になれば免許証返上させよとの極論も投稿されたりしている。実現したら言ってる本人が70歳になったときに免許証返上で悩むことはないのかい?。70歳以上の免許証保持者が全国で950万人近くいるらしいよ(27年末警察庁免許証保有者統計から)。高齢者を敵に回した短絡的な発言いただけない。政界・財界・官界が景気、景気と声高に叫ぶ経済活動(自動車販売・観光等々)に大きな支障をきたすのではないかい?。吾輩は、高貴高齢者として残された人生を淡々と歩んでいるだけだから、国民13,000万人弱の日本、いろんなご意見が発言があることは、民主主義を象徴していることだから結構なことだと思うが賛同し難い。ご本人は70歳前にこの世からおさらばされることを前提におしゃっていらっしゃるのなら、道連れにされて困る国民(地方都市・限界集落・買物・通院等々)が沢山いるんじゃないかい?。吾輩の周りには、70歳になっても若い人に負けないないぐらいしっかり安全運転で日常生活を頑張っているよ。人は緩慢に老化していくだろうから、心身(耳・眼・筋肉・脳・運動神経等々)ともに劣化するのは如何ともし難く自然なことである。これは、今の高齢者だけではなく、生まれてくれば、健康で長生きする人は必ず同じ道を歩むことになっている。人はともすれば、自分の年齢とその目線で判断するが、心を広く持ちたいな~(自分も然り)

今日は、自動車免許更新を行ったが、事前に免許更新講習を半日にわたって行っていたので、受付から眼の検査、写真撮り、免許証の交付まで20分程度で終わり免許証の交付を受けた。先行き不透明ではあるが、これからも3年間交通ルールを守り安全運転に努め、無理せずできる範囲で、ドライブ、買物、通院等運転を楽しもうと思っている。(3年に1回のイベント終了。)