ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

サファリパーク(秋吉台)

風の向くまま気の向くまま、サファリパーク(秋吉台)に行って来ました。山また山の山口県と言った感じですが、誰のお蔭か知りませんが?道路だけは整備されており、車も少なく、渋滞もなく快適なドライブが楽しめました。マナーを守ってツーリングする人たちにも出会いました。挨拶されるとすがすがしい気分になります。行きは連休中でもあり、高速道路も行楽地も混雑しているかと思っていましたが、予想に反して目的地迄すいすいでした。サファリパークは子供連れや、若い人たちが来ておりましたが、混雑してたまらないと言う状況にはありませんでした。シニアサービスで割引もあり、ガイド案内を聞きながら、各エリアを見て回りました。食事の後のせいかわかりませんが、チーター・熊・ライオン・虎等がゆったり寝そべっていました。帰途、角島大橋に寄りましたが、老いて来ると運転も楽ではないことを痛感しました。帰宅するとクタクタでした。

秋吉台 ドライブしながら見ると、展望台から見るのと違った風景が見られます。

Dscf2200

Dscf2205

ベンガルトラとホワイトタイガー ホワイトライオンもいましたがタイガースです。

Dscf2228

Dscf2234

角島大橋はいろんな車のメーカーのCMに使われているらしいです。

Dscf2245

Dscf2247

続きを読む »

2014年4月22日 (火)

ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)

今朝の新聞を読むと、豊前市鳥井畑の求菩提園地一帯で土日にイベントが行われ賑わったと記事にでていた。隣接する犬ヶ岳にはツクシシャクナゲの自生地があり、国の天然記念物に指定されており、満開近しとのことであった。イベントも済んだことだし、人も少ないだろうと思い出かけた。周防灘の海岸線から相当遡った山奥であるが、私と同様の暇人と思しき人たちが来ていた。就職したばかりの頃、鳥井畑に実家のあった友人宅に泊まり、傍の川で魚釣りをし、麦酒をぐいぐい飲んで、初めて五右衛門風呂に入り、翌日は二日酔いの3人で犬ヶ岳に登った記憶がある。季節は今の頃でツクシシャクナゲが咲いていたと思うが強い印象は残っていない。犬ヶ岳迄は遠いので登り口の駐車場に車を止め、求菩提キャンプ場に咲いているシャクナゲを見て、デジカメにおさめて満足した。昼食時間になっていたので、そば屋を探した。最近は、高齢化と健康志向が強まり、ラメーンからうどん、そして蕎麦と九州もそば屋が侵食しだしてどこでも手打ちそば屋が見られるようになった。「夢幻庵」と言う手打ちそば屋を見つけて入った。先客は2名、店主は風采の上がらない男で、ぼそぼそと話すが実直そうに見えた。10割そば定食(ざるそば・野菜の天ぷら・そばがき)を頼んだ。一人でやっているので仕方がないが、注文してから食べるまで相当待たされた。出汁とそばがきは美味であった。仕事場をのぞくと、麺切りは機械の麺切りを使っていたようだ。しかし、ざるそばの麺は不揃いであったので、麺包丁で切ったのかな~?支払う時に税別で8%上乗せされたが、田舎も都会も一緒だな~と思ったりした。

求菩提キャンプ場のツクシシャクナゲと新緑、そば処「夢幻庵」周辺の畑と山並み

Dscf2178

Dscf2183

Dscf2189Dscf2194

続きを読む »

2014年4月19日 (土)

手打ちそば

「晩成の郷」でそばを打たなくなって3か月過ぎ、Yさんの手打ちそばを食べたくなり、Yさんに連絡して「戸切の郷」で打っていただきました。「戸切の郷」周辺は、新緑が色濃くなりつつありました。いつもの癖でそば打ち最中にいろいろ話しかけるので、迷惑かけたと思いますが、Yさんの腕は確かでした。離郷する時には、お土産に朝どり筍を頂きました。昼は、早速自宅で、打ち立てそばを簀巻き蒲鉾で食しましたが、これは旨かった。そばと蒲鉾のハーモニー、きしきし感、もちもち感、喉ごし、最高の贅沢を味わいました。少し残念だったのは、妻が筍を買って来ており、かぶったことです。隣家の方が快く貰って下さったので一件落着、良かった良かった。

今日の「戸切の郷」竹藪と老木 近くのレンゲ畑と田んぼの隅の鷺

Dscf2165

Dscf2167

Dscf2176

Dscf2173

続きを読む »

2014年4月16日 (水)

図書館

本を読むことから遠ざかっていたが、「晩成の郷」の管理だけになり、簡単なパソコンや軽い散歩、狭い菜園の野菜植え付け、ブログ等だけで時間的余裕もあり、眼は少し悪くなったが、長年遠ざかっていた読書に挑戦することにした。幸いなことに、九州厚生年金病院跡地に、モダンな八幡西図書館が出来たので利用することにした。本の貸出・返却手続きも進化しており、時代遅れになっていることを痛感しながら手続きを行った。若い時からあまり難しい本は苦手だったので、エッセイから入ることにして、2週間の期限で3冊の本を借りた。タイトルは、佐野洋子「神も仏もありませぬ」椎名誠「コガネムシはどれほど金持ちか」中村真一郎「全ての人は過ぎて行く」であった。ランダムな選定で、斜め読みしたが、佐野洋子さんは72歳で亡くなられてますが、田舎暮らし(自然・触れ合い・出来事)を面白く読ませて頂きました。椎名誠さんは69歳でご活躍中ですが、タレントのスギちゃんよりも自然、世界の国々体験者としてのワイルドさが出ており、麦酒が好きと言うところが共感できました。中村真一郎さんは大正生まれで79歳で亡くなられてますが、日本の上流社会を垣間見ました。東大時代を含めてフランス文化等を研究され、学者、文筆家として有名な方でした。私はこの歳になるまで知りませんでした。これからお三方の本を、更に読ませて頂きながら、多士済々の方と本を通じて出合って行きたいと思っています。

釣り人の傍でおねだり、対岸で釣れるのを我慢強く待つアオサギ

Dscf2094Dscf2095

満開の八重桜とウコン桜

Dscf2101_2Dscf2098

図書館と隣接する長崎街道松並木

Dscf2159

Dscf2154

Dscf2158

Dscf2151

 

続きを読む »

2014年4月15日 (火)

心強い見方?

元沖縄県の地域診療所長(ドクター)の「自分スタイルのセカンドライフ」と言うブログをよく読ませて頂いているが、わが意を得たりと思うことが多々ある。受診するクリニックで血圧が高いと言われ、降圧剤を増量される小生にとっては不安になるが、4月8日のブログ、血圧の年齢別「本当の正常値」を見ると、60歳以上の男性数値は、上が95~165、下が58~101とされている。この範囲の血圧であれば大丈夫と言われると、そんなに悩まなくても良いかといった気持ちになる。老いて来ると、残り少ない人生を大事にしたいと思い、狭い世界に入っていくが、もっとおおらかに生きるように心がけたいと思う今日この頃である。

「晩成の郷」周辺~新緑のもみじも良いものです

Dscf2116Dscf2122

藤まつりが近い吉祥寺~今月の終わりにかけて境内に藤の香りが漂うでしょう

Dscf2126

Dscf2131

続きを読む »

2014年4月 7日 (月)

旬を食べる

昨日K・JAの道の駅で筍を買いました。茹でてあり、小ぶりではあるが1本400円とリーズナブルでした。この時期になると、泥つきの筍を貰うことがありますが、洗う、皮を剥く、茹でるという作業が入ります。頂くことは有難いがこれはちょっと苦手です。今日の昼は、筍ご飯と先日「晩成の郷」でとった蕗の煮物、それに具だくさんの豚汁がテーブルに並びました。これは旨かった。筍ご飯も、蕗の煮物もあっさり味で、私にはベリーグッドでした。濃ゆい味付けにすると、そのものが持っている風味等を消してしまうのではないだろうかと思います。筍の香り、蕗の苦味を十分に感じた昼食でした。

今朝の散歩は、葉桜になりつつある桜を見ながらの散歩でした。

Dscf2061Dscf2062

これから色の変わるギョイコウ(御衣黄)桜、この桜はもう少し咲き続けるそうです。

Dscf2065Dscf2063

菜の花とチュウ―リップは、桜と対照的に今を盛りと咲いていました。

Dscf2072

Dscf2069



続きを読む »

2014年4月 2日 (水)

今日も快晴

桜の季節は3日と晴れる日がないと言っていたが、今日で3日間晴れっぱなしである。晴れた上に暖かい日が続いたので、菜園の草取りをした。無農薬のブロッコリーも食卓を賑わしていたが、実がならなくなり、葉と茎だけになったので掘り起し、粉砕して土に戻し、菜園の肥料として再活用することとした。葱は移植して集約した。今度は、オクラを植える予定にしているが、気温がもう少し上がらないと育ちにくいので種まき保留中である。この間に、「晩成の郷」から肥えた土を持ち帰り菜園の補強をした。素人菜園で、いい加減な育て方ではあるが、野菜は応えてくれる。有難いものである。

自分なりに整備したささやかな菜園、散歩時の満開の桜、産卵で川を遡って来た鯉、「晩成の郷」周辺の白木蓮(今年も満開時を逃す)、仕方がないので傍のもみじ、「晩成の郷」の山椒の木を撮る

Dscf2027Dscf2031

Dscf2045Dscf2052

Dscf2054Dscf2056

続きを読む »