ウェブページ

Powered by Six Apart

お気に入り

2018年2月24日 (土)

うれし涙 次こそ

室温16℃ 新聞を取りにでる。ひんやりしているが晴れるらしい。部屋に戻り知覧茶を飲みながら新聞を広げる。一面トップの見出しは「うれし涙 次こそ」のカーリング女子の記事である。今朝も一面は冬季オリンピックに乗っ取られた感がする。カーリング女子のゲームを少しテレビで拝見したが、老化した脳にはルールも判らず、感動もなく、感想は「ちっとも面白くない」が率直な結論だった。新聞では大きな見出しが踊っているが、オリンピックになると、新聞も愛国心を発揮して「大本営発表」になるな。大騒ぎする割には、15日現在メダル獲得国家21国家の11番目で11個である。勝ったと大騒ぎするなら、せめてメダル獲得数でベストスリーぐらいに入らないと爺さんは思うのである。

一面左に米軍ヘリ、小学校上空飛行 普天間、米側が謝罪とある。相変らず沖縄県民の主権を脅かす記事である。県民が、戦前戦後どれだけ犠牲になったか、歴史を知る日本国民の一人として、このような問題が度々起こるのは辛いな。米国の従属国のような政府の弱腰にあきれるな。

今日の予定はアッシーと読書、ひょっとしたらボウリングかな。

午前中は、図書館から借りてきた「山本周五郎中短編秀作選集」を読み始める。周五郎氏の作品は、若い頃いくらか読んだように思うが、作品の内容は忘れてしまっている。図書館から借りてきた本を読み始める。市井に根差した人情物の機微に触れると、昔人間の心に迫るものがある。途中で、家内を講習会場までの送迎を行ったが、それ以外は本を読んでいたが、短編「雨あがる」などは底辺の弱き庶民に対する思いにじ~んと来た。今の世代には分かりにくだろうが周五郎氏の人間性は素晴らしい。

午後は、健康寿命維持のために、ボウリング場へ遊びに来る子供たちに気兼ねをしながら、隅のレーンをアメリカンで4ゲーム行う。結果は、アベレージ157.2点と目標値を超えていた。数日前から昔のフォームに戻し良かったのかな。

着たきり雀の生活をしているが、古くなったし、春が近いので隣接するスーパーで衣類と靴を買った。帰宅後風呂に入り疲れが取れた。もう外は真っ暗である。今日も終わった。また周五郎氏の本の続きを読むか。

2018年2月23日 (金)

読書・散歩

室温14℃ 朝の用事を済ませて新聞を取りにでると空気はひんやりしている。空を見上げ見渡たすと、白内障初期の眼にも多数の星が見える。部屋に戻り知覧茶を飲みながら新聞一面を見る。

働き方改革 データ異常値117件 首相謝罪「精査する」法案は提出方針-「働き方改革」と如何にも国民(大衆・労働者)の生活向上のための制度のようなポーズを取っているが、所詮、支配者層(政財界)が労働者を使い勝手を良くする制度であり、そのために官僚組織が後方支援するために操作されたデータではないか。ゼネコンに空港・道路などの巨大な公共事業をさせるために、国交省が都合の良いデータを公表、それ元に事業実施し空港利用者が少ない、高速道路通行車両が少ないと想定外だったと弁明する事例が、度々見られたが同じではないか。

高校生「祈りより銃規制を」-米国の風土は、銃規制に対して腰が重いのは歴史の中にある。ヨーロッパの国々から移住してきた白人達が、東部に近代的な都市を築き、南部・西部に進出した。その頃を題材にした西部劇映画を子ども頃夢中になって見た記憶がある。アメリカの歴史を見ると、アメリカの銃社会の原点はこの辺にあるように思われる。オバマ前大統領は、世界を指導する国家の代表として、野蛮な銃社会の規制をしようとしたが、トランプ大統領は逆の道を行きそうである。高校生が神も仏もあるものかの気持ちには共鳴する。指導者がしっかり銃規制をして、野蛮な人殺しをさせないことである。しかし、全米ライフル協会は、トランプ氏をはじめとする政治家に対する影響力が強いからな。

ネアンデルタール人の壁画?-今の地球で人類と言われるのは、世界中に広がった現生人類だけであるが、6万5千年前には、現生人類とネアンデルタール人が、住んでいる場所は違っても同時に地球に存在していた時代があったのだな。科学の力は凄いな。

朝日川柳-経済至上主義と一強の時代の広告塔としてメディアが騒ぐので、国民はその影響下にあると思うが、選ばれた朝日川柳を見ると、投稿者が、庶民・大衆の立ち位置からのものが大半だから、共鳴・共感し、ホッとするしスカットとする。

今日の予定-読書と散歩。午前中も午後も本を読んでいたが、夕方久しぶりに、いつも歩く川の側道(遊歩道)を歩く。風が少しあったが暖かく感じた。ちょっと歩いただけだったが腰が痛かった。ボウリングも良いが歩くのも大事だな。夕食はクロワッサン1個とココアを飲む。

2018年2月22日 (木)

読書とボウリング

室温15℃ 朝の用事を済ませて新聞を取りにでる。知覧茶を飲みながら新聞一面を見る。

追い抜き 金-トップ大きな見出しである。新聞もテレビも冬季オリンピック一色である。正月になると日本は神や仏のにわか信者一色になるが、どちらもメディアが騒いで、それにのせられて、人の良い国民が大騒ぎ、右往左往しているようにしか思われない。吾輩の場合は、心身ともに鈍化しているせいかな。オリンピックニュースにも宗教行為にも興味も関心も薄いな。ネットを見てたら、メディアが、メダルを10数個取ったと大騒ぎするのは、戦前の大本営発表ようだとの解説もあった。

2児殺害容疑で再逮捕-妻を殺害、子供も殺害したと思われる元警察官が、容疑を否認しているらしいが、常識的と言うか一般的には考えられないような事件である。夫婦・親族間などに深い闇があったのかな。

プロ野球くじ 本格検討-宝くじ・サッカー・競輪・競馬・競艇・オートレース・カジノ・パチンコなど、日本列島は、ギャンブル天国のようであるが、これにプロ野球も参入か。日本列島はギャンブル養成所になるよ。嫌だね。

今日の予定-昨日と一緒で読書とボウリングぐらいか。

午前中は引き続き借りてきた文庫本「父子十手捕物帳 鈴木英治著」の五冊目を読み終わる。午後は、今日もボウリング場行である(6日連続)。健康寿命保持のための健康ボウリングなので、基本的にはレベルアップは二の次であるが、やっておれば、昨日より今日、明日と腕が上がればという欲が出て来る。いつものように4ゲーム650円を払ってレベルアップに励む。1ゲーム目で209点と驚くようなハイスコアが出た。テンフレでストライクが出るかスペアーがとれれば210点を軽く超えていただろう。だが、2ゲームからのスコアーに伸びがなく、終わってみればアベレージ154点だった。特に2ゲーム目のスコアー122点はかえすがえす残念であった。今日も昨日と同じように雨は降らず、夕方は晴れ間も見えていた。後は読書の続きかな。

2018年2月21日 (水)

ボウリング

室温16℃ 起きると、血圧の測定に始まりいつもの行事をこなす。知覧茶で喉を潤しながら、新聞一面を広げる。

働き方法案 揺らぐ前提 厚労省、労政審に説明不足データ退出-政府は、誰のための政府かと言うと、国民でも今の政府・指導者を支えるエスタブリッシュメント国民の立場にあり、国民大衆のために存在しているわけではないと思っている。だから、心底労働者を支援する考えは初めからないのではないか。

金子兜太さん死去 98歳戦後を代表する俳人-俳句は「猫に小判」であるが、この方は、海軍士官として太平洋戦争に従軍、帰国後俳句を通して反戦行動を行って来られた方と認識・理解している。素晴らしい人が去って行くな~。ご冥福をお祈ります。

米軍機 湖にタンク投棄 三沢基地離陸 漁船10隻が操業中-まかり間違えば大惨事である。運が良かったと片付けられる問題ではないな。

今日の予定-読書とボウリング。

午前中は、引き続き借りてきた文庫本「父子十手捕物帳 鈴木英治著」の四冊目を読む。午後は、今日も又ボウリング場行である。4ゲーム650円を払ってレベルアップに励む。結果はアベレージ145点と上昇気流に乗らない。4ゲームで187点のハイスコアが出なければアベレージ大幅ダウンのところであった。ついでに、同じ商業施設内にある3Qカットで、1080円払って10分散髪をして帰宅、風呂に入り洗髪する。今日も昨日と同じように雨は降らず鈍色の空だった。

2011年 九州新幹線が鹿児島まで開通したとき桜島へ旅行、金子兜太氏の句をデジカメにおさめていた。

Cimg0487

Cimg0488

2018年2月20日 (火)

人生いろいろ・ボウリング

室温15℃ 体重測定(ちょっと太ったかな)後、ネットを立ち上げた。

久しぶりに同級生のブログを見る。内容を見ると、交流も活発・多彩で、旅・グルメ・歌・絵画・公演観覧・講演参加など多岐にわたって、元気に老後の人生を楽しんでいる様子が拝見でき喜ばしい。

吾輩の場合は、人との交流は、ボランティアなどにも参加せず、サラッとボウリングぐらいであるが、性格的に人と馴染まない性質を持っているのか、はたまた、生い立ちと人生経験の中でそうなったのか。更には、老いてその傾向が益々強くなったのか。人に気配りすることが億劫になったことと、自己主張が強く気ままなこと。言って見れば、一匹小虎ちゃん我が道を行くと言うか、他人と協調・交流せず一人で生きて行くのが気楽で良いのだろう。そうは言っても、最低限度の社会や家族とのつながりは確保し、自分なりに気配りはそれなりにしている(それでも腹立たしい時が偶さかあるが)。島倉千代子ではないが「人生いろいろ」である。少しは寛大な精神を持ち合わせるように努力すべきだろうが、老いて頭が一段と固くなったので無理だな。

新聞を取りにでると曇ってはいるが、昨晩は予報に反して雨は降らなかったのだろう。部屋に戻り新聞を広げる。

一面は、不妊手術強制 開示広がる、不適切データ ミスと強調 厚労相が謝罪、佐川氏招致「必要」67% 政府対応「納得できぬ」75% 本社世論調査などである。不妊手術の問題は、知的障害者であるが故に強制的にされたケースであるが、明らかに人権侵害だな。裁量労働制に対する国家答弁と森友問題における佐川長官の招致問題は、一強の強さと緩みで強引な国会運営が見て取れる。

今日の予定⇒買物アッシーと柳の下の泥鰌を求めてボウリングへでかける。

午前中は、買物アッシーの間、借りてきた文庫本「父子十手捕物帳 鈴木英治著」の三冊目を読む。午後は、いそいそとボウリング場へ出かける。最近はボウリング依存症の傾向が見られるが、経費は650円、酒やパチンコ、競艇など公営博打と違って健全なものである。4ゲームの結果はアベレージ144.3点と大幅にダウンしたが、それでも140点台をキープしたので由とするか。帰宅後風呂に入り疲れをとる。今日も曇っていたが雨が降らなかったな。野菜に水をやろうと思っていたら、家内が大根などを収穫したついでに水をやったのでパスする。

2018年2月19日 (月)

ボウリング例会・アベレージ168点

室温15℃ 昨日と打って変わって雨になるらしい。新聞を取りにでると曇ってはいるが、まだ雨は落ちていない。

新聞一面、オリンピック一色である。女子スピードスケート初 小平 金 の文字が大きく踊っている。下段に 首相「最長残業」を答弁 裁量労働側 質問の異なる調査比較-岸信介元首相を祖父に持ち、その影響の強い首相の本心は懐古主義にあり、本心をぼかすために国会での質疑応答には平気で謝罪するが、このようなことは気にしていないようである。最近の指導要領案ひとつ取って見ても、政府(総理)の強い影響がみられ、大きく矛盾する「国際社会における教育と自国主義の教育」である。憲法改正により戦争のできる国にしたいのではないか。総選挙では「狼が来るぞ」の危機感を煽って国民に緊張感を醸成し勝ち抜いたが、国威保持・高揚、経済至上主義のため70歳以上でも働け、死ぬまで働けと言う発想と言い、国民を戦前の大政翼賛会へ持って行くような思想は願い下げである。

今日の予定-ボウリング例会。

午前中は、ボウリング例会へ行き、2週間ぶりに同好会メンバーに会う。いつも1名~2名欠席のメンバーが、8名全員が揃うのは久方ぶりである。各チーム2名の団体戦、4レーン使って行う。結果は、我がチームは圧倒的な勝利で、断トツのトップに立った。個人戦でも、3ゲームアベレージ168点(177・159・168)とベリーグッドだった。これで、通算アベレージ150点目標に大幅前進である。一段と高みを目指す意欲が湧いて来た。頑張るぞと言ったところである。昼過ぎに帰宅し、家内の手作り料理を美味しく頂く。70代も終わりではあるが、食欲だけは旺盛で腹八分目どころか腹一杯食べた。

午後は、借りてきた「父子十手捕物日記 鈴木英治著」を読んでいたが眠くなったので、今度は腹一杯午睡する。起きれば夕方5時になっていた。夜の寝つきが悪くなるかな。外を見ると朝からの曇り空がまだ続き雨になるのは遅れそうである。

ついでに、昨日撮った写真を追加して記録に残しておく。昨日も寒い日に滝修行をした人がいたのかな?滝からの岩場に濡れた足跡が見られた。

Dsc_0001

Dsc_0010

2018年2月18日 (日)

ボウリング練習

室温13℃ 朝食の支度(ポットスイッチ・テーブル拭き)をして新聞を取りにでる。今日も天気のように見える。部屋に戻り知覧茶を飲みながら新聞に目を通す。一面は女性ファンが騒ぐ羽生結弦が羽生 連覇 宇野 銀 大見出しで紙面を占めて、下段に藤井六段に 最年少記録とある。

テレビ・新聞などマスコミ・メディアは大騒ぎ、今日も一日中報道されるだろうが、昨日も記したように、こちとらは関わりない「木枯し紋次郎」ござんす。ついでに、アイスショーの観覧料を調べると、あちこちで開催されているらしいが、一番良いシートは2万円以上するらしい。新聞の見出しを見ると更にヒートアップするだろう。市井の人である吾輩の4ゲーム自作・自演の650円との乖離は大きいな(当然か!)。将棋の藤井さん、知力と若さは凄いな。いずれは日本の将棋界を背負って立つのだろう。

今日の予定⇒ボウリング練習(努力は実る!⇒予備校のCMから)。

午前中は、ストレッチ体操を軽く行いボウリング場へ出かける。同好会のメンバーKさんが、奥さんと練習していた。明日の対抗戦に向けて調整しているのかな。こちとらも4ゲーム650円で練習をする。結果は辛うじてアベレージ140点であった。相変らずストライクが少ないのと、スペアーを取るのに苦労している。指が時々穴に引っ掛かりリリースが上手く行かないことがある。練習の積み重ねしかないか。

昼食は、ご飯、山芋とろろ梅和え、卵とじ(牛肉・蓮根・牛蒡・人参)、サラダ(ほうれん草・ツナ・マカロニ・生姜)、白菜漬、床漬(大根・人参)、知覧茶だった。毎度毎度、家内の野菜たっぷり手作りを美味しく頂いている。有難いことである。

午後は、水菜の壁紙に飽きたので、壁紙用の鳥か花の写真を撮りに行ったが、鳥も思うように飛んでこないし、花も咲いていないので材料に事欠いた。そこで40年ほど前に時折行っていた観音堂傍の滝と水を撮って来てパソコンの壁紙にした。夕食は林檎と玄米茶。これにて本日も一件落着。

滝と水の写真、夏の暑い時は、避暑を兼ねて鯉と川がに料理で酒を酌み交わし、同僚とワイワイガヤガヤやった懐かしい場所であるが、今は見る影もない。残っていた梅の木も撮る。

Dsc_0017

Dsc_0004

Dsc_0005_2

Dsc_0020

2018年2月17日 (土)

ボウリング

室温15℃ 昨夜は、1998年退職時に四国旅行した際の計画と実行文書をスキャンしようとして、手間取った。お陰で寝つきが悪く熟睡してないようである。とは言え起きれば、いつもの朝食の支度(ポットスイッチ・テーブル拭き)などやるべきことはやったが。一杯の知覧茶を飲みながら、ぼんやり考えていたら、1年ぶりのフルコースの血液検査時、孫のような年齢の看護師?から、問診されて、名前の確認に始まり、食欲(性欲とは言わなかった)は、眠れてますか、足腰はどうですかなど高みから質問された。老いると、確かに運動・記憶力・反応能力が劣化するが、だからと言って、永年の人生経経験から、脳の片隅に諸々の能力は蓄積されており、孫のような若い看護師から、爺さんだからと高飛車に聞かれると、若さには太刀打ちできないが、あまりいい気分ではないと不快なことを思い出してしまった。

新聞を取りにでる。微風、爽やか快晴と言ったところである。菜園はパスして部屋に戻る。新聞一面を見ると、高齢者働ける社会狙い 年金開始70歳超も可能・定年延長支援、相続で配偶者優遇 民法改正案提出へ、羽生、SP首位などである。

「高齢者働ける社会」への配慮かな。国威高揚・経済維持のために国民を死ぬまで総動員する政府の企みに見える。若干年齢が超えているので運が良かった。残された人生、ブツブツ言いながらのんびり生かして頂けるのは有難い。相続法制の大幅な見直し40年ぶりととあるが、一般的に対象となる配偶者は、女性である場合が多く配偶者優遇は悪いことではない。羽生結弦は女性を中心に年齢を問わず大変な人気だな。昨日受診時待合室のテレビに映っていたが、女性患者が夢中で見入り、受付の呼び出しを無視していて面白かった。家内も大変なフアンで何度も何度もテレビを見て夢中になっている(夕方嬉しそうに金メダルを取ったと報告があった。)こちとらは関わりない「木枯し紋次郎」ござんす。

今日の予定⇒ボウリング大会参加。

午前中はボウリングヘ行く。ハンディは似たり寄ったりの高齢男性3人で争ったが最下位であった。3ゲームの結果は、アベレージ141点、目標値に及ばず残念であったが、最近は140点台はキープしており目標値に望みが出てきたと自負している。昼食後ひと眠りして、図書館へ返却と貸出に行き、そのまま少し離れた大型商業施設へ買物に行く。買うのはたった一つ、家内のお気に入りのシュクリームである。夕方帰ると、お茶を入れて美味しそうに食べていたが、こちとらは苦手で、黒糖カリントとココアで夕食とする。1日経つのが早い、外は真っ暗であるが今日は綺麗な青空で、山並みもすっきりして上天気であった。

 

2018年2月16日 (金)

受診

室温14℃ 新聞を取りにでると濃霧がかかり幻想的な雰囲気であった。寒暖の差が強かったからだろう。日記を書いているが、年寄り、昔流に言えば隠居の身なので、悠々自適で過ごしており、大過なく平凡な日々があたりまえと言えばあたりまえのことである。長年使ってきた「日々坦々」のタイトルをやめるか。

新聞一面、低レベル放射性廃棄物 廃炉時 処分めど立たず 電力10社調査、退位儀式 国事行為で検討 来年4月30日 来月に閣議決定などである。

原発は、トイレのない家もしくはマンションと言われるが、穴を掘って埋めても放射能物質は10万年も残る。電力会社は、国策と企業の儲けで日本の国土を汚している。政治家であれ企業の経営者であれ、人間の死は、若干の遅い早いはあっても(宇宙・地球から見れば微々たる違い)順送りであの世に行くので「やったもん勝ちか」。責任の取りようがないか。後は野となれ山となれか。

政府は、退位儀式を国事行為で検討とあるが、朝日新聞社説は理解できる。戦後の天皇は、憲法に示される国民主権の象徴だから、それに相応しい国事行為を行うべきで、この行為を利用して戦前の日本へ懐古することはやるべきではない。

今日の予定-35日振りにかかりつけ医受診。午前中は、午後の受診に備えて、久しぶりにいつものコースを散歩する。まあ言って見れば、付け焼刃の受験勉強のようなものである。1年に1回のフルコースの血液検査と診察である。体重・身長・尿検査から血液採取までを行い、最後にドクターの血圧測定と問診で終わる。糖尿病専門医なので、血液検査も関連する数値はすぐに報告を受ける。血糖値・A1C・尿など正常・正常範囲で問題なかった。食生活・日常生活で昨年中と変わらないし、時系列データを10年以上保存しているので(財務局とえらい違いである)心配はしていなかったが、ドクターのご宣託を聞くとほっとする。血圧も122/60言われると、家庭内血圧より低いので逆に心配になるが、心房細動の血圧測定は一筋縄では判定が難しいのかな。いずれにしろ、35日分の投薬を受けて帰宅する。日々坦々と1年生存しておれば1年先にフルコースの血液検査があると言うことだろう。1日2食主義なので、夕食は摂取しないが、お受験がすんだので、ケーキ・揚げ饅頭・林檎に知覧茶を飲む。美味かった。

2018年2月15日 (木)

日々坦々・買物・ボウリング

室温17℃ 昨日の日中気温上昇のせいか暖かい。昨日の午睡は長かったが、人間の身体は自然に調整するんだな。読書等で遅く寝たのに5時に起きた。新聞を取りにでると雨が降っていた。新聞一面は、オリンピック一色である。

気になるのは一面の下の方に「社会の担い手」育てる 高校に公共・歴史総合新設 指導要領案である。二面を割いて解説されているが、指導要領にはどうも矛盾がある気がする。思考力・判断力重視と言いながら国に対して忠誠を誓わせる意図が見え見えである。社説に「木に竹を接ぐ」とあるがおっしゃるとおりである。

三面に 首相、異例の答弁撤回 裁量労働制の問題であるが、野党の批判を受けて「ご免」と撤回しているが、そんな簡単な問題ではない。エスタブリッシュメントは国民・労働者の生活を真摯に考えていないのだろう。労働者にとって重要な法案である。

今日の予定-買物がメインかな。

午前中は、菜園の自家野菜では不十分なので、JA道の駅へ野菜を買いに行く。少し到着が遅れたら、30分でキャベツは売り切れたとのことでなかった。巷ではキャベツ騒動が起こっているのかな。家内は、白菜など売れ残っている野菜を買っていた。昼食は、ミンチ丼(ミンチ肉・大豆・隠元・人参⇒テレビの料理番組の模倣)、煮付(イカ)、サラダ(玉葱ドレッシング・春雨・白菜・胡瓜・トマト)、床漬(大根・人参)、キムチ、知覧茶で美味しくいただいた。午後は、「大江戸釣客伝(下巻) 夢枕獏著」を読み終わる。綱吉将軍の「生類憐みの令」が如何に馬鹿げていたかそれなりによく分かった。野良犬を収容するのに莫大な費用をかけたらしい。なかなか面白い本であった。

読み終わってまだ時間があったので、敵討ちでボウリングへ行くも、返り討ちにあってしまった。7ゲームもやったが、フォームが乱れて、ストライクもスペアーおもうように取れず、溝掃除を2回もしてしまった。前の4ゲームアベレージが128点、後の3ゲームアベレージが少し良くなったが143点と絶不調と言ったところであった。帰宅後は風呂に入りこれにて一件落着。