ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 今日も今日とて(ボウリング) | メイン | 今日も今日とて(道の駅) »

2016年7月19日 (火)

今日も今日とて(梅雨明け)

昨日、朝から敷石(加工ブロックの平板)を日曜大工の店に買いに行く(菜園用の土も購入)。サービスカーを借りて重い20枚の敷石を運ぶ。朝から陽が照り暑い。早速、雑草防止のために敷石をひき、ついでに買って来た花と菜園用の土を、自家製腐葉土に混ぜ埋め戻す。良い汗をかき、梅雨前から気になっていたたことが、やっと終わった。当分菜園を休ませて、来春にはいろんな野菜を植えようと思っていたところ、ニュースで梅雨明けしたことを知った。これから一段と暑くなることだろうが、その前に草取りや庭周りの整備をそれなりにしておいて良かったな~。ついでに5年前から使っている日よけを張っておいた。年寄りは物を粗末にしないので、古くなっても使えるものである。

☆雑感(読書)

昨日は「本当のこと」を伝えない日本の新聞(マーティン・ファクラーニューヨーク・タイムズ東京支局長著を斜め読みではあったが読み終わった。3.11の地震・津波、福島原発事故についての記事、日本の記者クラブ(排他性と政治家・官僚・民間企業依存等々)、日本大手新聞社と所属する記者(ジャーナリスト)について書かれていたが、なるほどと思いながら我が意を得たりであった。アメリカのジャーナリストは、報道に対する熱意と使命感をもって、新聞社を転々としながらキャリアアップを図るが、日本では、一流大学を卒業して一流新聞社の記者になると一生くいっぱぐれなく、高給を取り、余程の失敗がない限り大過なく定年退職するシステムであると語っていた。

我が国の官僚組織を見ると、国・地方の横並び体質が毛細血管のように隅々まで通っているが、新聞業界も官僚組織の影響と配慮を受けているのかな~?それで記事にも同じ傾向が見られ、金太郎飴のようにどの新聞読んでも変わり映えしないのかな~?