ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

« 2011年7月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

そばカリント

今日は来郷者もなく、午前中は室内外の掃除等を少しする。曇ってはいるものの雨も降らないので、いつものコースを20分程散歩する。午後からは、思い立ったので、久しぶりに、そばカリント作りをする。日ごろ打っているそば粉に黒ゴマ、砂糖、塩等を混ぜてそば打ちする。打ったそばを適当に切って植物油であげる。500gのそば粉で800g程度のそばカリントが出来上がる。甘さ控え目ではあるが贅沢なそばカリントである。これで今宵の麦酒の量が少し増えた。明日は、そば打ちに来る人には賞味して貰いたいと思っている。

2012年6月25日 (月)

異色のそば打ち

今日はEさんがそば打ちに来ました。最近は上達して、来るたびに1kgを一度にそば打ちします。理学療法士として近隣の有名なリハビリ病院に勤務しており、休日を利用してそば打ちしています。そば打ちがすんで珈琲を飲みながら雑談していたら、珈琲豆の話から若い頃はお金を貯めて世界を旅した話がでました。エジプトやパプアニューギニアでスキューバーダイビングのインストラクターをしていたこともあったとのこと。最近、院長先生から病院職員に話をしてやってほしいと頼まれて資料作りに苦労したと話していました。近々新そばの試食会が予定されているので、休日であれば試食会に参加してほしいと話しました。2年ほどエジプトで生活していたらしいので、あわよくば、エジプト見聞録を聞かせて貰いたいと思っています。

2012年6月24日 (日)

そば打ち

Cimg0927_3

この写真は、レッドバルーンと言う名前の西瓜です。1個出来てます。うまく育って、みんなで美味しく食べることが出来たら良いなーと思っております。西瓜も夢も大きいほうがいいでしょう。

今日も、雨の中そば打ち体験者と会員が来ました。Mさんが初めて1㎏打ちに挑戦しました。ギャラリーは指導する人と会員でしたが、臆することなく堂々と打って見せました。Mさんは、打ち方についても熱心で、スマートホーンでそば打ち動画をしっかり見て勉強しています。更に、そばを美味しく食べることにも強い関心を持っており、生わさびを使います。(教室でそば打ちする人でそこまでする人はいないように思われます。) また、十割そばと二八そばを打ち、食べ比べてのどごし等の違いを研究しているようです。これから先、そば打ち趣味が一段と進化することを願っています。

2012年6月22日 (金)

新そば

今日、新そばが来ました。熊本市南区の乙畠で栽培された春そばです。この蕎麦は、暖かい潮風に吹かれて大変香りが良いとそば粉製粉会社のKさんが言っていました。近々そば打ち指導をしている人達と試食会をしたいと思っています。どんな食感かな~とわくわくしてます。

2012年6月20日 (水)

梅雨の狭間で

昨日は台風4号が日本列島の南部を吹き荒れたが、こちらは風も雨も少なかった。今日は晴れて、鳥の声は相変わらず賑やかである。そば打ち体験者も2名来て、Yさんの指導で楽しそうにそば打ちしている。明日は台風5号がやってくるそうだ。台風の時期は9月頃だったのに、季節が少しおかしい感じもする。畑は予約していたサツマイモの苗が入り、昼からはサツマイモを植えた。昔からある種物屋さんの苗で、徳島の金時と言う芋の苗で元気が良い。11月の収穫時期が楽しみだ。

2012年6月17日 (日)

畝と畔・そば粉・そば打ち

1 畑作り

今日は梅雨の晴れ間でした。畝と畔の意味をネットで調べて見ました。可愛い菜園ですが、明日の雨に向けて、整地して、畑に高低をつけました。畝は高いところ、畔は低いところの理解で言いのかなと自分で勝手に解釈しています。まあ自分なりの畑を作ったことは間違いないことです。近々に、さつま芋の苗が入ります。そば打ち教室に来る畑作りの先輩諸氏のご指導いただきながら、植えることにしたいと思っております。

2 そば粉

教室では、そば粉にこだわっています。国産、石臼引き、賞味期限と産地が明示された信頼できるそば粉です。そば打ちをする時に最もこだわったのはその点です。たどりついたのは九州のへそである熊本市のそば粉製粉会社でした。国内には、国産そば粉を売り物にしてネット販売で高いそば粉を販売する会社があります。信頼できるそば粉製粉会社から買ってそば打ちを楽しみたいものです。

3 そば打ち

基本的には勝手気ままに打つべきものと思っております。本物のそばを食べたい、本物のそばを打ちたい、丸く伸ばし、伸ばした表面が凸凹のないそばを打ちたい。本人が努力をするかどうかにかかっております。その際にそば打ち講釈を言わないことだと思っています。平安時代ではそばは雑穀として扱われていました。自然の中で育ったそばを好きなように打ちたいと言う気持ちだけです。

2012年6月16日 (土)

晴耕雨読

今日は朝から梅雨らしい雨が降っている。「晩成の郷」も雨の中で鳥が鳴いている。鶯のきれいな鳴き声が聞こえる。そば打ち教室の中は、そば打ち中である。麺きりのリズミカルな音がする。テンペンカケタカと言うように聞こえる鳥も鳴く。にぎやかな雨の朝である。昨日は今日の天気を予想して、玉葱畑を掘り起こし、肥料を撒き、次の植え付けの準備に入っていたので良かった。今日もノンビリと過ごせそうである。

2012年6月14日 (木)

玉葱畑を掘り起こしました

新しく耕した畑で玉葱の収穫がありました。可愛らしいラッキョウのような玉葱がたくさんまじっています。そば打ちに来る人に差し上げていましたが、皆さんの評価はいまいちだろうと思っています。ただ言えることは、無農薬で育てていることには自信はあります。今日はすべての玉葱を掘り起こし、サツマイモを植えるための準備に入りました。今日我が家では可愛いい玉ねぎをトマト煮にしていただきました。妻は皮むきが大変だったと話していました。麦酒の肴にはベリーグッドでした。

2012年6月12日 (火)

3年目のそば打ち教室

Cimg0913_2


「晩成の郷」と言う、日勤の田舎暮らしを初めて3年目になります。そば打ちクラブと菜園クラブで始めましたが、一人では田舎暮らしも大変で、菜園クラブを無料開放して、現在はそば打ち教室にしております。おかげさまで、20名程の人たちが集まりました。みんな適当にそば打ちに来たり、菜園に来たり、お茶(珈琲)に来たりして好き勝手のことを言って遊んでおります。気が向けば遊びに来てください。